« 大内山やわらかプリン | トップページ | 黒澤明監督の映画「静かなる決闘」(1949年) »

2020年8月26日 (水)

伊賀市の北川牛乳(ビンの牛乳)

 伊賀市上野桑町にある北川牛乳店は明治40年(1907年)創業で、今もビンの牛乳を製造しておられます。

 このビン牛乳が「とれたて市ひぞっこ」で販売されているので、買ってきて久々に飲んでみました。価格は1120円(税込)です。

 以前と変わらず大変濃厚な味で、本当に牛乳を飲んだという感じがする出色のもの。牛乳そのものの美味しさに加えて、ビンで牛乳を飲むというのが美味しさを倍加させているように思います。

 牛乳好きの人にぜひおすすめしたい逸品です。

Dsc_0008-961x1280 Dsc_0014-1280x959

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« 大内山やわらかプリン | トップページ | 黒澤明監督の映画「静かなる決闘」(1949年) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

伊賀地域のこと」カテゴリの記事

ソフトドリンク」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
一本、120円の牛乳ですか・・・。
最近は高いんですねぇ・・・。
瓶牛乳なんて、中学生くらいまでかな。
親が取ってくれていたので、毎朝届いてました。
やっぱり、地元のメーカーの牛乳でしたよ。
私の身体が多少デカくて頑丈なのは、牛乳を飲んでいたからかも知れません。
それだけは親に感謝です。
最近は紙パックですが、今でも牛乳は欠かせません。
1000mlを3日のペースです。
濃厚な味?この牛乳も飲んでみたいな。

FUJIKAZEさん、コメントありがとうございます。

私も子どもの頃はこの牛乳を宅配で、就職後も職場が地元のときは配達してもらって飲んでいました。
今も、このビン牛乳を、ノスタルジーにかられて買ってしまいます。

日ごろは、スーパーで購入するパック牛乳をオールブランにかけて消費していますが、たまにはビンの牛乳を味わってみたいとつい思ってしまいますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大内山やわらかプリン | トップページ | 黒澤明監督の映画「静かなる決闘」(1949年) »

フォト
無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31