携帯・デジカメ

2021年4月13日 (火)

近鉄伊賀線 1977年3月車両入替前後の動画、画像

 先日伊賀鉄道生え抜き5181形電車の動画や画像をご紹介したのに続いて、1977(昭和52)年車両入替前の他の車両や入替後の車両の8mmフィルムをMP4化しましたので、画像とともにアップロードします。YouTube動画のBGMは、伊賀線のテーマソングと言うべき「上野市(うえのまち)」のレコードB面に収録されていた西岡たかしさんの「花と空に……」にしています。

〔入替前の車両形式〕

 5251形(信貴山電鉄出身)

 5201形、5360形(伊勢電気鉄道出身)

〔入替後の車両形式〕

 5000形、5100形(近鉄名古屋線出身)

 

【近鉄伊賀線電車 YouTube動画(359秒)↓】

※0:00~1:07が入替前の車両、1:08~3:59が入替後の車両です。

【近鉄伊賀線電車 画像↓】

〔入替前の車両形式〕5251形(信貴山電鉄出身)、5201形、5360形(伊勢電気鉄道出身)

01_000027-2 01_000029-2

01_000030-2

01_000021-301_000022-2

01_000025-2 01_000026-2

01_000023-2 01_000020-2

01_000024-2 01_000036-2

01_000028-2 01_000021-2   

〔入替後の車両形式〕5000形、5100形(近鉄名古屋線出身)
01_000035-2 01_000034-2_20210413154101

01_000033-3_20210413154101 01_000031-2

01_000032-2_20210413154101

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2021年4月 3日 (土)

1979年頃の滋賀県彦根市の風景

 私が滋賀県彦根市に下宿していた1979年頃に同市で撮影した8mmフィルムがありましたので、MP4化してYouTubeにアップロードしました。その動画が次のとおりです。

(動画の内容)近江鉄道、東海道本線、滋賀大学本部・経済学部、彦根城

【YouTube動画↓】

【彦根城(画像)↓】

1979-2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2021年3月21日 (日)

1970年代後半の国鉄車両(関西本線、信楽(しがらき)線、草津線)の動画

 8mmフィルムで撮影したものの中に、国鉄の列車を被写体としたものがいくつかあったので、まとめてYouTubeにアップロードしてみました。

ご指摘をいただきましたので、次のとおり動画内のテロップをお詫びして訂正します。

  0分00秒~0分43秒 (正)草津線 ← (誤)関西本線 伊賀上野付近

  1分22秒~1分42秒 (正)草津線 ← (誤)関西本線 伊賀上野付近

 時期は、1977年(昭和52年)から1979年(昭和54年)にかけてと推測しています。

 後半の草津線のところで、貨車や客車を牽引しているのは、今年(2021年)3月のダイヤ改正で定期運用から引退となったDD51形ディーゼル機関車と思われます。

02-2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2021年3月 7日 (日)

オレンジと紺の近鉄特急が2021年3月で引退

 長らく近鉄特急の主要車両として親しまれてきたオレンジと紺の近鉄特急が今月で引退との報道がありました。

 近年の「アーバンライナー」「しまかぜ」「ひのとり」などが登場するまでは、近鉄特急と言えば、このオレンジと紺の車両だったので、時代の変遷を感じてしまいます。

 私が1960年代に最初に近鉄特急に乗った記憶は二階建てのビスタカーで、それぞれの席にイヤホンがついていてラジオが聞けたのが強く印象に残りました。

 そのビスタカーを中心とした近鉄大阪線車両の8mmフィルム(1977年頃)がありましたので、次のとおりYouTubeにアップロードしました。この映像にあるビスタカーは二代目で、最初のビスタカー登場時は写真で見る限りオレンジと紺の車両ではなさそう。この初代が運行されている途中で見慣れたオレンジと紺に塗り替えられたようです。

 車両の多様化は世の趨勢となっていますので、この近鉄特急オリジナルの塗装も消えゆく運命だったようで、感慨深いものがありますね。

YouTube動画(オレンジと紺のビスタカーなど近鉄大阪線電車)↓】

【初代のビスタカー(「写真で見る戦後30年の鉄道車両」より)↓】

10000_000017-2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2021年2月15日 (月)

8mmフィルムをデジタル(MP4)に変換

 8mmフィルムというのは、映写機を使ってスクリーンに映画のように映すもので、1970年代後半頃の23年間、これを使った動画を撮影していました。

 このフィルム映像を映写した最後は十数年前のことで、このままでは劣化して見られなくなると思いましたので、どうにかしてデジタル化しようと目論んでいました。

 その方法としては3つあって、ひとつは富士フィルムのような専門事業者のダビングサービスを利用する、二つめはサンコーなどが発売する8mmフィルムデジタルコンバーターという機器を購入して自らダビングする、三つめはそのコンバーターをレンタルして自らダビングする、このうちから選択することになります。

