地域のこと

2020年4月 4日 (土)

伊賀市・上野公園の桜が満開

 今日(2020.4.4.)は天気がよかったので、伊賀市上野丸之内の上野公園へ行ったところ、桜が満開。

 人出が少ない中で、青い空のもとに適度に風があり、のどかに風景を楽しむことができました。

Dsc_0031-1280x857_20200404195802Dsc_0009-1280x857

Dsc_0017-1280x857 Dsc_0015-1280x857

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年3月 5日 (木)

小田陸閘(おたりっこう)付近から高旗山方面を望む

 上野遊水地(うえのゆうすいち)は、周辺の治水対策と河川の流量調節のために設けられているもので、その中で洪水時に門扉を閉めて水を堰き止める重要な役割を担うのが小田陸閘。伊賀上野城の大手門をイメージしてデザインされており、絵になるランドマークだと思います。

 この付近から北西の滋賀県側を向くと、標高710mの高旗山伊賀盆地絶景展望台を望むことができます。

 たまたま伊賀鉄道の忍者電車が横を通ったので、それも撮影してみました。

【小田陸閘↓】

Dsc_0267-1280x724 Dsc_0074-1280x730

【高旗山山頂付近↓】

Dsc_0041-1280x924

【伊賀盆地絶景展望台付近↓】

Dsc_0043-1280x925

【伊賀鉄道 忍者電車↓】

Dsc_0062-1024x1280
※以上の写真の撮影日は2020年2月24日です。


 以前、逆方向から撮影した写真(上野(伊賀)盆地の眺望)は、次のとおりです。


【高旗山から2019.5.2撮影↓】

Dsc_0043-1280x857_20200305212801


【伊賀盆地絶景展望台から2020.2.11撮影↓】

Dsc_0076-1280x857

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年2月29日 (土)

上野遊水地周囲堤から撮影した高旗山~比自山方面の動画

 先日(2020.2.11)は伊賀盆地絶景展望台まで登って、伊賀(上野)盆地の遠景を撮影しましたが、今回(2020.2.24)はその逆に盆地内から高旗山・伊賀盆地絶景展望台~比自山(ひじやま)あたりを撮影した動画です。

 比自山城は、第二次天正伊賀の乱で伊賀勢が織田信長軍と戦った際、最後まで立て籠もったところです。

Photo_20200229123701  

 

 

【天正伊賀の乱 参考動画↓】

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年2月11日 (火)

伊賀盆地絶景展望台(滋賀県甲賀市信楽町)からの眺望

 先日訪れたときは霞んでいたので、快晴の今日(2020.2.11)再度行ってみました。

 ビデオカメラのほうの動画では青い空が広がってよかったのですが、先日購入した望遠レンズのカメラで撮った画像は、よい色が出ていないので、もっと学習する必要があるなと思っています。

Dsc_0087-1280x857 Dsc_0041-1280x857_20200211214201

Dsc_0074-1280x857 Dsc_0082-1280x857

Dsc_0079-1280x857 Dsc_0081-1280x857   

 

【室生(むろう)火山群↓】

Dsc_0084-1280x857 Dsc_0083-1280x857

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年1月30日 (木)

熊野本宮大社を中心に紀伊半島を周遊

 今回の紀伊半島周遊は、和歌山県田辺市本宮町にある熊野本宮大社へ厄払いのお礼とおふだ返納に赴くのが主目的です。12日(2020.1.2829)で周ってきました。

 宿泊が白浜温泉でしたので、通常なら観光の対象とするのは、パンダがいるアドベンチャーワールドとか、三段壁洞窟千畳敷あたりになるのですが、雨模様とのことで、屋外を歩くのを避け いずれも断念。

 迷った結果、まずは伊賀市から名阪国道(国道25号 自動車専用道路)、西名阪自動車道、京奈和自動車道(一部未開通区間は自動車専用道路でない国道24号の現道)、阪和自動車道を通って、和歌山北ICで降り、イオンモール和歌山へ。伊賀市からここまで所要時間は2時間10分ぐらいです。このルートは奈良県内の橿原北ICから橿原髙田ICまでの4.4kmが自動車専用道路でないため、渋滞に巻き込まれると時間が計算できないという難はあるものの、ほとんど無料区間なのでコストが格段に低い(平日ETC料金で、西名阪自動車道270円、阪和自動車道290円のみ)のが大きな魅力です。

 イオンモール和歌山では、映画キャッツを観て特産の梅干を購入するなど。その後、宿泊先の古賀の井リゾート&スパ(旧コガノイベイホテル)へ向かいました。このホテルは、夕食・朝食のバイキング料理が充実していて、白浜ですから温泉も素晴らしく、また、客室にはベッド以外に畳のスペースがあってベッドで寝たくない人に喜ばれるものと思います。そして、何よりだったのは、翌日ホテルを後にするときの女性キャストの方の応対です。こちらの車が見えなくなるまで手を振ってくれていたのがとても印象的でした。

【古賀の井リゾート&スパ↓】

Dsc_0077-867x1280

 

【同ホテル庭園のイルミネーション↓】

Dsc_0046-1280x897

 

 この後、訪れたのは十数年ぶりの「くじらの博物館」。和歌山県太地町(たいじちょう)にあって、くじらとイルカのショーや海洋水族館などで楽しめる施設です。桟橋から すぐ目の前にいるイルカやくじらに餌をあげる体験ができるのがすごい。こんなに接近できる施設は他にないように思います。

