« シャトレーゼのタルト | トップページ | 朝日餅 みたらしだんご »

2021年10月10日 (日)

一般県道信楽上野線(県道138号)新服部橋の完成

 一般県道信楽上野線の新服部橋と聞いてもイメージしにくいところがありますが、地元の視点で見ると、ヤマダデンキ テックランド伊賀店とアピタ伊賀上野店・コーナン伊賀上野店方面を結ぶ橋、より広域的に見ると、大阪府東部と名古屋を最短距離で結ぶルート(国道163号―県道138号―国道25号―名阪国道―東名阪自動車道)上の橋ということになります。

 こうした周辺環境から交通量が多いため、歩道のない従来の橋では歩行者・自転車の通行に危険が伴うことから、老朽化対応と合わせて新服部橋が架けられたもの。

 新しい橋では、広い歩道が付けられていて、安全に通行できそうです。

Dsc_0010-2_20210925174301 Dsc_0007-2_20210925174301

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« シャトレーゼのタルト | トップページ | 朝日餅 みたらしだんご »

伊賀地域のこと」カテゴリの記事

道路」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。新しい新服部橋できてますね。開通から数日後に通りました。
その昔は、銀座通りが国道422号で、新服部橋は国道163号で、中之立町通りが国道25号だったと思います。新堂あたりに、国道25号なのに163を冠したドライブインが在ったような気がします。
色々調べてみますと、昭和28年に国道に指定された頃の国道163号は、大阪~木津~長田橋(潜水橋)~天神さん~服部橋~四日市の大和街道に沿ったルートで、その名残だったのではと思います。
名阪国道の開通前の昭和37年に、~天理~中之立町通り~天神さん~四日市が国道25号になり。そして平成5年に、丸之内の通りと伊賀街道が国道163号に昇格したため、新服部橋は県道138号になったようです。

moni5187さん、詳しい説明をありがとうございます。

旧伊賀町にある「ルート163」という喫茶店は、ずいぶん前に入ったことがあります。今も建物は残っているのではないでしょうか。

moni5187さんが記されているように、私が小学生頃の1960年代半ばには、現在の国道25号(名阪国道でないほう)が国道163号でした。

子どもの感覚では、この昔の国道163号が伊賀にとっての重要な幹線道路で、東京までつながっていると考えていたように思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シャトレーゼのタルト | トップページ | 朝日餅 みたらしだんご »

フォト
無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30