« チョコスティックケーキ(Thyme cafeさん) | トップページ | 昔日の戦乱が偲ばれる伊賀の夕景 »

2010年12月19日 (日)

象は鼻が長い

 土曜日の日経新聞文化面に、外山滋比古さんが「日本語の散歩道」というコラムを連載されていて、先日『「は」は主語か』というテーマが取り上げられていました。

 「象は鼻が長い」という文章には二つの主語があるのではないか、「は」があると主語と考えやすいが、この場合はどうなのかという話でした。

結局のところ、「象は」の「は」は主語を表す「は」ではなくて、主題を示す(つまり「象は」というのは「象というものについては」という意味)と解釈すれば、つじつまが合うというふうに落ち着いたようですが、こういうところからも日本語は難しくて、奥深いものだなというふうに感じます。

あまり文法的なことばかり気にしていると、話もできないし、文章も書けないようになりますけどね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

« チョコスティックケーキ(Thyme cafeさん) | トップページ | 昔日の戦乱が偲ばれる伊賀の夕景 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 象は鼻が長い:

« チョコスティックケーキ(Thyme cafeさん) | トップページ | 昔日の戦乱が偲ばれる伊賀の夕景 »

フォト
無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30