経済・政治・国際

2024年1月 7日 (日)

書籍「成年後見制度の闇(飛鳥新社)」

 成年後見制度は、末尾の最高裁判所の資料にあるように、精神上の障害(認知症など)により判断能力が欠ける,あるいは不十分な方に援助者を選任し,契約の締結等を代わって行ったり,本人が誤った判断に基づいてした行為を取り消したりして本人を保護する制度で、その理念には、本人の意思や自己決定権の尊重も含まれているものです。

 多くの成年後見はこの趣旨、理念に沿って運用されていると考えられますが、中にはこの書籍に掲げられた問題事例(家族でない後見人が、後見される人の財産を一手に管理することで家族の意向をないがしろにする、本人や家族の意思に反して本人を施設へ入所させるといったことなど)もあるようです。

 この書籍は2018年に刊行されたもので少々年数は経っているものの、昨年(2023年)5月のBS-TBS「噂の東京マガジン」という番組でも同制度の問題点が取り上げられており、またビッグコミックオリジナル2024年1月5日号から連載を開始した「れむ a stray cat」でもこの問題が主眼になっていることから、依然課題は継続していると考えられます。

 その一方で、2021年3月に国の成年後見制度利用促進専門家会議が同制度の運用改善等を含む「第二期成年後見制度利用促進基本計画に盛りこむべき事項~尊厳のある本人らしい生活の継続と地域社会への参加を図る権利擁護支援の推進~(最終とりまとめ)」を公表していますので、今後の被後見人を中心に据えた運用に向け一定の改善が進むことが期待されます。

_000059 _000060

※最高裁判所の資料では、成年後見制度の趣旨,理念が次のように掲げられています。

「成年後見制度とは,精神上の障害により判断能力が欠ける,あるいは不十分な方に援助者を選任し,契約の締結等を代わって行ったり,本人が誤った判断に基づいてした行為を取り消して本人を保護する制度です。

成年後見制度の理念は,本人保護の理念を源とし,本人の意思や自己決定権の尊重もその理念とされています。審理の中で,できる限り本人の意向を聴いたり,補助,保佐の代理権付与には本人の同意を必要とするなど,本人の意思を尊重する制度が取り入られています。

また,障害のある方も家庭や地域で通常の生活をすることができる社会をつくろうというノーマライゼーションの理念も,成年後見制度の理念の一つであるとされます。

成年後見制度は,これらの理念の調和を目指している制度であるといえます。」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2023年4月14日 (金)

反省会は必要か

 ある冊子に、落語家の立川志の春さんが「反省会は大嫌い」という主旨のエッセイを書かれていて、とても共感しました。

 反省会嫌いのきっかけになったのは、せっかく楽しく盛り上がった親子キャンプが、反省会のために台無しになってしまったことだそう。反省会で、一人ずつ反省点を挙げていくうちに、はじめ明るかった雰囲気が、暗く、冷たくなっていった、楽しかった思い出が、反省のための反省によって汚されてしまったということです。

 落語の関係企画でも「振り返りミーティング」という別名で、反省会になりかけたことがあったそうで、こんなことをやっていると、チャレンジなどできないと主張されています。

 私が学生の頃は、経営学の分野でPDS(Plan計画-Do実行-See評価)が重要と教わりましたし、以前の職場ではPDCA(Plan-Do-Check-Action)を回すと盛んに言われていた時期がありました。

 たしかに、危機管理の側面では、反省しないと同じ失敗を繰り返すおそれがあるので必要なことですが、何でもかんでも無理に反省するのはむしろ害毒になることも十分認識しないといけないように思います。

 冒頭の親子キャンプの事例がそうでしょうし、仕事の場合もやったことを振り返って改善することの繰り返しでは、次元の異なる発想には結びつかないような気がします。

 また、NPOなどのイベントや会議では、よく「振り返り」が行われていますが、厳密に反省するのでなく、感想を述べ合うぐらいにとどめておく方が落ち込むこともなく、以後の参加意識につながるのではないでしょうか。

Photo_20230322220601

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2023年3月 2日 (木)

不足する水を巡る対立

 少し前のことになりますが、202328日付け日本経済新聞の英フィナンシャル・タイムズ記事を翻訳紹介した記事で、水不足が国同士においても国内においても、対立を助長するとの現状及び予測が報告されていました。

 取り上げられていたのは、アメリカのコロラド川から取水する西部7州の節水計画の取りまとめにあたり、結論が出ないまま地域に亀裂が深まっているという実例です。

 こうした水を巡る地域の対立は日本の国内においても起こりうることであり、渇水期において関係機関による水管理制度が機能すればよいですが、そうでなければ、昔からあるように地域の対立が先鋭化するのは避けられないものと思われます。

 そうした中、伊賀市が、完成間近の川上ダムから水道用水として最大毎秒0.358立方メートルの取水を確保しているのは、とても重要なことです。

 川上ダムには、治水(洪水防御)という別の重大な役割もありますが、この利水の権利も伊賀市が自立的に発展するための切り札になるカードだと思いますので、川上ダムが建設されて本当に良かったと思っています。

