« ベビースターもんじゃ | トップページ | 「記録よりも記憶」 »

2011年5月15日 (日)

須智荒木神社(すちあらきじんじゃ)

 講談の「鍵屋の辻の決闘 三十六人斬り」で知られる剣豪 荒木又右衛門の出生地 伊賀市荒木にある神社です。先日、伊賀上野CATV(ICT)で紹介されていたので行ってみました。社殿は石段を昇ったところにあります。

この神社を最も特徴づけるのは、鳥居の横にある巨大燈籠ですね。高さ3メートルを超えているのではないでしょうか。近くで畑仕事をしていた人が、この巨大燈籠と横の池の中にあるものが対であるという話をされていました。CATVでも案内の人が同様の説明をされていたように思いますが、謂れがもうひとつよくわからないので、文献を調べてみる必要があるかもしれません。

 もうひとつの見どころは、芭蕉がこの神社で詠んだ「畠うつ音やあらしのさくら麻」という句碑で、これは石段に向かう参道の右手に設置されています。その意味は「さくら麻(麻のこと)は桜の名を負っているためか、桜の花に嵐が吹くのを文人が悲しんできたように、芽の時分から近くの畑での荒々しい畑打の音に耐えているのである」ということだそうです。

【須智荒木神社】

120

【巨大燈籠と池中の対とされるもの】

120_2

120_3

【芭蕉句碑】

120_4

【句碑の説明】

120_5

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

« ベビースターもんじゃ | トップページ | 「記録よりも記憶」 »

伊賀地域のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 須智荒木神社(すちあらきじんじゃ):

« ベビースターもんじゃ | トップページ | 「記録よりも記憶」 »

フォト
無料ブログはココログ