« アジアとヨーロッパの境界線は? | トップページ | 奈良県立美術館で榊莫山氏の展覧会開催 »

2017年5月20日 (土)

伊勢二見名物の御福餅(おふくもち)

 伊賀地域(伊賀市、名張市)では、同じ三重県内であっても、伊勢名物はなかなか買うことができません。
 その中で、2016年11月にオープンしたぎゅーとらラブリー伊賀西明寺店は、同社の拠点が伊勢市であるだけに、伊勢の和菓子がけっこう販売されています。(ちなみに、ぎゅーとらのルーツは、1929(昭和4)年に大阪で創業した「うし虎」であるということです)
 夫婦岩で著名な二見(ふたみ)の名物御福餅もそのひとつ。先日お伊勢さん菓子博へ行った帰りに買うつもりだったのが叶わなかったので、今日ぎゅーとらで購入しました。
 伊勢の赤福があまりにも有名であるために、御福は控えめになっていますが、1738年(元文3年)創業という長い歴史があり、その味も赤福に勝るとも劣らないもの。価格は8個入りで税込740円とお値打ちです。
Dsc_3_1024x851 Dsc_10_1024x768
Dsc_9_1024x768 Dsc_14_1024x818

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« アジアとヨーロッパの境界線は? | トップページ | 奈良県立美術館で榊莫山氏の展覧会開催 »

和菓子・洋菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢二見名物の御福餅(おふくもち):

« アジアとヨーロッパの境界線は? | トップページ | 奈良県立美術館で榊莫山氏の展覧会開催 »

フォト
無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31