伊賀地域近辺のこと

2020年7月 8日 (水)

ウルーウール(滋賀県甲賀市)をリピート訪問

 この店ガレット・デ・ロワ(ピティヴィエ)に対する要望があったので、先日の土曜日(2020.6.27)に再度行ってきました。

 土曜日のせいか、10時開店の20分前ぐらいになると、開店待ちの行列ができています。

 ピティヴィエが人気らしく、遅い時間に行くと売り切れているようなので、今回も前日に予約しておきました。

 私が食べたのは餡がつまったパイとピティヴィエで、どちらもバターの風味とパイのサクサク感で出色のもの。

 伊賀市でも、旧阿山町から見れば この店は近所なので、行きやすいように思います。

 【いろいろなパイやパン↓】
Dsc_0031-1280x956 Dsc_0032-1280x958

Dsc_0018-1280x896 Dsc_0027-1280x956

Dsc_0021-1280x956 Dsc_0035-1280x958 

Dsc_0025-1280x958 Dsc_0016-1280x956

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年6月10日 (水)

ウルーウール(滋賀県甲賀市)のパンなど

 先日、この店ガレット・デ・ロワ(ピティヴィエ)というフランス的なお菓子を紹介いたしましたが、同じときにパンやケーキなども買っています。

 ミルクフランス、ソーセージのパン、メロンのケーキ、コルネといったところ。パンにはハード系もソフト系もある中で、うちの家族はソフト系の方が好みなので、ソーセージのパンもソフトなほうです(ハードのものもありましたが)。パンの価格は、税込250円、270円が標準のようでした。

 私は食べていませんが、いずれも大変美味しかったそうです。

 次の機会には、ハード系のパンを中心に味わってみようと思います。

【ミルクフランス↓】

Dsc_0002-1280x959

【ソフト系のパン↓】

Dsc_0003-1280x958_20200610194001 Dsc_0004-1280x958_20200610194001

【メロンのケーキ↓】

Dsc_0015-1280x956

【コルネ↓】

Dsc_0021-1280x957

【切り分けたガレット・デ・ロワ(ピティヴィエ)↓】

Dsc_0023-1280x956 Dsc_0027-1280x957

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年6月 7日 (日)

ガレット・デ・ロワ(滋賀県甲賀市のウルーウール)

 ガレット・デ・ロワというのは、フランスで新年を祝う時に出されるお菓子らしいです。

 この伝統的なお菓子を、滋賀県甲賀市甲南町にあるウルーウールというパン屋さんが作っていて、それが大変美味しく全国大会優勝(2017年)の逸品とお聞きしたので、昨日(2020.6.6)の土曜日、予約してあったものを買ってきました。

 伊賀市街地からこの店までは旧阿山町を通って車で25分程度です。(里山の中に溶け込んだような位置にあるので、事前にGoogleマップなどでしっかり調べて行くのがよいと思われます)

 着いたのが1055分ぐらいでしたが、店の前に78人の方が並んでおられて、店内にとどまるのは24人までに制限されているため、店に入るまで30分ほど待ちました。その後さらに順番待ちの人が増えたようです。

 

 今回購入したガレット・デ・ロワは、直径19cmのホールのもの。この文様が芸術的で素晴らしいと思います。なお、本来のガレット・デ・ロワには必須のフェーヴという陶器製の小さな置物は入っていないので、商品名としては「ピティヴィエ」とされています。

 価格は税込2,430円で、6人分に分けるとちょうどよいぐらいなので、一人当たり400円少々という感じ。

 味の方も評判どおり。バターの風味がしっかりしつつも、しつこさのない上品な味わいでとても美味しかったです。

Dsc_0010-1280x957_20200606174001 Dsc_0013-1280x957_20200606174101

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年5月20日 (水)

滋賀県甲賀市 COCCALA(こっから)のパン

 県境をまたぐ移動は当面自粛ということではありますが、甲賀市は伊賀市と生活行動圏を共有していて県境を越える移動は日常ですので、先日の大鳥神社に続いて、甲賀市にあるCOCCALAというパン屋さんへ行ってきました。(2020.5.16

 「甲賀・里山の素材にこだわって作る安心安全なパン」という理念のもとに、様々な種類のパンが作られていて、その中でも特徴的と思われるのは「しょうがフランス」と「フルーツサンド」。

 私が食べた「しょうがフランス」は少し苦みのある大人の味で、この店のうりと紹介されたのにふさわしいものでした。

 「フルーツサンド」は、次の機会に求めてみたいと思います。

【しょうがフランス(税別120円)他↓】

Dsc_0007-1280x898 Dsc_0004-1280x956_20200520234601

Dsc_0003-1280x958

Dsc_0010-1280x957 Dsc_0013-1280x957

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年5月13日 (水)

瀬古製菓舗(甲賀市)の「きんつば」「いちご大福」

 先日(2020.5.4)、滋賀県甲賀市の大鳥神社へ行った際、同神社のすぐ近くにある瀬古製菓舗(せこせいかほ)で買ってきたのが、「きんつば(@税込205円)」と「いちご大福(@税込210円)」。

 「きんつば」が看板商品らしく、末尾に貼り付けた観光コミック(「三成さんは京都を許さない」とコラボ)の「甲賀駅編」にも登場しています。

 この日は、「きんつば」の特売品(@税込100円:製造してから少し時間が経っているもの)があって、オーブントースターで少し焼くと作り立てと変わらない味とお聞きしました。帰宅してこれをそのようにして食べてみると、甘さ控えめで、あずきの味がしっかりしたとても美味しい「きんつば」でした。看板商品に相応しいと思います。

