« 豆大福(大津 餅兵) | トップページ | ホテルのショートステイで節約 »

2010年8月17日 (火)

甘酒は夏のもの?

 三重県伊賀地域(特に旧上野市)では、甘酒と言えば10月12日の芭蕉祭から、10月23日~25日の上野天神祭にかけて、こたつの中で甘酒のもとを熟成させ、それで甘酒を作るのが慣習になっていたので、寒い時期のものと当然のように思っていました。

(ここでいう甘酒は、炊いたごはんに米麹とお湯を加え保温してできる甘酒のもとを水に溶かし、沸かして飲むものです。)

 ところが、発酵学者の小泉武夫氏が、江戸時代には甘酒は主に夏に飲まれていたと新聞に書かれていたのを読んで、びっくり。甘酒にはブドウ糖、ビタミン類、アミノ酸が含まれていて、夏の厳しい暑さに弱った体に活力に取り戻すのに、ぴったりの飲み物であったからということです。

 俳句でも、甘酒は夏の季語だそうで、ちょっと作るのは大変ですが、夏に甘酒をつくって冷やして飲んでみたいなと思いますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« 豆大福(大津 餅兵) | トップページ | ホテルのショートステイで節約 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘酒は夏のもの?:

« 豆大福(大津 餅兵) | トップページ | ホテルのショートステイで節約 »

フォト
無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30