« 阪神タイガース応援たまご | トップページ | 近頃の「たま」 »

2010年10月 8日 (金)

いがむいたら栗(桔梗屋織居)

 伊賀市上野東町にある桔梗屋織居は、慶長十三(1608)年には和菓子の販売をしていたという大変歴史のある店です。四百年以上ってすごいこと。あの赤福でも宝永四(1707)年創業ですからね。

 写真は、その店の「いがむいたら栗」というお菓子です。伊賀は、どの都(平城京、平安京)から見ても九里離れているということと、毬(いが)を剥いたら栗というのをかけているということです。

 渋皮栗と黄身の餡をパイ生地で包んだもので、洋菓子にかなり接近した和菓子。栗と餡と生地が見事に調和していて、とても美味しく仕上がっています。

115

420

220

310

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« 阪神タイガース応援たまご | トップページ | 近頃の「たま」 »

伊賀地域のこと」カテゴリの記事

和菓子・洋菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いがむいたら栗(桔梗屋織居):

« 阪神タイガース応援たまご | トップページ | 近頃の「たま」 »

フォト
無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31