« 玄関のトールペイント | トップページ | 伊勢志摩へ1泊旅行 »

2016年9月18日 (日)

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の完結

 40年も続いた この漫画が週刊少年ジャンプの最終話、単行本の最終巻発行を迎えると聞き、どちらも購入しました。

Dsc_0002_1280x994

今日(9/18)フジテレビ系で放映されたアニメ「THE FINAL 両津勘吉最後の日も、過去の特長あるキャラクター総出演でとても面白かったです。

オープニング曲「葛飾ラプソディー」も、エンディング曲「おいでよ亀有」も、葛飾にぴったりの名曲で、聴き入ってしまいました。

私がこの漫画に出会ったのは、まさに40年前のこと。今回の少年ジャンプ42号に40年前の197629号に初掲載された作品が再掲載されていて、そのときの鮮烈な印象がよみがえりました。

そのときは、たしか「山たつひこ」というペンネームで発表されていて、その当時 たつひこさんが「がきデカ」というギャク漫画を連載されていたので大丈夫かなと思っていたら、そのうち現在の「秋本治」さんに変わっていたという記憶があります。

これほどあらゆる年齢層に強く支持された漫画はなく、また私としても近年 週刊少年ジャンプで読むのは この漫画しかなかったので、それがなくなるのはとても寂しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« 玄関のトールペイント | トップページ | 伊勢志摩へ1泊旅行 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
私も懐かしく、今日はフジテレビ 両津勘吉 最後の日 を見てしまいました。
40年ですか?あっという間でした。
これからは、秋元さんが時々両津を書いてくれるのを楽しみにしています。
では...

ポンチャンさん、コメントそして ポチッとをありがとうございます。

40年という長さを意識させないほど、いつも新しい話題を取り上げられていて、すごい漫画だなと改めて思い返しています。

FINALのアニメではドローンが登場していましたが、私が最も印象に残っていうのは、使い捨てカメラを再利用する「ブーメランくん」という商品でした。

これからも斬新なアイデアでたまに復活してもらうといいなと期待しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の完結:

« 玄関のトールペイント | トップページ | 伊勢志摩へ1泊旅行 »

フォト
無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31