【川上ダム(2023年2月23日撮影)↓】

Dsc_009511 Dsc_00871

  Dsc_00671Dsc_00811

Dsc_00781_20230223160001 Dsc_00821

Dsc_00831_20230223160001 Dsc_00881

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2023年2月 8日 (水)

公共交通に対する財政支援

 日本経済新聞のやさしい経済学という連載記事で、131日まで「暮らしを支える交通政策(関西大学 宇都宮浄人教授)」が取り上げられていました。

 最後の第11回では、諸外国に比して日本における公共交通への支出はごく僅かとして、安心して日常生活を送り、経済活動を行うための「保険」の意味で地域公共交通へ投入する財源の確保が必要との方向性が示されていたと思います。

 ひとつの例で挙げられているのは、滋賀県税制審議会による「地域公共交通を支えるための税制の導入可能性について」の答申です。JR西日本で勤務していた三日月知事の県らしい動きかと思いますが、鉄道や路線バスなど地域公共交通の維持は単に一地方の問題ではないので、国全体としてどのように支援の財源を確保していくか、政治的な思想を超えて前向きに検討してほしいものです。

【高旗山を背景に疾走するJR関西本線キハ120形気動車↓】

Dsc_00521_20230204134901

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2023年1月 8日 (日)

書籍「パックン式 お金の育て方」

 子どもの頃にこんな本があればよかったなと感じます。投資についてとてもわかりやすく解説がなされていて実用的です。

 私が特に印象に残ったのは、収入を3:5:2の割合で投資、生活費、娯楽費に順に充てるというところ。収入から最初に投資の分を差っ引いてしまうのが重要で、「収入が給料なら天引きしてしまえばよい」「いろいろ使った後残った分を投資に充てようとするのではダメだ」ということです。

 私自身は、若いうちは給料から天引きなんてとても無理でしたが、ある程度の年齢になってから投資とは言えないまでも月々財形年金貯蓄を始めたのはよかったと思っています。老後に公的年金で不足する分をカバーできるからです。

 ですが、財形年金貯蓄を始めた頃に今の「つみたてNISA」や「iDeCo」のような比較的リスクが少なく(もちろんリスクはありますが)それなりにリターンがある運用方法があれば、もっと増やせたかもしれないなあという思いはあります。

 定年の年齢を超えて今更大きく投資というのは危険なので、今のところ月々少額を積み立てる「つみたてNISA」で細々と投資的なことをやるぐらいですが、この本を読んで投資の重要性はよくわかりましたので、少しは幅を拡げることを検討してもいいかなと考えています。

_0000091

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2021年11月 8日 (月)

年金の支給停止に関して

 今年になってから、「60歳から64歳の在職老齢年金」の受給対象者になっていて、仕事をやめたり、再就職して給料が下がったりすれば、すぐに規定の額が受給できるように思っていました。

 しかし、現実はそんな甘いものではなく、3月に退職して4月から大幅に給料や賞与が下がっても、前年46月の給料や過去1年間の賞与の額によって支給停止が行われる仕組みになっています。

 前者の給料の影響があるのは当年の8月まで、後者の賞与の場合は支給月によって変わりますが、前年の6月・12月が賞与支給月であれば、当年の11月まで影響が残ります。

 たとえ当年の4月から給料がなくなったとしても、「前年46月の給料や過去1年間の賞与から算出される総報酬月額相当額」と「年金の基本月額」の合計が28万円を超える月には、支給停止の額が発生することになります。

 つまり、ほぼ規定の金額が受給できるようになるのは、当年の12月以降になる(前年度の賞与支給月が6月・12月の場合)というようにタイムラグが発生するので、その分を見込んで収支計画を考えておかないと予想外の低い年金額にがっかりということになるわけです。

 私はこうしたルールを熟知していなかったので、なぜ支給停止になるのか理解できなかったのですが、ネット情報などで以上のことを把握して得心することになりました。

〔参考〕日本年金機構の支給停止解説リーフレット

 なお、20224月からは、この総報酬月額相当額と年金基本月額の合計が47万円まで支給停止がなされなくなるので、このような心配はほぼ必要なくなるものと思われます。

2_20211017141401

【↑出典:「いらすとや」さん】

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2021年9月27日 (月)

林業用語「なすび伐り」

 ビッグコミックオリジナルという小学館のマンガ雑誌では、毎号業界用語クイズというのが掲載されていて、2021年9月20日号では林業編として「なすび伐(ぎ)り」が取り上げられていました。

 その解説によると、木材を伐採する際に一部を抜き切りする択伐(たくばつ)の一種で、大きく実ったものから摘む野菜のナスの収穫になぞらえた呼び名であるということです。

 「なすび伐り」は三重県熊野市の伝統林業で、三重県熊野農林事務所のホームページにはこのなすび伐り林業が行われている地区が地図で示されています。

 この施業方法は、大きな木だけを抜き切りするため、山肌が露出しないといった利点がある反面、高い技術力を必要とするためか、施業する林業家は減少しているようです。

3912-2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年6月18日 (木)

