観光

2024年7月 8日 (月)

「伊賀のたからもの100選」リーフレット

 平成12(2000)年度に伊賀びとのおもい実行委員会(事務局:三重県伊賀県民局企画調整部(現 伊賀地域防災総合事務所))が選定した「伊賀のたからもの100選」のリーフレットを見つけたので、参考としてアップロードしておきます。

 この100選は、408人による1,289点の応募の中から選ばれたもので、現在の伊賀市、名張市、そして一部三重県外(月ヶ瀬梅渓、曽爾高原)のたからものが掲げられていることから、フォトジェニックな画像や動画を撮影する参考になるのではないかと思います。

100_000080 100_000083 

100_000084 100_000085

100_000082 100_000081

 

2024年6月26日 (水)

伊賀ドライブイン「ごはんや」のスタミナ定食

 伊賀市柘植町の名阪国道(国道25号自動車専用道路)伊賀インターチェンジ横にある伊賀ドライブインに入っている飲食店は、いずれも量が多くて、美味しくて、お値打ちです。

 先日津へ行った帰りにちょうどランチタイムになったので、同ドライブイン内の「ごはんや」でスタミナ定食(税込850円)を選びました。野菜が多いのがいいですし、写真ではよくわからないと思いますが、ごはんも相当な量で、これだけ食べればおなかいっぱい。

 他にもお値打ちな日替わり定食があるようですが、12時前では売り切れのことが多いので、早めに行かれることをおすすめします。

Img01_20240530_115614 Img01_20240530_115633

 

2024年6月18日 (火)

中部国際空港からJR関西本線を使って忍者のふるさと伊賀へ行く動画を作成

 昨年(2023年)9月に、関西国際空港からJR西日本(主に関西本線)を利用して、伊賀流忍者博物館<忍者屋敷>へ行くルートの動画をYouTubeにアップロードしましたが、今回(2024.5.25)は中部国際空港(セントレア)から伊賀へJR関西本線中心で移動してみた動画です。

【YouTube動画↓】

 名鉄 中部国際空港駅から伊賀鉄道 上野市駅までの片道所要時間は3時間20分程度、片道料金は約3,400円(ミューチケット(特別車両券)料金450円を含む)です。〔2024年5月現在〕

【JR関西本線を中心とした概略ルート図(セントレア→伊賀)↓】

Photo_20240527192301

【中部国際空港(セントレア)↓】

02_20240527192201 01_20240527192201

【名古屋鉄道ミュースカイ(空港特急)↓】

01_20240527192202 Photo_20240527192201

【JR東海 名古屋から亀山行き快速電車↓】

02_20240527192301

 中部国際空港の英語表記は「Chubu Centrair International Airport」と「Central Japan International Airport」の2種類があって、名古屋鉄道の駅名には後者が使われています。

 国際的には、「Kansai」はある程度知られていても「Chubu」はイメージされにくいと思うので、「Central Japan International Airport」で統一したほうがよいような気がします。

2024年6月 6日 (木)

北川牛乳(伊賀市上野桑町)のビン牛乳と生ジェラート

 先日(2024.6.3)東海テレビ夕方に放送されているニュース番組ニュースONE北川牛乳店が特集として取り上げられていました。

 大阪や京都から訪れた方々が、生ジェラートについて味が濃くて風味があると絶賛されていましたが、スタジオの出演者の方がビン牛乳を飲んで「砂糖の入っていない生クリーム」だと表現されていたのが、私には最もしっくりきました。 

 ビン牛乳が美味しいのは、昔から北川牛乳に親しんでいる私には当然のことですが、この放送を受けて、昨日(2024.6.5)生ジェラートを目的に同店へ。生ジェラート焦がしもなかトッピング税込450円、いちごカフェラテフロート同650円という価格です。(生ジェラートの販売は水曜日と日曜日のみ、水曜日の販売時間は16時~18時(2024年6月)となっていて、変動もあるようですから、事前にInstagram等で確認することが必要と思います。この日は水曜日で16時前に店先へ行くと、既に行列ができていました)

 生ジェラートは以前味わったときより濃厚さが増し、美味しくなっていると感じました。これもハイレベルな牛乳があってこそなので、ここの牛乳が永続することを期待したいものです。

 ちなみに、この日は既にビン牛乳が売り切れになっていたので、今日(2024.6.6)買いに行きました。価格は税込130円です。変わらぬ濃厚な味で、また時折伊賀市平野西町にあるとれたて市ひぞっこで買い求めようと思います。

Img01_20240605_161816 Img01_20240605_161906

Img01_20240605_161432 Img01_20240605_161445

Img01_20240605_162909 Dsc_00761_20240606122901

Dsc_00711_20240606123001 Dsc_00831_20240606123001

 

 

2024年5月 9日 (木)

T1-CAFÉのソフトクリーム(伊賀ドライブイン)

 2022年3月末で名阪上野ドライブインが閉鎖したことに伴い、ここに出店していたT1-CAFÉは伊賀市柘植町にある伊賀ドライブインに移転になりました。

 伊賀ドライブイン内でも、練製品の店と同一の店舗になっています。

 ここのソフトクリームが秀逸で、引き続き食べられるのは嬉しいこと。1個税込420円という価格です。
Img01_20240407_142958 Img01_20240407_144517