【くじらの博物館↓】

Dsc_0102-1280x897 Dsc_0136-1280x897

Dsc_0156-1280x897 Dsc_0129-1280x898

 

 今回の主目的地である熊野本宮大社では厳かに参拝することができよかったです。

【熊野本宮大社↓】

Dsc_0160-1280x897

 

 問題が起こったのは帰り道。熊野本宮大社から三重県側の熊野市紀和町までずいぶん道がよくなったと聞いていたので、そのルートで帰ろうとしたところ、国道311号の途中で通行止になっており、引き返さざるを得ませんでした。たしかに途中で通行止の予告看板は見たのですが、まさか日中の9:0016:30の間、完全通行止になるとは信じられない思いです。この後、迂回した国道169号でも通行止があるとカーナビがアナウンスするのでどうなるかと心配しましたが、ここは何とか通ることができ、尾鷲市経由で三重県を北上して帰宅しました。

 このあたりの三県境地域(和歌山県新宮市熊野川町、北山村、奈良県十津川村、下北山村、三重県熊野市紀和町)は地形が複雑で三県(和歌山県、奈良県、三重県)の県境も入り組んだところですので、通るときは事前に十分道路情報を取っておくことが必要だなと痛感しました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2012年7月18日 (水)

岩手県の「がんばらない宣言」

 10年ぐらい前に、この「がんばらない宣言」を聞いたことがあって、何か違和感があったのですが、先日、津市で開催されたフォーラムで当時の岩手県知事 増田寛也氏の話を聴講して、ようやく納得することができました。

 つまり、「がんばらない」というのは、決して怠けてよいという意味ではなくて、東京のように人口が集中して経済的繁栄を謳歌し情報発信力が拡大する、そういったことを画一的に追求する「がんばり」はやめようという主旨だったということです。東京と同じような発展を目指すのではなくて、別のモノサシで地域地域の価値を見出すのをねらいとしていたことがわかりました。

 こうした意図の「がんばらない宣言」であれば、とても共感しますし、今、まさに各地域に求められていることであると感じました。

 伊賀地域でいうなら、本物の農業を消費者に知ってもらうことを基本理念とする伊賀の里モクモク手づくりファームが、この方向性に合致するものではないでしょうか。
 東京の繁栄を象徴するTDLは、作り物という範疇で これに勝る集客交流施設はありませんが、本物の○○ということなら、どの地域にもチャンスがある、価値を見出せる。「がんばらない宣言」で そういうことを教えてもらったように思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2011年7月 9日 (土)

伊賀・甲賀の鉄道や自治体が忍者で連携

 今日(2011年7月9日)の日経新聞 近畿版に、「忍者の里、観光連携」というタイトルで記事が掲載されていました。

 今年の夏に公開される「忍たま乱太郎」の実写版映画に合わせて、滋賀、三重両県の鉄道会社と自治体が連携して、スタンプラリーと関連イベントを実施するということです。

 期間:2011年7月23日(土)~9月25日(日)

 実施主体:近江鉄道(滋賀県彦根市)、伊賀鉄道(三重県伊賀市)、信楽高原鉄道(滋賀県甲賀市)、JR草津線関西本線の沿線自治体

 協力:西日本旅客鉄道(JR西日本)

 スタンプラリーで2か所のスタンプを集めると缶バッジのプレゼントとかの特典があるということです。

 大阪からだと、次のロの字型のルートが変化に富んでいて面白いと思います。

(1)大阪環状線・JR関西本線で大阪~天王寺~加茂〔乗換〕~伊賀上野〔乗換〕→伊賀鉄道で上野市駅(この近くに伊賀流忍者博物館があります)へ。伊賀鉄道には忍者電車が2編成走っています。

(2)伊賀鉄道 上野市→伊賀上野~柘植、柘植から草津線で甲南(この駅から甲賀流忍者屋敷まで2kmぐらい)、貴生川(きぶかわ)等へ。

(3)貴生川で近江鉄道あるいは信楽高原鉄道へ乗換。

(4)帰りは貴生川から草津線で草津へ出て、東海道本線で草津から大阪へ。

このルートだと、忍者と鉄道の両方をかなり楽しめるのではないでしょうか。

 このイベントの記事は京都新聞にも掲載されていました。伊賀市の忍者キャラクター「にん太としのぶ」や甲賀の「にんじゃえもん」も、滋賀県庁での記者会見に出席していたようですね。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2011年2月19日 (土)

みえの文化力フォーラム(B級グルメ)

 平成23年3月13日(日)14:00~16:00、三重県総合文化センター 大研修室で、みえの文化力フォーラム「ご当地グルメで育む 地域の絆」というのが開催されるようです。

 

 近頃大流行のB級グルメをテーマとして、三重県内の団体の発表やB級グルメ連絡協議会事務局長の講演があるので、関心のある方は参加されてはいかがでしょう。

 

 発表団体は次の4団体ですが、残念ながら当日その料理の販売とかはないそうです。

 

       名張商工会議所青年部(伊賀牛 牛汁)     

 

       四日市とんてき協会

 

       亀山みそ焼きうどん本舗

 

       津ぎょうざ協会

 

120

 

220

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

フォト
無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31