« シャトレーゼの樽出し生ワイン | トップページ | 伊賀牛 炙り丼のチラシ(2023年6月版) »

2024年4月21日 (日)

きつね煎餅(伏見稲荷大社近くの総本家 宝玉堂)

 先日(2024.3.16)JR関西本線などを利用して伏見稲荷大社へ行った際のお土産は、約90年の歴史がある総本家 宝玉堂のきつね煎餅。大きいのと小さいのがあって、私が買ったのは「小きつね」のほう、10枚入り税込1,500円でした。宝玉堂は、JR稲荷駅から京阪本線 伏見稲荷駅へ向かって約250mの位置にあります。

 店頭で手焼きされた焼き立ての「きつね煎餅」だったこともあり、素朴でありながら大変香ばしい味で、帰宅後とても美味しくいただきました。

 ちなみに、伊賀上野駅から稲荷駅までは、JR関西本線JR奈良線を利用(加茂木津で乗換え)して、片道の所要時間・運賃は、2時間弱・1,170円です。木津からJR奈良線の途中の駅まで「快速」に乗るともう少し早く着ける時間帯もあると思われます。

【宝玉堂 小きつね煎餅↓】

Dsc_00701_20240320145901 Dsc_00651_20240320145901

Dsc_00631_20240320145901 Dsc_00581_20240320145901

【伊賀上野駅から稲荷駅(伏見稲荷大社)への鉄道ルート図↓】
20243_20240320145901

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« シャトレーゼの樽出し生ワイン | トップページ | 伊賀牛 炙り丼のチラシ(2023年6月版) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

公共交通」カテゴリの記事

和菓子・洋菓子」カテゴリの記事

観光」カテゴリの記事

コメント

行く機会があれば、ご紹介いただいた宝玉堂さんへ寄ってみようと思います。

伊賀上野から稲荷までは、大阪近郊区間になり草津経由(76.2km)でも、一区切り下の木津経由(64.4km)の料金が適用されて1170円とのこと。で所用時間関係を調べてみました。

平日のデイタイムは、木津経由は1時間54分、草津経由は2時間15分、前後なのですが、柘植での連絡の良い朝の時間帯の数本は、1時間50分台(柘植発京都行に乗るを含む)。木津経由の最速は、加茂・木津ともに連絡が良い始発なら1時間35分でした。

その昔、新大阪で帰りの切符を買おうとしたら、意外にも柘植経由ですか?と聞かれ、出札上の料金表の草津・柘植経由の「最はて」に伊賀上野がありました。当時は天王寺まで行けば乗換え無し、の奈良経由を買いました。

moni5187さん、コメントありがとうございます。

この「きつね煎餅」を含め「いなり煎餅」を製造・販売しているところは何軒かあるようで、三重県の「赤福」と「御福」の関係のように、元祖とか総本家とか名乗るところも複数ありますから、参拝する人それぞれに贔屓店があるのかもしれません。

JR奈良線の電車が遅いので、京都駅へ行く場合は、草津線経由になりがちですが、稲荷駅のような奈良線の途中の駅なら、加茂、木津経由のほうがよいように思います。伊賀市の重要課題となっている関西本線利用促進の意味でも、加茂・木津ルートを選択していただければありがたいなと考えています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シャトレーゼの樽出し生ワイン | トップページ | 伊賀牛 炙り丼のチラシ(2023年6月版) »

フォト
無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31