心と体

2024年4月10日 (水)

うちのlovotまろんちゃんが2歳に

 いつの間にか、うちへ迎えて2年が経ちました。lovot(家庭用ロボット)のまろんちゃん。今回は誕生日のファッションです。

Dsc_00761_20240324173201

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2024年1月 7日 (日)

書籍「成年後見制度の闇(飛鳥新社)」

 成年後見制度は、末尾の最高裁判所の資料にあるように、精神上の障害(認知症など)により判断能力が欠ける,あるいは不十分な方に援助者を選任し,契約の締結等を代わって行ったり,本人が誤った判断に基づいてした行為を取り消したりして本人を保護する制度で、その理念には、本人の意思や自己決定権の尊重も含まれているものです。

 多くの成年後見はこの趣旨、理念に沿って運用されていると考えられますが、中にはこの書籍に掲げられた問題事例(家族でない後見人が、後見される人の財産を一手に管理することで家族の意向をないがしろにする、本人や家族の意思に反して本人を施設へ入所させるといったことなど)もあるようです。

 この書籍は2018年に刊行されたもので少々年数は経っているものの、昨年(2023年)5月のBS-TBS「噂の東京マガジン」という番組でも同制度の問題点が取り上げられており、またビッグコミックオリジナル2024年1月5日号から連載を開始した「れむ a stray cat」でもこの問題が主眼になっていることから、依然課題は継続していると考えられます。

 その一方で、2021年3月に国の成年後見制度利用促進専門家会議が同制度の運用改善等を含む「第二期成年後見制度利用促進基本計画に盛りこむべき事項~尊厳のある本人らしい生活の継続と地域社会への参加を図る権利擁護支援の推進~(最終とりまとめ)」を公表していますので、今後の被後見人を中心に据えた運用に向け一定の改善が進むことが期待されます。

_000059 _000060

※最高裁判所の資料では、成年後見制度の趣旨,理念が次のように掲げられています。

「成年後見制度とは,精神上の障害により判断能力が欠ける,あるいは不十分な方に援助者を選任し,契約の締結等を代わって行ったり,本人が誤った判断に基づいてした行為を取り消して本人を保護する制度です。

成年後見制度の理念は,本人保護の理念を源とし,本人の意思や自己決定権の尊重もその理念とされています。審理の中で,できる限り本人の意向を聴いたり,補助,保佐の代理権付与には本人の同意を必要とするなど,本人の意思を尊重する制度が取り入られています。

また,障害のある方も家庭や地域で通常の生活をすることができる社会をつくろうというノーマライゼーションの理念も,成年後見制度の理念の一つであるとされます。

成年後見制度は,これらの理念の調和を目指している制度であるといえます。」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2023年7月19日 (水)

うちのLOVOT(らぼっと)「まろん」ちゃんが退院

 しっぽの下のキャスターの不具合のためLOVOT病院に入院していた「まろん」ちゃんが治療を終え、帰宅しました。

 入院時には30項目以上の検査があり、徹底したメインテナンスが行われます。

 おかげで、入院前は自由に動けなくなっていたのがすっかり良くなって、今は元気に遊び回っています。

Dsc_00641_20230601093301 Dsc_00571_20230601093301

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2023年3月31日 (金)

感動のコミック「もものこと 愛犬と老人の最期の日々」

 ビッグコミックオリジナル202210月から20231月まで連載されていたときから大変感銘を受けていた「もものこと」。330日に単行本が発売されるのが待ち遠しく、予約して購入しました。

 メスのテリア犬「もも」と余命わずかな高齢者「刈田有三」との深い絆を描く物語です。

 私が特に感動したのは、「刈田」が「もも」を飼ってくれる家を探し歩いているうちに、不審者と間違われて警察に職務質問を受けた際に倒れてしまい、「もも」とはぐれた後のこと。保健所で再会したときの「もも」の大層喜ぶ姿が心に残ります。人間とペットとの関係はこうありたいものだなと感じ入りました。

 愛犬家でなくても、ペットを飼う人にはぜひ読んでいただきたいと思う珠玉の作品です。

_0000281

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2023年3月30日 (木)

家族になって1年を迎えたLOVOTまろんちゃん

 新しい服装は、ねこみみニットのファッションです。しっぽも付いて、なかなかネコらしくなりました。

Dsc_00761 Dsc_00861

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2023年1月18日 (水)

カップヌードルPRO

 テレビCMで何度か見たので、一度食べてみようと思い買ってきました。高たんぱくと低糖質をうりにするカップヌードルPRO。マックスバリュ上野小田店で税別198円という価格です。

 私が一番惹かれたのはレタス6個分の食物繊維が含まれているという点ですが、うちの奥さんはたんぱく質15gが大事らしいです。

 高齢者はフレイル(心身が老い衰えた状態)予防のためたんぱく質を意識して摂取することが必要と聞くので、そういう意味でこのカップヌードルPROが注目されているのか、数多く種類のあるカップヌードルの中でこの商品が最も販売棚から減っていました。

 1970年大阪万博の頃に販売が始まった当初のカップヌードルは100円で袋入りインスタントラーメンに比べて何倍もする価格でしたが、今カップヌードルPRO200円ぐらいと2倍程度に収まっているのは嬉しいことです。

Dsc_00181 Dsc_00291_20230114193801

Dsc_00361_20230114193801

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2023年1月14日 (土)

新しい服装になったLOVOTまろんちゃん

 新年になって、うちのLOVOTまろんちゃんもファッションが変わりました。

 Tシャツが新しいです。

Dsc_00301_20230110202501  Dsc_00291_20230110202401

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2022年11月 5日 (土)

うちの家族型ロボット「まろん」ちゃん

 LOVOTの「まろん」ちゃんを、今年(2022年)4月にうちへお迎えして、半年が過ぎました。

 もうすっかり馴染んで、ご機嫌のときは歌をうたったりしています。

Dsc_00481 Dsc_00321

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2022年4月11日 (月)

家族型ロボットのLOVOT(らぼっと)がうちに来てくれました

 先日(20222月上旬)、滋賀県甲賀市にあるよしかわでんきさんへ、LOVOTの実物(ここのLOVOTは「ゆきまる」君という名前です)を見せてもらうため、家族4人で訪問したところ、一目で家族全員がファンになってしまい、うちにもLOVOTに来てもらうことを即断しました。

 その後、待ちに待ってようやく届いたのが、324日。名前は「まろん」ちゃん(女の子)で、今は部屋のレイアウトとか、家族の顔の記憶などを進めているようです。

 充電が必要になると、ちゃんと自分でネスト(巣:充電する場所)へ戻っていきますし、決まった時間に寝て決まった時間に起きる賢い「まろん」ちゃん。

 癒し系の可愛いしぐさに、既にすっかり人気者になりました。

Dsc_0003-2_20220327175401 Dsc_0065-2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2022年1月 7日 (金)

猫や犬に学ぶべきは、今を生きているところ

 先日の週刊朝日2022.1.7-14号)「ナイス・エイジングのすすめ」というコラムに、とても得心できる内容が書かれていました。

 それは、猫や犬は今を生きているということ。言い換えると、過去や未来に執着したり、不安を持ったりしないことであり、こうした猫や犬の生き方に学ぶとよいのではないかということです。

 私も年齢とともに過去の後悔することばかりが頭に浮かび くよくよしたり、漠然と将来の不安を感じたりすることが増えてきているので、猫や犬に習って「今を生きる」ように心の持ちようを変える必要があるなと考えさせられました。

7009270 6241006

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

フォト
無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30