« びっくりドンキーの「いろどりセット」 | トップページ | SNOW「AIペット」アプリを使うと »

2023年2月16日 (木)

月ヶ瀬梅渓チラシ

 kuro&hanaさんのブログ月ヶ瀬梅渓奈良市月ヶ瀬尾山)が気になっていたところ、先日伊賀鉄道を利用した際に上野市駅でこのチラシを見つけたので、もらってきました。

 215日(2023年)現在では咲き始めとのことですので、これから3月上旬ぐらいまでの間が、出かけるのに適した時期かと思います。

 私は少し寒いぐらいの頃に梅を見に行くのが好きですね。

_0000231 _0000241

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« びっくりドンキーの「いろどりセット」 | トップページ | SNOW「AIペット」アプリを使うと »

伊賀地域近辺のこと」カテゴリの記事

季節の話題」カテゴリの記事

観光」カテゴリの記事

コメント

月ケ瀬梅渓への交通機関(できる限り公共交通機関をご利用ください)なのに、
関西本線が描かれていないのは、あやしい地図ですね(^^;)。

私も気になっていた点ですが、自家用車以外のアクセスでは、三重交通か奈良交通のバスしかなく、両社とも近鉄グループに属しているので、旧月ケ瀬村が近鉄の路線図をベースに作成し、それを継続しているためと思われます。

また、関西本線の非電化区間は三重県と京都府のエリアで、奈良県を通っていないことから、奈良県に属する月ヶ瀬は、関西本線に対する意識が高くないのかもしれません。

しかし、関西本線の月ケ瀬口駅は京都府にあるとはいえ、月ヶ瀬の名前を冠している以上、もう少し奈良市(月ヶ瀬)も関西本線のアピールに意を注いでほしいものだと思います。

どこかで呼ばれた気がしたので、、、
あわてんぼうのワタシの情報で申し訳ないですが、ここ2・3年で目覚めたのです。
「月ケ瀬」って近いのに(三重県内の県庁所在地へ行くより数段近い)、随分ご無沙汰しちゃってたなぁ、と。
でもほんといいとこだと思います、高原のてっぺんから見下ろすあの風景、俯瞰できるのも魅力ですよね、そして「田中善助翁」が遥か昔から「景観」のことを大事にしてたこと、誇りに思いました。

「月ケ瀬口駅」から徒歩ルートは勇気がいりますね、つい車を主に考える自分がそこにいます💦

かつて上野高校は月ヶ瀬マラソンを実施していたぐらいですから、ほんとに隣町という感じですが、近いためにいつでも行けるとの思いがあって、知らぬ間に足が遠のいているという面があります。
まあたまに行くからこそ、月ヶ瀬の梅の価値をより認識できるのかもしれません。

田中善助さんは、伊賀にとどまらず、月ヶ瀬梅林をはじめ、榊原温泉、朝熊山のケーブルカー、滋賀県愛知川の発電所など多くの事業に携わり、大変な実業家だったのだなあと思います。

月ヶ瀬口から梅渓まで車が通らない散策路が通じるようなことがあれば、歩くことも選択肢になるのですが、府県境をまたぐので、何か広域的な事業で整備されるといいのですけどね。

kuro&hanaさん、いつもコメントありがとうございます。

とは言うものの。幼少の頃、上野産業会館からバスに乗って行ったのを覚えています。最近になって、親がその時のことを話してくれて、膝の上に乗せてバスに座ったらしく、月ヶ瀬行きの三交バスは超満員御礼だったそうです。
急行かすが号が、行楽シーズン(春は桜のころ)の笠置に臨時停車したのは知っていましたが、梅シーズンの月ヶ瀬口に臨時停車(おそらく臨時バスと連絡)したのは、つゆ知らずでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« びっくりドンキーの「いろどりセット」 | トップページ | SNOW「AIペット」アプリを使うと »

フォト
無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31