« マンガ「恐怖新聞」 | トップページ | 柿の葉すしセット(伊賀ドライブイン) »

2020年9月 7日 (月)

たねやの「ふくみ天平(てんびん)」

 滋賀県の親戚から送られてきました。ここの家が和菓子で選ぶのはほぼいつもたねやです。なぜかというと、滋賀県でもたねやの発祥地である近江八幡を中心に琵琶湖の東側の地域では、とにかく和菓子はたねやが一番という思い入れがあるからです。

 実際、その思い入れに相応しい上品な風味で、全国区になるのもうなずけます。

 そのたねやを象徴するひとつが、「ふくみ天平」でしょう。求肥の入った餡と最中の皮が分かれているという工夫もともかく、その香ばしい最中の皮と、甘すぎることのない餡との絶妙な味のハーモニーが素晴らしいもの。

 ミルクボーイの漫才ネタで扱われる上あごに皮がひっつく本来の最中とはちょっと違うのも、大きな特徴かと思います。

Dsc_0004-1280x958_20200829201701 Dsc_0006-1280x955

Dsc_0013-1280x958_20200829201801 Dsc_0016-1280x959_20200829201801

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« マンガ「恐怖新聞」 | トップページ | 柿の葉すしセット(伊賀ドライブイン) »

和菓子・洋菓子」カテゴリの記事

伊賀地域近辺のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マンガ「恐怖新聞」 | トップページ | 柿の葉すしセット(伊賀ドライブイン) »

フォト
無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31