« 華の碑文(杉本苑子さんの小説) | トップページ | 孤愁の岸(杉本苑子さんの小説) »

2020年3月25日 (水)

伊勢の「ぱんじゅう」

 スーパーマーケットのぎゅーとらは、本部が伊勢市ということもあって、伊勢の和菓子がいろいろ販売されています。

 その中で、今回、ラブリー伊賀小田店で買ってきたのは「ぱんじゅう」。パンとまんじゅうの中間だから「ぱんじゅう」だそう。ルーツは、伊勢市駅前にあった「七越(ななこし)ぱんじゅう」で、この店がなくなってから20年も経つのに、今でもこの伊勢名物の再興を願うファンサイトが残されています。それほど地元に根付いたスイーツだったのでしょう。

 この店で、伊勢うどん200円ぐらいの破格の値段で提供されていたことに、感銘を受けた憶えがあります。

 本家はなくなりましたが、今ぎゅーとらで販売されているぱんじゅうも、特長である青海苔がアクセントとして使われていて、とても美味しいものでした。ぱんじゅうには青海苔が必須だと思います。

Dsc_0001-5-1280x895 Dsc_0001-4-1280x899

Dsc_0001-11-1280x897 Dsc_0001-14-1280x899

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« 華の碑文(杉本苑子さんの小説) | トップページ | 孤愁の岸(杉本苑子さんの小説) »

和菓子・洋菓子」カテゴリの記事

三重県のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 華の碑文(杉本苑子さんの小説) | トップページ | 孤愁の岸(杉本苑子さんの小説) »

フォト
無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31