« お福アイスマック | トップページ | 赤福 六月の朔日餅(ついたちもち) »

2017年5月28日 (日)

奈良国立博物館の特別展「快慶」

 ようやく今日(2017.5.28この特別展に行ってきました。6月4日(日)が最終日です。

私の目的は、もちろん新大仏寺(伊賀市富永)の重要文化財 如来坐像(大仏様)

 

Photo

 

三尺前後(90cm)の仏像が多く出陳される中で、高さが3m近くもあるこの坐像は ひときわ輝きを放っていて、感動しました。

新大仏寺に安置されているときとは また異なる重厚さが感じられて、とてもよかったです。

この特別展には、三重県から他に 菰野町にあるパラミタミュージアムから長快作の十一面観音立像が出陳されています。

 

このあと別棟の「なら仏像館」も訪れてみました。

そこで、以前 見たことがある仏像が展示されているなと思って確認したところ、伊賀市下友生(しもともの)にある見徳寺(けんとくじ)の木造薬師如来坐像であると判明。伊賀市では適切に収蔵できるところがなくて、一時 四日市市立博物館に預かってもらっていたと記憶していますが、奈良国立博物館に寄託されたのであれば安心です。

 

Photo_2

 

今回 伊賀の貴重な二軀(く)の仏像を拝観でき、同博物館へ行った価値がありました。

 

【特別展「快慶」チラシ↓】

Cci20170528_722x1024 Cci20170528_0004_722x1024

Cci20170528_0001_722x1024 Cci20170528_0005_722x1024_2

 

【奈良国立博物館リーフレット↓】

Cci20170528_0006_1024x722 Cci20170528_0007_1024x722

 

【なら仏像館チラシ↓】

Cci20170528_0002_722x1024 Cci20170528_0003_722x1024

 

【なら仏像館 西側全景↓】

Dsc_20170529_13_1024x697

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« お福アイスマック | トップページ | 赤福 六月の朔日餅(ついたちもち) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良国立博物館の特別展「快慶」:

« お福アイスマック | トップページ | 赤福 六月の朔日餅(ついたちもち) »

フォト
無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30