 「いちご大福」のほうは私は食べませんでしたが、写真のように美しい仕上がりになっているので、次はこれを味わってみたいものです。

【きんつば↓】

Dsc_0026-1280x956 Dsc_0025-1280x955

【いちご大福↓】

Dsc_0022-1280x956  Dsc_0019-1280x956

【観光コミック甲賀駅編↓】

Cci20200504-899x1280 Cci20200504_0001-892x1280

Cci20200504_0002-914x1280  Cci20200504_0003-898x1280

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年5月12日 (火)

疫病除けのご利益がある大鳥神社(滋賀県甲賀市)

 近頃 新型コロナウイルスの影響で気分が落ち込んでいるので、先日神頼みをしようと滋賀県甲賀市鳥居野にある大鳥(おおとり)神社へ行ってきました。

 疫病除けの神様として親しまれているというのが、お参りの理由です。

 この神社の由緒には、元慶六年(882年)平安初期に伊賀国阿拝郡河合郷篠山嶽より大原中に勧請※され、その後現在地に移し祀られたと記されており、伊賀市馬場にある陽夫多(やぶた)神社と関係が深いものと思われます。

   ※勧請(かんじょう):神仏の来臨を請うこと

 大鳥神社の近くはよく通っているものの、訪れたのは初めてのことで、立派な拝殿や京都八坂神社のものに似た朱塗りの楼門に驚かされました。

 今の時期は訪ねる人も少ないらしく、静かな参道を辿って参拝することで、気持ちを落ち着けることができたように思います。


Dsc_0003-1280x857-2 Dsc_0006-1280x857

Dsc_0012-959x1280 Dsc_0009-898x1280

Dsc_0018-1280x958 Dsc_0014-1280x857

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年5月 4日 (月)

奈良県山添村と伊賀市との境にある五月橋(さつきばし)が架替供用開始

 一般国道25号(名阪国道でない方)の奈良・三重県境に架かる五月橋が新しくなったと聞いたので、行ってみました。

 以前の橋は車の行き違いが難しい道路幅でしたが、新しい橋は大型車でもらくらくすれ違いができそう。

 梅花で著名な月ヶ瀬梅渓から数km程度の位置にあって、このあたりを周遊する利便性が高まることと思います。

 旧橋のほうの写真には構造物が写っていたので、フォト消しゴム4というソフトで消してみたのですが、こうした処理を上手にするにはまだまだ数をこなす必要があるなと感じました。

【新しい五月橋↓】

Dsc_0001-898x1280 Dsc_0008-1280x857

Dsc_0006-1280x896 Dsc_0009-1280x897

【旧五月橋 修正前↓】

Dsc_0007-1280x896_20200504202701

【旧五月橋 修正後↓】

Dsc_0007-1280x896

【五月橋の位置↓】

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年4月 2日 (木)

半熟もんじゃ煎餅

 昨年(2019年)、茨城県へ行ったとき、圏央道の埼玉県内 菖蒲パーキングエリアで買って帰った「半熟カレーせん」というのが美味しかったので、その後、Amazonでネット購入もしていました。

 そうしたところ、先日(2020.3.22)滋賀県甲賀市土山町にある田村神社へお参りに行った帰路、新名神高速道路の土山サービスエリアへ立ち寄った際、半熟カレーせんとともに「半熟もんじゃ煎餅」というのを見つけたので、合わせて購入。どちらも一袋 税込300円と、ネット通販で大量買いするよりもちょっと単価が高めですが、近いところで手に入るのは嬉しいことです。

 この半熟もんじゃ煎餅の味は、おやつカンパニーのベビースターぐるぐるもんじゃと類似のもので、半熟カレーせんと同様、ぬれせんべい感が心地よく、美味しくいただきました。

 ぬれせんべいのしっとりとした味わいが好みの方におすすめです。

Dsc_0006-1280x958 Dsc_0004-1280x956

Dsc_0008-1280x958 Dsc_0015-2-1280x957

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年3月31日 (火)

奈良県山添村 上島製菓の「手焼きせんべい アーモンド&黒ごま」

 伊賀市上野茅町(かやまち)にあるイオン伊賀上野店には地域産品のコーナーが設けられていて、伊賀市や名張市の店を中心に、その和菓子・洋菓子などが販売されています。

 その中に、三重県名張市・伊賀市に隣接する奈良県山添村(やまぞえむら)にある上島製菓1865年創業)という和菓子店の手焼きせんべいが販売されていたので、アーモンド&黒ごま入りというのを買ってきました。税別で306円という価格です。

 甘さ控えめのとても香ばしい格子せんべいで、サクサク感がいいです。アーモンドとごまの抗酸化力もアピールポイントになっていて、時代のニーズに合った商品ではないでしょうか。

 大和茶のせんべいが一番人気との説明書きがありましたが、この日は売り切れになっていて残念でした。

Dsc_0001-5-1280x897 306-dsc_0001-1-1280x897

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年3月20日 (金)

八代亜紀さんの「月ヶ瀬小唄」「月ヶ瀬夜曲」

 昨日(2020.3.19)、大阪MBS毎日放送の人気番組『ちちんぷいぷい』を見ていたら、長谷川義史さんの「とびだせ!えほん」コーナーは奈良県の月ヶ瀬が散策場所でした。

 その中で、紹介されていたのが、八代亜紀さんの「月ヶ瀬小唄」という曲とその記念碑です。

 私がもっているレコードでは、この曲と「月ヶ瀬夜曲」がカップリングされているので、2曲を併せてYouTubeにアップロードしたものを末尾に貼り付けました。

 近年は花粉症の心配があって、伊賀からすぐなのに なかなか月ケ瀬を訪れる機会がないのですが、また来年以降、梅の花が咲く季節に訪れてみたいものです。

Photo_20200320210801

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31