« カフェ「このか Conoka」(京都府 笠置駅近く) | トップページ | お福包み餅(御福餅本家) »

2023年6月25日 (日)

力強いディーゼルエンジン音が魅力のJR関西本線キハ120形気動車

 JR関西本線の月ケ瀬口駅、島ケ原~伊賀上野間で撮影した動画です。(2023.5.4

 ディーゼル音を響かせて走る気動車はとても迫力があります。

202354-02

【YouTube動画↓】

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« カフェ「このか Conoka」(京都府 笠置駅近く) | トップページ | お福包み餅(御福餅本家) »

公共交通」カテゴリの記事

伊賀地域のこと」カテゴリの記事

伊賀地域近辺のこと」カテゴリの記事

コメント

線路近くに住む知人いわく、一番の加茂行きが目覚ましがわり。と聞いたことがあります。

関西本線のキハ120(0・300番台)のエンジンは、SA6D125-H1(DMF11HZと同型)。排気量は11リットル、直列6気筒 直噴インタークーラー付きターボの4ストローク・ディーゼルで、連続定格出力は330ps/2100rpm。燃料タンク容量は約450リットルで、燃費はリッター2kmぐらいとのこと。軽油満タンで亀山~加茂間を7往復ぐらい出来そうです。

moni5187さん、コメントありがとうございます。

一般的にディーゼルエンジンとターボは相性がよいと聞いていましたが、キハ120にもターボが付いていることは初めて知りました。
せっかくインタークーラー付きターボが装備されているのでしたら、単に「キハ120形」と呼ぶのでなく、少し長くなりますが「キハ120形インタークーラーターボ」という名称にしたほうがスピード感が出てよかったように思います。

列車の音については、私の場合、時計がわりということではないですが、午後6時頃に関西本線を走っていた蒸気機関車の汽笛の音が、哀愁の響きがあって、最も記憶に残っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カフェ「このか Conoka」(京都府 笠置駅近く) | トップページ | お福包み餅(御福餅本家) »

フォト
無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30