伊賀地域のこと

2017年7月 8日 (土)

映画「忍びの国」公開記念 忍者の里 伊賀スタンプラリー

 201771日から公開されている映画「忍びの国」に合わせて、同日から930日(土)まで、伊賀流忍者観光推進協議会(事務局:伊賀市産業振興部観光戦略課)がスタンプラリーを実施しています。

 

集めたポイント数に応じて、抽選に応募できる賞品のコースが変わる仕組みとなっていて、5ポイント以上集めるのは けっこう大変なように思われますから、当たる確率は高くなるかもしれません。

 

 スタンプを押せるポイントは次の9か所となっていますので、伊賀地域(伊賀市、名張市)をご訪問いただく際には、参加いただいてはいかがでしょう。

 

(伊賀市のスタンプポイント)

伊賀流忍者博物館道の駅あやま道の駅いが伊賀の国 大山田温泉さるびの島ヶ原温泉やぶっちゃ青山ガーデンリゾートホテル ローザブランカ

 

(名張市のスタンプポイント)

名張市観光協会 駅前案内所名張藤堂家邸赤目四十八滝渓谷保勝会(日本サンショウウオセンター)

 

【忍者の里 伊賀スタンプラリー マップ】

Cci20170708_0004_902x1280 Cci20170708_0005_902x1280

Cci20170708_0006_902x1280 Cci20170708_0007_902x1280

 

Cci20170708_902x1280 Cci20170708_0001_902x1280

Cci20170708_0002_902x1280 Cci20170708_0003_902x1280

 

※映画自体は今日見てきましたが、忍者に対するあらぬ偏見を生むと思うと、悲しくなる映画でした。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2017年6月24日 (土)

映画「忍びの国」 2017年7月1日公開

 三重県伊賀地域(伊賀市、名張市)を舞台とした映画「忍びの国」は、和田竜(りょう)の原作を映画化したもので、主演は嵐の大野智(さとし)氏。

 

 この物語は、伊賀勢と織田軍が戦った天正伊賀の乱のうち、織田信長の次男 信雄(のぶかつ)を伊賀勢が撃退した第1次の乱(157879年)を描いたもの。

この後、第2次天正伊賀の乱(1581年)で織田軍による伊賀地域住民の大量殺戮が行われ、伊賀は焦土化。そして、翌1582年に本能寺において織田信長が成敗されるという歴史が展開されます。

 

この映画を特集した伊賀上野観光情報誌「いがぐり」第62が、特に嵐の大野さんのファンの方々に人気があり、品薄になっているそうです。末尾にその一部をアップしておきます。

 

【映画「忍びの国」のポスター↓】

Photo

  

【伊賀上野観光情報誌「いがぐり」第62号(一部)↓】

Cci20170624_902x1280 Cci20170624_0001_902x1280

Cci20170624_0002_902x1280 Cci20170624_0003_902x1280

Cci20170624_0004_902x1280 Cci20170624_0005_902x1280

Cci20170624_0006_902x1280 Cci20170624_0007_902x1280

Cci20170624_0008_902x1280

 

Cci20170624_0009_902x1280

 

※上のアクセス図ではJR関西本線がジグザグに描かれていますが、大阪からお越しいただく場合、大阪駅から京都府の加茂駅まで乗換なしの「大和路快速」(所要1時間10分程度)が運行されており、加茂駅から伊賀上野駅までは気動車で35分程度とけっこう便利です。大和川や木津川沿いの景色を望みながらの鉄道の旅もお勧めしたいです。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2017年3月31日 (金)

伊賀上野 忍者フェスタ2017始まります

 今年(2017年)は、明日4月1日(土)から5月7日(日)までの間、伊賀市街地と上野公園で、伊賀上野NINJAフェスタ2017が開催されます。

 様々なイベントがある中で、忍者修行がおもしろそうです。手裏剣投げで うまく的に当たると爽快ですよ。

 今年のポスターには、みえの国観光大使に就任されている、でんぱ組.inc(でんぱぐみインク)夢眠ねむさんも加わってもらっています(左端のほう)。忍者姿がとても似合っていますね。

