映画・テレビ

2020年7月23日 (木)

黒澤明脚本の映画「荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻」(1952年)

 伊賀市荒木に生まれた江戸時代ナンバーワン剣士 荒木又右衛門に関する映画を探していたところ、森一生監督、黒澤明脚本の「荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻」という作品を見つけました。

 出演者の三船敏郎、志村喬、加藤大介、千秋実、左卜全が共通することもあり、2年後の「七人の侍」(1954年)への布石になった映画との評も見られます。

 長らくDVD化はされなかったらしく、黒澤明DVDコレクションのひとつとして2019年に発刊されたものを入手しました。

 冒頭に講談ばりの三十六人斬りの映像が流れます。私はこれこそ時代劇の醍醐味と思ったのですが、ナレーションでは、これは講釈師の腕であるが、現実の仇討ちのほうがはるかに迫力があるので、この映画では記録にできるだけ忠実にこの日の鍵屋の辻を描くとしています。

 黒澤明も、リアリズムを重視してのことか、本作の劇場公開用パンフレットに「藁人形の様な人間を三十六人も斬るより、ひとかどの人物を二人斬ったほうが立派である」と綴っていたようです。

 この映画を鑑賞してみた感想は、とりわけ最後の鍵屋の辻で待ち伏せしている荒木又右衛門以下4人の緊張感が切実に伝わってきて、リアリティそのもの。講談調の迫力とはまた別の真に迫った表現は素晴らしいものがあると感じました。

 本編が始まる前に、撮影が行われた1952年頃の伊賀上野の風景が映されていて、鍵屋の辻のところをボンネットバスや伊賀線の電車が走っていたのが興味深かったです。

Cci20200710-938x1280

【映画の冒頭に登場した伊賀上野の風景↓】
Photo_20200712232101 Photo_20200712232201

Photo_20200712232202 Photo_20200712232301

Photo_20200712232302 Photo_20200712232303

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年6月12日 (金)

「ゲゲゲの鬼太郎」に登場した妖怪アマビエ様

 疫病除けの守り神とも言うべき妖怪アマビエ様。水木しげるさんが描いた原画が注目を集めているとのことなので、水木さんの代表マンガ「ゲゲゲの鬼太郎」でも取り上げられているだろうと思い、探してみました。

 そうしたところ、アニメ第5シリーズの第26話「妖怪アイドル!? アマビエ」(2007.9.30放送)に登場していることが判明。

 DVDをレンタルして、そのエピソードを見たところ、妖怪アマビエ様は「アイドルを目指す予言者で、その姿を絵に写すと健康になる」というとても元気なキャラクターでした。

 その明るさで、新型コロナウイルスを吹き飛ばしてほしいものです。

Photo_20200611200501  Photo_20200611200601 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年5月 2日 (土)

映画「アポロ13」

 アポロ11号は人類初の月面着陸(1969年)で有名ですが、その2つ後の13号は危機管理の面で学ぶべきところが多い事例ということです。

13

 そのことは1995年のアメリカ映画「アポロ13」(トム・ハンクス主演)によく表現されています。久々にDVDで見てみました。

 アポロ13号が月への飛行中に、支援船の酸素タンクのひとつで小爆発が起こり、支援船の外壁の一部が吹き飛ばされ、支援船内部や他の機器にも損傷を及ぼすという緊急事態が発生する。そのために、月面着陸を断念し、ぎりぎりの酸素、電力、水で地球へ生還したというストーリーで、とても感動的な映画です。

 ボロボロになった宇宙船でどうやって飛行士を無事に地球へ戻すのか。NASAが総力を結集して飛行士との連携により対応した結果、奇跡的に帰還することができたという実話には、月面着陸に成功したアポロ11号以上に胸を打つものがあります。「輝かしい失敗」というのが印象的なフレーズ。ぜひお勧めしたい映画です。

