« 伊賀コシヒカリが最高位の特A獲得 | トップページ | ハハトコ食堂の豆パン »

2012年2月23日 (木)

東京銘菓 峠もなか

 これはいただいたものですが、東京都台東区にある1860年創業の和菓子店「吉岡堂」のもなかです。

 包み紙には、次の芭蕉の句とともに、「花にも峠、月にも峠の風雅を風味に練り入れて、遠く俳聖 芭蕉をしのぶ心より」という説明書きがあります。

 箱根越す人もあるらし今朝の雪 芭蕉 (今朝起き出てみると、一夜の雪で辺りはすっかり銀世界に変わっていた。しかしいまこの深い雪を踏みわけて、箱根八里の険を越す人もあるようだ。)

 芭蕉の生誕地 伊賀の住民としては、これを食べないわけにはいきませんね。

 手焼きの皮に溶かした砂糖で峠に雪がかかった姿をかたどり、中には峠もなか専用に煉り上げた特製の餡、けっこう大きくて、食べ応えがありました。

420_2

320

220_2

120_3 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« 伊賀コシヒカリが最高位の特A獲得 | トップページ | ハハトコ食堂の豆パン »

和菓子・洋菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京銘菓 峠もなか:

« 伊賀コシヒカリが最高位の特A獲得 | トップページ | ハハトコ食堂の豆パン »

フォト
無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31