 当初ねらっていたのは、2番目の機器の購入なのですが、レアものであるためか、中古品でも5万円を超えるようになってきていましたので、断念。また、専門事業者のダビングサービスはカビなどにも対応されるのでベストなのでしょうが、シングル8のフィルム10本で18,000円を超えるという試算になったので、これも断念。

 結局、ヤフオク!でサンコー製の2週間レンタル品を5,800円で即決し、自ら8mmフィルムをMP4に変換しました。送料が往復で2,250円かかりましたので、トータルで8,050円という費用です。

 自分でうまく操作できるのか少し心配しましたが、3分程度の動画を35分ほどでMP4に変換することができました。慣れてくると操作は容易です。

 作成したMP4動画をうまく編集して、YouTubeにアップロードできればいいなと思っています。

8mm Dsc_0005-2_20210123135801

Dsc_0007-2 Dsc_0001-2_20210123135801

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2021年1月24日 (日)

ヨドバシカメラでUSBケーブルを購入

 スマホとパソコンを接続する際に、これまで使ってきたケーブルでつなぐと、パソコンがスマホを認識しないことが多くなってきたので、ヨドバシカメラの通販サイトヨドバシ・ドット・コムでバッファローのUSBmicroBケーブルを買いました(2021.1.5)。

 ヨドバシカメラでは、ずいぶん昔に新宿の店でフィルム式の一眼レフカメラとレンズを購入したことがありますが、三重県内には店舗がないため、商品の調達先として選ぶことはほぼありませんでした。

 ところが、近頃はネットで検索した際に、ヨドバシカメラが有利と思うケースが増えてきています。メリットは大きく3つあって、ひとつは安価な商品でも配達料金が無料であること(今回買ったUSBmicroBケーブルは1,180円ですが送料無料、一定の購入額以上にならなくても送料がかかりません)、2つめは注文後1日か2日で届けられること、3つめは掃除機のノズルのような家電製品の付属品的なものも揃えられていることです。

 昨年末にパナソニックの掃除機用ノズルとつぎ手パイプを計455円で注文した際も、送料無料で翌日配達され助かりました。

 こういう感じなので、今後ヨドバシ・ドット・コムを利用することが多くなるかなと思っています。

Dsc_0011-2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年11月29日 (日)

国道422号三田坂(みたざか)バイパスを車で南下した動画

 この一般国道422号三田坂バイパスは、平成30年(2018年)225日に全線開通したもので、このおかげで、今まで国道422号の旧道あるいは市道を通って伊賀市内の三田から諏訪まで15分ぐらいかかっていたのがわずか78分に短縮されました。(伊賀市街地から新名神高速道路 信楽IC までだと30分強ぐらいになっています)

 時間短縮もともかく、旧道の三田坂では行き違いができない部分が多くて、前から車が来ないかとドキドキしながら走らないといけなかったので、それが解消されたのが何よりでしょう。

 昭和40年代の三田坂は幅が狭くて未舗装で信楽へ行くのが大変だったことを思うと、隔世の感があります。

 このバイパス開通以来、何度か車で通っているものの、自分で運転していると景色を眺めているわけにはいかないので、手ブレを抑えるジンバル購入を機に助手席から同バイパス南下の映像(伊賀市諏訪→三田)を撮影してみました。そのYouTube動画は末尾のとおりです。

 とびきり眺望がよいとまでは言えませんが、三田坂トンネルを出て600mぐらい進んだところのカーブ(動画では025秒 あたり)から、微かに上野フレックスホテルの特徴的な楕円柱の建物を望むことができます。

【伊賀市街地をわずかに望める地点↓】

422_20200918205201

【YouTube動画(3分48秒)↓】

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年9月14日 (月)

ビデオカメラ用に手ブレを抑えるジンバルを購入(俳聖殿 他 撮影)

 動画を撮るのにスマホやカメラでなくビデオカメラ(Panasonic HC-V480MS)を使っているのですが、腕が悪くて手ブレ補正がついているのにブレブレの動画ばかりになっています。

 これを少しでも解消しようと、ジンバル(スタビライザーと表現しているものもあります)のMOZA Mini-Pというのを買ってみました。Amazonの数量限定タイムセールで税込21,233円でした。