Ninja2017_1024x935_2 Ninja2017

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

2017年3月12日 (日)

米の食味ランキングで伊賀米コシヒカリは「A」

 伊賀米コシヒカリは、米の食味ランキングで、平成27年度までの5年間、基準米よりも特に良好なものである「特A」に格付けられてきたのですが、平成28年産米については、良好なものである「A」となりました。

 

「A」も立派な格付けだとは思いますが、「特A」が途切れたのはとても残念です。

 

しかし、これで、がっくりするのでなく、むしろ これを糧にして より良いものに改善し、さらに高みを目指してほしいものです。

 

【食味試験の実施方法…一般財団法人 日本穀物検定協会ホームページ掲出資料から抜粋】

・食味試験は、日本穀物検定協会において選抜訓練した専門の評価員である食味評価エキスパートパネル20名により、白飯の「外観・香り・味・粘り・硬さ・総合評価」の6項目について、複数産地コシヒカリのブレンド米を基準米とし、これと試験対象産地品種のものを比較評価する相対法により行った。

 また、エキスパートパネル20名は、予め、食味の順番による評価の偏りをなくすため、1グループ34名の6グループに編成し、グループ別に試食の順序を変えて行った。

・評価は、それぞれの項目について「基準と同じ」は「0(ゼロ)」、これより良・不良の度合いにより「わずかに・少し・かなり」の3段階に区分して、「±1、±2、±3」として評価値を求めた。

・食味ランキングの区分の仕方は、食味の総合評価結果に基づき、基準米よりも特に良好なものを「特A」、良好なものを「A」、おおむね同等のものを「A´」、やや劣るものを「B」、劣るものを「B´」にランク付けした。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2017年2月18日 (土)

伊賀上野・城下町のおひなさん 2017

 今年(2017年)24日から三重県内各地で おひなさまイベントが始まっていて、伊賀上野では城下町のおひなさん218日(土)から33日(金)まで開催されます。

 

 手づくりアートの ひな人形展(会場:入交家(いりまじりけ)住宅栄楽館)も同時開催で、そのうち一つの会場 栄楽館では期間内の土日に お茶会も催されますので、行ってみたいなと思っています。

 

【伊賀上野・城下町のおひなさん】↓

Cci20170217_722x1024 Cci20170217_0001_722x1024

Cci20170217_0002_722x1024 Cci20170217_0003_722x1024

 

【手づくりアートの ひな人形展】↓

Cci20170217_0004_722x1024 Cci20170217_0005_722x1024

 

 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ

2016年10月19日 (水)

伊賀ゆめフェスタ「ゆめぽりす伊賀立地企業連絡会20周年事業」

 伊賀市街地の南部にある居住・生産・教育文化の拠点「ゆめぽりす伊賀」で、2016年10月30日(日)に、20周年を記念したイベントが開催されます。
Photo
 前回15周年のときの様子は、伊賀タウン情報YOUの記事に掲載されています。
 
 今回もB級グルメの販売があるようですが、前回のとき滋賀県甲賀市水口町のユニークな焼きそば「スヤキ」を食べたのを思い出しました。
 
 今回どのようなB級グルメが出店されるのか不明ですが、ご興味のある方は訪れてみられてはいかがでしょう。
 
 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ

2016年10月17日 (月)

伊賀市消防団が全国大会で優勝

 10月14日に長野市で開かれた「第25回全国消防操法大会」において、伊賀市消防団が小型ポンプの部で初優勝したことが報道されていました。
 
 同大会では小型ポンプの部とポンプ車の部があって、伊賀市消防団は前者において1位の成績を収めたということです。
 
 三重県代表の消防団が優勝したのは、1970年の楠町消防団以来らしいので、高校野球の甲子園全国大会で優勝するのに匹敵する快挙だと思います。
 
 今日(2016年10月17日)の三重県議会においても、山本勝県議会議員が代表質問の冒頭で伊賀市消防団の全国大会優勝は至難の業だと褒め称えられていました。
 
 私は消防操法の訓練を見たことがありますが、タイムだけでなく、きびきびとした動き、ぶれない姿勢など、総合的に評価されるものですから、よほど普段鍛えられていないとよい成績は残せないだろうと思います。
Photo
  【消防操法の一場面】
 
