« 月ヶ瀬梅渓(つきがせばいけい)梅まつり | トップページ | 伊賀上野 城下町のおひなさん »

2024年2月13日 (火)

JR関西本線で加茂駅(京都府木津川市)近くの「そば処 橘」へ

 今回(2024.2.7)のJR関西本線利用の目的は、伊賀上野駅から気動車キハ120形に乗車して加茂駅へ行き、駅から徒歩5分ぐらいのところにある「そば処 橘」でランチをとること。同区間における気動車前面あるいは後面窓からの眺望や、同店の料理を撮影したYouTube動画は次のとおりです。

【YouTube動画↓】

Img_20240207_120430 Img_20240207_114805

Img01_20240207_120627 Photo_20240214134901

Photo_20240209202601 Photo_20240209205501 

関西本線木津川橋りょう↓】

Youtube01

 加茂駅へ11時34分に到着し、この店に着いたのは11時40分過ぎでしたが、既に二組のお客さんがおられ、人気店であることが窺われます。

 私が注文したのは、ミニ丼ざるそばセット(税込1,580円)で、鮮烈な香りのする蕎麦とともに、素材の味を生かしたとても厚みのあるかき揚げを、大変美味しくいただきました。そば茶も味わい深く、トータルでまた行きたい感じにさせるお店だと思います。

 ちなみに、伊賀上野駅から加茂駅までは、片道の運賃が510円、所要時間が35分です。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« 月ヶ瀬梅渓(つきがせばいけい)梅まつり | トップページ | 伊賀上野 城下町のおひなさん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

公共交通」カテゴリの記事

伊賀地域のこと」カテゴリの記事

伊賀地域近辺のこと」カテゴリの記事

コメント

加茂駅界隈は、大昔から交通の要所で 鉄道のまち と呼ばれ、木津を通らず奈良へショートカットする、大仏鉄道の機関庫や転車台があったそうです。国鉄バス近城線は、和束経由で信楽駅に至る未成線の名残でした。
その昔、加茂駅で降りて木津方の踏切を渡ったことがあり、その先に蕎麦屋さんがあるのですね。当方は、加茂小の校庭西に静態保存されたC5756が目当てでした。上皇上皇后両陛下の ご成婚奉告の儀 のお召し列車や、急行大和ほかを曳いて、加太越に挑んだ由緒ある罐(カマ)なのだそうです。
伊賀上野駅から加茂駅まで片道510円35分は、クルマならガソリン代が片道約540円(10km/ℓで、180円/ℓの場合)で、かつてより信号が増えて1時間近くは掛かりそうですから、運転疲れも無くお得だと思います。

:moni5187さん、コメントありがとうございます。

大仏鉄道は、このあたりの重要な観光資源のようで、木津川市・奈良市が府県境を越えて「遺構めぐりマップ」を作成しています。気候がよい時期に行ってみたいなと思っています。

今回行った蕎麦屋さんは、車で行くなら木津方の踏切を渡りますが、関西本線を利用する場合は、加茂駅東口から踏切を渡ることなく徒歩5分程度です。

国道163号はバイパスができたり、トンネルが抜けたりして、ある程度の所要時間は見込むことができますが、定時性の点で鉄道に敵うものはないので、ぜひ関西本線を使ってほしいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月ヶ瀬梅渓(つきがせばいけい)梅まつり | トップページ | 伊賀上野 城下町のおひなさん »

フォト
無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30