 この事例には、1本のネジの外し忘れが大事故につながりうるので細部のチェックを疎かにしてはいけないとか、いろいろな教訓が含まれているのですが、かなり前の日経新聞リーガル映画館というコラムでスポットが当てられていたのは、危機に見舞われている本人は、その状況に気づきにくいという点。宇宙船に乗っている飛行士には正確にどういう事故が発生したのかわからない。ヒューストンの本部がデータを分析して状況を的確に把握できていたからこそ、月面着陸断念が決断され、飛行士を無事に地球へ導くことができたということです。

 このように、現場から少し離れたところで全体像を把握できる本部の存在が、他のケースでも重要な役割を果たすのだろうと思いました。重い教訓です。

 失敗事例データベースに詳しく出ていたので、参考に貼り付けておきます。

 アポロ13号の事例

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年3月 1日 (日)

ブラタモリ「伊賀忍者」

 先日いがりんくさんから情報提供があったので、昨日(2020.2.29)のブラタモリ「伊賀忍者~なぜ伊賀は“NINJA”の里になったのか?~」を見ました。

 伊賀から琵琶湖が動いていった後の地層が伊賀忍者の登場に影響しているとか、面白い内容が多くあった中で、私が興味を惹かれたのは、これで水の上を歩くという「水蜘蛛(みずぐも)」の現実的な使用法です。

 忍者選手権などでは、2つの水蜘蛛を靴のようにはいて棹で水底を押しながら水の上を進んでいますが、今回紹介されていたのは、水蜘蛛を浮袋的に使って足先に付けたフィンのようなもので進むというやり方。これなら水の上から鉄砲も使えるということで、より実戦向きだなと感じました。

Photo_20200301183301 Photo_20200301183303

Photo_20200301183601 Photo_20200301183702

Photo_20200301183701 Photo_20200301183302

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年2月23日 (日)

津市の「おぼろタオル」はすごい

 昨日(2020.2.22)の大阪・関西テレビ「ウラマヨ!(ブラックマヨネーズ司会)」という番組で、驚異の吸水力で魔法のタオルとされる「エアーかおる」という製品が紹介されていました。

 水に溶ける糸を撚り合わせた糸(スーパーゼロ)が使われたタオルに関する、岐阜県に本社がある浅野撚糸という企業の物語を何気なく見ていたところ、急に津市上浜町にあるおぼろタオルの名前が出てきて驚きました。

 浅野撚糸がスーパーゼロを活用したタオルの開発に協力を求めた企業の中で、唯一応じたのがおぼろタオルであり、スーパーゼロの使い方を変えるという偶然もあって この魔法のタオルの創造に成功したということです。

 エアーかおるは高価にもかかわらず大変な人気のようですが、おぼろタオルのオンラインショップで見ると、価格的には「おぼろ百年の極」というのが同じ製品のように思われます。

 私としては、おぼろタオルというと、同社が経営する津駅近くの立体駐車場を利用するイメージが強いですが、本業のほうのこの素晴らしいタオルもぜひ使ってみたいものです。

Photo_20200223001901

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年1月22日 (水)

ドラマ「夢帰行」のシナリオ

 この1990年に放映された「夢帰行」というNHKドラマは、DVD化されておらず、残念ながら映像を見るのは非常にむずかしくなっています。横浜市にある横浜情報文化センター内の放送ライブラリーで視聴できるようですが、そこへ赴くには少しハードルが高いです。

 そこで、書籍がないのか検索してみると、海越出版社というところからシナリオが書籍として出版されていることがわかりました。ところが、Amazonで中古本7,988円から(2020.1.22現在)となっており断念。県内の図書館データベースで探して、ようやく津市一身田上津部田(いっしんでんこうづべた)にある三重県立図書館に所蔵されていることがわかり、早速借りてきました。ドラマの舞台となった伊賀市の上野図書館にないのは寂しいことですので、同館でも入手してほしいものです。

 このシナリオを読んでいて、私はドラマの全編を見ていないどころか、きちんと見たのは最終の第5回ぐらいと判明。それでも強烈な印象を残す すごいドラマだったということです。