マイナポイントの取得

 マイナポイントというのは、「マイナンバーカード」とリンクさせた「対象となるキャッシュレス決済」で、2万円のチャージもしくはお買い物をすると、上限5,000円分のポイントが付与される(25%還元)というものです。(期間は202091日~2021331日)

 ポイント取得によるお得感を通じた消費拡大が企図されています。

Photo_20200617204301

 この申込みが20207月から始まるらしいので、その準備を進めてみました。

 大きく三つの段階があって、

(1)マイナンバーカードの取得

(2)マイナポイントの予約

(3)マイナポイントの申込み

の順に手続きを行うことになります。

 このうち、(3)のマイナポイント申込みは20207月以降しかできないので、6月の時点では(2)までです。

 私の場合、マイナンバーカードは取得してあったので、(2)の予約の部分をパソコンで行いました。

 対応するICカードリーダライタwindowsパソコンを用意したうえで、問題になりそうなのは、

「数字4桁のパスワード(利用者証明用電子証明書暗証番号)を覚えているかどうか」と

「ブラウザをInternet Explorer 11にしているかどうか」

だと思います。

 パスワードは覚えていれば問題なく、忘れたのであれば住民登録のある市区町村の窓口で再設定することになります。

 ついやってしまうミスは、後者のブラウザをInternet Explorer 11以外のものにしていること。私が「登記・供託オンライン申請システムを使った電子申請」を行ったときも、それが要点でした。今はブラウザとしてMicrosoft EdgeGoogle Chromeなどを使うことも日常的なので、これをInternet Explorerに変更するのを忘れるという失敗例が多いのではないでしょうか。

 今後も、エラーが出ることがあるでしょうが、あきらめずにマイナポイントを取得したいと思います。

 ちなみに、マイナポイントを解説したYouTube動画を見ていると、パソコンよりもスマホ(マイナポイントアプリ対応)で手続きするほうが簡単な感じがしました。スマホならICカードリーダライタも不要なので。

※ネット上の動画や書き込みによると、スマホによってマイナンバーカードの読み取り位置や読み取り時間(数秒~10秒かかるという解説もある)が異なるようなので、少し注意が必要かもしれません。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年2月17日 (月)

シンギュラリティ(特異点)は理解するのがむずかしい

 YouTubeのイケハヤ大学で「2045年にシンギュラリティ」というのがあって、つい見入ってしまいました。

 シンギュラリティsingularityというのは、あるものを尋常でなくする性質のことで、人工知能研究の第一人者レイ・カーツワイル氏の著書で注目されているようです。

 指数関数にもたとえられますが、曲線でつながるよりも、どこかで線が分断されるようなイメージかと思います。

 動画においては、いくつかの例が取り上げられています。その中で私が注目したのは、人間の脳の完全なコピーを保存しておいて、それをアンドロイドにのせることで、その人の2.0とか3.0とかアップデートが可能になり、寿命という概念がなくなるというところです。

 夢に近い話のように思えますが、ここまで行かなくても脳の完全コピーを残せる技術が生まれれば、たとえば認知症になった際には、そうなる前の一定の時点の脳に戻すことができるようになっていいなというふうなことを思いました。

【指数関数↓】

Photo_20200217211201

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2019年1月 1日 (火)

2018年大晦日の日経新聞

 20181231日付けの日経新聞で、印象に残ったことが二つありました。

 

 ひとつは、1面の「春秋というコラム記事。太宰治の「貧の意地」(新釈諸国噺の中の一編)という小説における市井の人々の心意気と対比して、名前は出していないもののカルロス・ゴーン氏のような「富める者の意地きたなさ」を批判する内容となっており、共感いたしました。


Cci20190101_1280x627


 私は、経営が危うくなった日産において、同氏がコストカットと新機軸の導入に当たりコミットメントcommitment(必達目標)を掲げて立て直したのは大変なことだと思い、自分の仕事でもコミットメントという用語を使ったりしていました。


こうした手法自体は否定できないことですが、私腹を肥やすのに専心するのは日本の文化の中では全く受け入れられないことかと思います。一番問題だったのは自らに都合の悪いことを隠そうとした点で、情報公開の時代にありえないことと感じています。

 


 もうひとつは、経営の視点「キリン変えたP&G流」で取り上げられたキリンビール山形マーケティング部長(P&Gから転身)の次のコメントです。


 「着任したとき、(横軸と縦軸で商品のブランドポジションを考察する)四象限マトリックスを使っていたことに驚いた。あんなやり方絶滅していたと思ったのに」


 ポジショニングというのは、マーケティングの教科書的に言えば、「顧客の頭の中に自社製品を特別の価値を有するものとして位置づけられるようにするための活動」であって、競合製品との差別化のために四象限の図で考えるのは有効と考えていたので、このコメントはショックです。


 時代は常に動いていることを認識するともに、P&Gのマーケティングを勉強してみたいと思いました。



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

フォト
無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30