« 伊賀上野駅に掲出されている松尾芭蕉の俳句 | トップページ | うさぎのラッキーくん、爪の手入れにうっとり »

2023年7月31日 (月)

JR関西本線 木津川橋梁と気動車キハ120形を撮影(大河原駅と笠置駅の中間ぐらいの地点)

 JR関西本線大河原(おおかわら)駅笠置(かさぎ)駅の間で木津川と交差するときに通るのが土木学会選奨土木遺産(JSCE Civil Engineering Heritage)にも選出されている関西本線木津川橋梁

 この橋梁を渡る気動車キハ120を撮影してみたいと思い、727日に現地へ行ってきました。YouTube動画と画像は次のとおりです。

YouTube動画↓】

Dsc_007911 Dsc_011511

 簡単に行こうと思えば、自家用車で行って、対岸にある釣り人向けの有料駐車場(1500円)に駐車すればよいのですが、それでは関西本線の収支に寄与できません。そこで、伊賀上野から大河原まで関西本線気動車に乗り(片道の所要時間19分・運賃240円)、大河原駅からは行政が関与しているタクシー(村タク500円を利用して上有市(かみありいち)という地区へ。ここからは撮影スポットである潜没橋のある河原はすぐそこです。

 1本の気動車キハ120形が木津川橋梁を通るのを見ることができる時間はせいぜい数十秒のことなので、これを逃さないよう注意が欠かせません。

 何とか上下2本の気動車が同橋梁を渡るのを画像と動画に収め、帰りは相楽東部広域バス300円)を利用して、大河原駅で関西本線に乗り継ぎしました。

 伊賀上野駅を出発して同駅へ戻ってくるまで、2時間30分程度の行程ですが、東海自然歩道のごく一部も歩くことができ、自家用車では味わえない経験ができてよかったと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« 伊賀上野駅に掲出されている松尾芭蕉の俳句 | トップページ | うさぎのラッキーくん、爪の手入れにうっとり »

文化・芸術」カテゴリの記事

公共交通」カテゴリの記事

伊賀地域近辺のこと」カテゴリの記事

コメント

いいところですよね、気動車と鉄道遺産の橋梁と素敵なマッチングですね。

2・3年前、この橋梁の国道側の小さな森の中に「国津神社」があるのを知り、
訪れたことがあります。
https://blog.goo.ne.jp/seib_2005_1954/e/67a2b6e57bfc662a3ef4c0f7ee488ee7
その時は鉄道のことなどあまり考えずに、道路から一瞬見える「鳥居」を見て、
行ってみたい!と思っていただけでしたが…

もし、関西本線利用しつつ「布目川の勧請縄」「木津川橋梁」「国津神社」経由のウォーキングもいいなぁと思いました。

「大河原駅界隈」にも見どころいっぱいありますもんね、春のウォーキングを思い出しました(笑)。
いつか、きっと…再び、と思っています。
いい風景をありがとうございます。

kuro&hanaさん、こちらにもコメントをいただき、ありがとうございます。

「国津神社」は私も気になっていて、ぜひ訪れてみたいのですが、前を走る国道163号が東大阪~伊賀~名古屋を結ぶ最短ルートで一大幹線道路になっているため、車で同神社の駐車場へ入るのも出るのも難しそうで、躊躇しています。ましてや徒歩なら歩道もない道路を通るのは大変な危険を伴いそうなので、訪れる場合は「村タク」を利用しないといけないかなという感じです。

今の暑い時期にこのあたりを巡るのはほとんど修行のようなものなので、秋から春にかけて、「国津神社」「布目川の勧請縄」「甌穴」「関西電力発電所」などを訪れながら、関西本線気動車を撮影しつつ大河原駅~笠置駅間の東海自然歩道を散策できればいいなと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊賀上野駅に掲出されている松尾芭蕉の俳句 | トップページ | うさぎのラッキーくん、爪の手入れにうっとり »

フォト
無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31