 今回の優勝は、日頃の消防活動訓練や消防団全体の統率力の賜物と思われるので、火災や水害で消防団にお世話になる伊賀市民にとっても非常に心強いものとなりました。
 
 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ

2013年1月29日 (火)

新作能「世阿弥」

 先日(201317日)の日経新聞夕刊文化面に掲載されていましたが、世阿弥の生誕650年を記念して、哲学者 梅原猛氏の作品である新作能「世阿弥」が4月に国立能楽堂で上演されるということです。

 この作品は古語でなく現代語で謡うのが特色ですが、私が特に着目したのは、梅原氏がこの作品を手がけるにあたり伊賀の旧家に残されていた「上嶋家文書」の記述をもとに世阿弥の息子である元雅の客死についての解釈を施しているという点です。

 「上嶋家文書」に関しては、以前のブログにも梅原猛氏の書籍「うつぼ舟Ⅱ 観阿弥と正成」と絡めて紹介したことがありますが、元々伊賀地域は、世阿弥の父である観阿弥が伊賀で生まれ、その創座の地が名張の小波多であるということで、能との関わりはとても深いものがあります。

今回の新作能を契機として「上嶋家文書」を中心に伊賀地域と能との関係に関心が高まればいいなと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2013年1月14日 (月)

香港からのツアーで伊賀流忍者博物館へ

 香港のEGLツアーズという旅行会社の日本向けの観光商品の中に、伊賀忍者関係の観光を組み込んだものがあります。

 中部国際空港(セントレア)へ到着後、希望する方は忍者の服装になり伊賀鉄道の忍者電車に乗って、伊賀神戸から上野市へ。その後 伊賀流忍者博物館見学、忍術ショー観賞、手裏剣投げ体験という行程のようですが、多くの方に来てもらうことを期待したいです。

 中国語では、この行程・案内が次のように記載されています。列車のことを「火車」と表現するとは知りませんでした。伊賀忍者電車が松本零士氏デザインであることも紹介されていますね。

開心忍者服裝出發(自由決定)>乘坐得意趣緻伊賀忍者火車(伊賀神車站至上野市)>伊賀流忍者博物館>忍者SHOW體驗伊賀忍者擲放星形飛鏢

★本團用心.用心.用心搜尋特色日本之得意趣怪火車。是次乘坐伊賀忍者火車,由銀河鐵道999宇宙戰艦之著名漫畫家「松本零士先生」悉心設計。本團乘坐約25分鐘車程,開心趣緻之氣氛,留待親身體驗,此外可以由酒店開始出發時,穿著特色忍者服裝乘坐火車,參觀忍者屋。嘩!自由決定,費用包括在(惟不願穿著者則不設退款服務),並於忍者村退回服裝。

 忍者は国際的に通用するアイテムらしいので、円安傾向で日本へ来やすくなりつつあるこの時期に、大いに海外に売込みをかけてほしいものです。

【EGLツアーズのチラシ】
Egl_0001

Egl_0002

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2012年12月15日 (土)

三重県伊賀市が公立学校情報化ランキングで全国1位

 「日経パソコン」によると、全国の公立学校の情報化進展度を比較する「公立学校情報化ランキング2012」において、伊賀市が小中学校の部門で2年連続首位になったということです。

 今の時代、どんな分野においてもITが大きな影響を及ぼすので、大変望ましいことですが、これも早い時期からテレトピア構想などに取り組んでいたおかげかと思います。

 こうしたITに関するハード、ソフトの蓄積を、地域活力の拡大に生かしてほしいものです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31