« 黄葉の山々を背景に爆走するJR関西本線気動車キハ120形 | トップページ | 「おでかけガイド 西Navi」に関西本線沿線特集 »

2023年12月15日 (金)

なばり饅頭と改修された名張駅西口駅舎

 名張へ行く用事があり、名張駅西口にある賛急屋へ名物のなばり饅頭を買いに寄りました。税込1個130円という価格で、昔と変わらずやさしい餡の味が出色です。

 このとき、名張駅の方を見ると、改修されてずいぶんきれいになっていたので、撮ってみました。

【名張饅頭↓】

Dsc_01031_20231201195301 Dsc_01071

Dsc_00591_20231201195301

【名張駅西口駅舎 改修後(2023年11月)↓】

20231129-01-img_20231129_132617

【改修前の駅舎(2022年1月)↓】

20221-dsc_0007

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« 黄葉の山々を背景に爆走するJR関西本線気動車キハ120形 | トップページ | 「おでかけガイド 西Navi」に関西本線沿線特集 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

公共交通」カテゴリの記事

伊賀地域のこと」カテゴリの記事

和菓子・洋菓子」カテゴリの記事

コメント

わっ、びっくり。
最近行かなくなった西口、こんなになってたんですね。
昔、名張駅へのお迎えと言えばココでしたものね、懐かしいけどちょっと寂しくなりましたかね。

賛急屋さんは、昭和5年創業とのことで、
名張に、近鉄の前身の参宮急行電鉄「参急」が開通したのも昭和5年ですから、そのへんに肖(あやか)った屋号ではと、すぐにピンときました。

お店の名前は鉄道由来!
三重・名張は"賛急屋"さんの90th包装が可愛すぎる件
https://note.com/milliemay/n/neffdd53cd16f

やはり本当のようで、バリの駅には、西口だけの時しか行ったことがないので、機会があれば行って買って食べてみようと思います。
何となく塩味が効いた「鉄な味」ではと、想像だけはしています。

kuro&hanaさん、コメントありがとうございます。

たしかに今は名張駅へ迎えに行くとすれば、住宅団地が多い方の東口になりますよね。きちんとした出迎え用の駐車スペースもありますので。

私も西口へ行くのは、この賛急屋さんへ行くときに限られます。この「なばり饅頭」という薄皮饅頭は餡がとても美味しく、他のところにはない際立った味だと思っているので、足が向いてしまいます。

moni5187さん、コメントありがとうございます。

賛急屋さんの「賛急」は、おそらく参宮急行電鉄から来ているのだろうと思っていましたが、そのとおりだったんですね。包装紙に近鉄電車が印刷されているのは完全に見逃していました。

この「なばり饅頭」の味は、塩味はほぼ感じなくて、とても優しい味です。鉄道に乗りながら、おやつに食べるのが合うような感じです。

ちなみに、今の賛急屋さんは居酒屋併設になっていて、これも魅力的ですが、だいたいいつも車で赴いているので、電車で行く機会を窺っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄葉の山々を背景に爆走するJR関西本線気動車キハ120形 | トップページ | 「おでかけガイド 西Navi」に関西本線沿線特集 »

フォト
無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31