 ジンバル(gimbal)とは1つの軸を中心に物体を回転させる回転台のことで、動画を撮影するときに手ブレを抑制する機材を意味するようです。

 これにビデオカメラを取り付けるのがなかなかむずかしく(ビデオカメラは三脚取り付け穴が前の方にあり、そのままジンバルに付けるとビデオカメラの後ろがジンバルのアームに当たるため、取り付け穴を後部へもってくるためのブラケットという器具が必要になりました)、しかも取り付け後のバランス調整も容易ではなさそうなので、いったいどれぐらい時間と手間がかかるのかと不安に思っていましたが、何とか設定を完了。

 次に、MOZA Masterというスマホアプリでモーター設定のオートチューニングを行い、ようやく使える状態までもってきました。

 取りあえず試しに伊賀市上野丸之内にある上野公園へ行って、松尾芭蕉の旅姿を象った俳聖殿や、大阪城と並んで日本一の高さを誇る伊賀上野城高石垣を撮影してみたところ、まずまず手ブレが防げているようなので、今後はこれをしっかり使っていこうと思っています。

【ジンバルを使って撮影した俳聖殿などのYouTube動画↓】

【ビデオカメラを取り付けたジンバル MOZA Mini-P↓】

Dsc_0009-857x1280 Dsc_0023-857x1280

Dsc_0028-1280x857_20200913195001 Dsc_0025-1280x857

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2020年1月23日 (木)

タムロンTAMRONの望遠レンズ

 あまりカメラに凝るつもりはないのですが、ちょっと遠いところの風景を撮るのにひとつぐらいは望遠レンズがあるほうがいいと思い、ずっとお値打ち価格になるチャンスを狙っていました。ニコン純正品は価格が高いので、口コミなどで評価されているこのタムロンのModel A030というレンズに絞っています。

 しかし、望遠レンズを買おうとする人に同じ発想が多いのかして、このレンズは価格.comでも最低価格が41,000円ぐらい2020.1.23現在)から値下がりしません。そのため、アウトレットも含めて探していたところ、大阪に本社があるカメラの八百富の 楽天市場店28,600円(税・送料込)のアウトレット商品が出ていたので、同店の3か月保証付き・メーカー保証なしとのことで少々迷いましたが購入を決定。注文後1日で届きました。

 試しに撮ってみると、オートフォーカスの反応がよく、なかなかいい感じです。私の性格として買ってしまうと関心が薄れるという面があるのですが、できるだけ活用しようと思っています。

Dsc_0041-1280x1022_20200123180801 Dsc_0049-1280x865

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2017年8月 9日 (水)

とうとうスマホを買い換えました

 もう5年も使ってきたSony EricssonのスマホXperia acro HD SO-03D

Sony Ericssonはスウェーデンのエリクソンとソニーとの合弁会社で、この合弁は2012年に解消されたため、今のXperiaはソニー単独の製品となっています)

 

このスマホは全く故障がなく、ネット検索、YouTube閲覧、音楽プレーヤーとしての使用、写真撮影、近鉄特急券の購入など様々な場面で大変役に立ち、単身赴任のときにはパソコンをネット接続するテザリングにも活用というように、とても使い勝手のよい機種でした。

 

 しかし、さすがにOSがandroid4.0ということで動作に支障が出るアプリが出てきたことから、今回 買い換えることにしました。

 

これまでうちの奥さんのスマホと2台で16,000円/月ぐらいかかっていたので、これを何とか安くしようとする意図もあって、docomo withというずっと毎月1,500円引きになる契約に変えることも重要なポイントです。

 

 その対象になるのは、今(20178月)のところ富士通1機種とサムスン1機種のみなので、そのうち富士通のarrows Be F-05Jを選びました。

 

使い方が前の機種と相当違うので、とまどいもありました。とくにパソコンと同じQWERTYキー配列のときの数字や記号の入力です。長押しして選択というのには全く気づきませんでしたが、何とか慣れてきたように思います。

 

あまり同じ機種を長く使いすぎると、ドコモショップでその扱い方をわかる人がいなくなってしまいかねないので、今回はまだわかる人がいてよかったのですが、次回の更新は少し早めにしないといけないかなと今から考えています。

 

月々の料金は、シミュレーションしてもらったところ、2台で約16,000円が11,000円程度に下がるようで、少し嬉しい気持ちになりました。

 

【変更前:Xperia acro HD SO-03D↓】

Dsc_0001_11_1280x1020

 

【変更後:arrows Be F-05J↓】

Dsc_0001_6_1280x1025

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

フォト
無料ブログはココログ