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2024年5月 7日 (火)

ケーブルテレビで紹介された「幻の大仏鉄道」

 関西のケーブルテレビ会社(伊賀上野ケーブルテレビ、名張青山のアドバンスコープ、津を中心とするZTVも含まれる)によるリレー番組「歴史街道」で、今(2024.5.1~5.15)大仏鉄道が取り上げられています。

 この大仏鉄道は、明治時代にJR関西本線の前身である関西(かんせい)鉄道株式会社が現在の京都府木津川市加茂町と奈良市との間に敷設した9.9kmの路線で、9年で営業を終えたことから、「幻の大仏鉄道」と呼ばれています。加茂から奈良へ向かうとき、かなりの登り勾配であったらしく、パワーのあるイギリス製蒸気機関車でも登りきれないときがあり、乗客みんなで後ろから客車を押して動かしたというエピソードが番組内で紹介されていました。

 番組では、このほか大仏鉄道に関わる遺構が紹介されていますが、それぞれの場所などより詳しくは次の「幻の大仏鉄道 遺構巡りマップ」に掲載されているので、機会を見つけてJR関西本線で加茂駅へ行き、そこを起点として部分的にでも歩いてみたいなと思っています。

Photo_20240506221502 Photo_20240506221501

2024年5月 3日 (金)

伊賀上野駅前の「忍」モニュメント

 伊賀上野駅前に、「忍」の文字のモニュメントが設置されたと聞いたので、写真を撮りに行ってきました。

 「忍」の文字の曲線の間から、伊賀上野城が望めるとのことです。

 この日は日曜日でウォーキングイベントに参加される方のJR関西本線利用が多く、中には駅ピアノを弾いている方もおられました。

Dsc_01211_20240407124801 Dsc_01021_20240407221401

Dsc_01151

【伊賀上野駅を発車する亀山行き気動車キハ120形↓】

Dsc_00681_20240407124801 Dsc_00911_20240407124801

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2024年4月25日 (木)

伊賀牛 炙り丼のチラシ(2023年6月版)

 先日伊賀市役所へ用事で行ったとき、ロビーに配架されていたのをもらってきました。

 この伊賀牛 炙り丼の提供開始は2018年のことで、もう6年経つことになります。提供するお店も少々入れ替わってきているようですが、いずれも大変美味しそうなので、予算と相談しながら食べにいければいいなと思っています。まあどうしてもお値打ち価格のところが優先になってしまいそうですが。

_000071 _000072

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2024年4月21日 (日)

きつね煎餅(伏見稲荷大社近くの総本家 宝玉堂)

 先日(2024.3.16)JR関西本線などを利用して伏見稲荷大社へ行った際のお土産は、約90年の歴史がある総本家 宝玉堂のきつね煎餅。大きいのと小さいのがあって、私が買ったのは「小きつね」のほう、10枚入り税込1,500円でした。宝玉堂は、JR稲荷駅から京阪本線 伏見稲荷駅へ向かって約250mの位置にあります。

 店頭で手焼きされた焼き立ての「きつね煎餅」だったこともあり、素朴でありながら大変香ばしい味で、帰宅後とても美味しくいただきました。

 ちなみに、伊賀上野駅から稲荷駅までは、JR関西本線JR奈良線を利用(加茂木津で乗換え)して、片道の所要時間・運賃は、2時間弱・1,170円です。木津からJR奈良線の途中の駅まで「快速」に乗るともう少し早く着ける時間帯もあると思われます。

【宝玉堂 小きつね煎餅↓】

Dsc_00701_20240320145901 Dsc_00651_20240320145901

Dsc_00631_20240320145901 Dsc_00581_20240320145901

【伊賀上野駅から稲荷駅(伏見稲荷大社)への鉄道ルート図↓】
20243_20240320145901

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2024年4月15日 (月)

桜咲くJR関西本線 佐那具駅、新堂駅とSHINDO YARDS

 JR関西本線 新堂駅南口にあるSHINDO YARDSの図書館BOOKMARK STORAGEへ本を探すのとコーヒーを飲むのを目的に、伊賀上野駅から気動車に乗って行こうとしたところ、同駅前の市営駐車場が満車で車を置くことができず、やむなく佐那具駅へ。(佐那具駅前駐車場の一日料金は400円。駅の窓口で料金を支払います)

 おかげで、佐那具駅で咲いている桜も撮影することができ、これを出発点として次のYouTube動画を作成しました。

 ちなみに、佐那具駅から新堂駅までは、片道の所要時間5分・運賃190円です。

【佐那具駅を発車する加茂行き気動車↓】

2024413-2revised

【JR関西本線を中心としたルート概要図↓】

2024413

 

 BOOKMARK STORAGEはとても落ち着いた感じで、読書の環境として最適だと思います。

【図書館BOOKMARK STORAGEガイド↓】

Bookmark-storage_000073 Bookmark-storage_000075

Bookmark-storage_000074

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31