 30年の歳月が流れていても、輝きを維持している素晴らしい作品ですから、今後も長く語り継がれることと思います。

Cci20200121_0004-1280x924 Cci20200121-1280x924

Cci20200121_0002-1280x924 Cci20200121_0001-1280x922  

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2019年12月30日 (月)

1990年のNHKドラマ「夢帰行」(主題歌は OVER THE RIVER)

 「夢帰行」は、199010月にNHKで放映された伊賀上野が舞台のドラマ(全5回)。三重県立上野高校OBの吉村芳之氏が演出をされていて、同氏の伊賀に対する熱い想いが詰まっているように思います。

 ストーリーは、幼なじみの3人組が他人の土地を利用して3億円をだまし取り、東京から故郷である伊賀上野へ向かう逃避行の中で、主人公である中川耕作(仲村トオルさん)が人生で忘れられない女性たち(麻生祐未さんが一人で演じる)を回想するもの。友情や親子愛も盛り込まれた名作です。

Photo_20200102142802 Photo_20200102142801

 柳ジョージさんのOVER THE RIVERというテーマ音楽が、このドラマの雰囲気とみごとに合致しています。

 次のYouTube動画は、最終話において、耕作が逃亡の手助けを申し出る友人(段田安則さん)を振り切って車から降り、三重県上野警察署へ自首するところからのラスト5分間で、エンディングは上野天神祭です。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2019年8月31日 (土)

鳥人間コンテスト2019でBIRDMAN HOUSE 伊賀が2回目の優勝

 読売テレビでの放送(2019.8.28)は途中までしか見られなかったのですが、鳥人間コンテスト2019の人力プロペラ機部門で、DMG 森精機伊賀事業所で製作された機体で出場のBIRDMAN HOUSE 伊賀が2回目の優勝を果たしたということです。

 

 2016年の出場時には会社内の1クラブチームという感じでしたが、今や同社の公式プレスリリースが出るようなことで、同社の社会的認知度の向上に大きく貢献しているように思います。

 今後もさらに記録を伸ばしていってほしいものです。

 

 ラストは甲子園の高校野球みたいで感動的でした。

Photo_20190831134901

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

 

2018年12月10日 (月)

1976年TBSドラマ「高原へいらっしゃい」

 近ごろ毎週のテレビドラマというのを殆ど見なくなりましたが、今ケーブルテレビの日本映画専門チャンネルで毎週火曜日21時から放映(2019年3月上旬まで)されている田宮二郎主演の「高原へいらっしゃい」というドラマはつい引き込まれてしまい、次の放送が待ち遠しくなります。


1976年にTBS(そのとき学生であった私はMBS(大阪毎日放送)で見ていたと思います)で放映されたドラマで、八ヶ岳の荒廃したホテルを支配人とスタッフが様々な障害を乗り越えながら再建しようとする物語。田宮二郎さんと前田吟さんとの緊張感ある掛け合いが素晴らしいと思います。前田吟さんは「男はつらいよ」でのさくらの夫 諏訪博とは全く異なる役柄です。


それに、このドラマのテーマソングが小室等さんの「お早うの朝」、これが八ヶ岳高原ホテルの雰囲気にすごく合っていて心に残ります。


  火曜日21時を見逃してしまった場合は、ShowTimeを経由してTBSオンデマンドから1300円+税で購入するのもありかなと思っています。

03  04

01  02


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2017年9月17日 (日)

 映画「ダンケルク dunkirk」

 2017年9月9日公開の「ダンケルク」を見に行ってきました。

 

 クリストファー・ノーラン 監督の映画で、史上最大の救出作戦とされる第二次世界大戦中の実話に基づくもの。

 

同監督の「ダークナイト」が素晴らしい映画でしたので、この「ダンケルク」にも大きな期待をもっていましたが、それを裏切らない作品でした。

 

上映時間106分があっという間に過ぎてしまうほど、間延びしたところが一切ありません。戦争映画に関心のある方にお勧めしたいです。

 

Photo

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

フォト
無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31