伊賀地域のこと

2018年1月 7日 (日)

移住先としての名張市

 先に、(株)宝島社『田舎暮らしの本』2月号(平成3014日発売)の2018年版全国12エリア別「住みたい田舎」ベストランキングで、伊賀市がランクインしたことを紹介しましたが、今日(2018.1.7)の中日新聞伊賀版に名張市もランキングに入っていることが記事化されていましたので、この雑誌を買ってきました。

 

Cci20180107_902x1280

  

これによると、名張市はシニア世代が住みたい田舎部門において東海エリア(静岡・愛知・岐阜・三重)の第4位に入ったということです。

 

名張市の強みは何と言っても大阪鶴橋まで近鉄の快速急行で1時間程度(近鉄特急なら最短49分)という大都市への近接性です。

朝の通勤時間帯には、10両編成の快速急行が916分間隔で名張駅から大阪に向かって走っており、通勤も普通に可能なところですから、大阪中心部と名張市との二地域居住の容易性が大都市の方々にアピールするのではないでしょうか。

 

それに加えて平井堅さんの「桔梗が丘」という名曲に表現されている良好な居住環境、また、名張(名墾)の横河までは畿内であった※という地域の歴史的な価値も強みとして挙げられます。

646年の大化改新詔(たいかのかいしんみことのり)において「凡そ畿内(うちつくに)は、東は名墾(なばり)の横河(よこかは)より以来(このかた)、南は紀伊の兄山(せのやま)より以来、(兄、此をば制()と云()ふ)、西は赤石(あかし)の櫛淵(くしふち)より以来、北は近江(あふみ)の狭狭波(ささなみ)の合坂(あふさか)山より以来を、畿内国とす。」とされています。(日本大百科全書(ニッポニカ)の解説から)

 

さらに、伊賀市と同様 内陸部にあるため、地震の際に津波のおそれがないという優位性により、個人の移住だけでなく、BCPBusiness Continuity Plan;事業継続計画)に基づく企業の代替拠点立地も期待できるところです。

 

同じ雑誌の愛読者に対するアンケートでは、最新の2017年調査で三重県が初めて「移住したい都道府県ランキング」のベストテンに入っており、大阪・名古屋から近くて、かつ日常生活に大きな不便がない三重県が徐々に評価されてきたのかなと思っています。

 

【東海エリア ランキング(2018年版全国12エリア別「住みたい田舎」ベストランキング)↓】

Cci20180107_0001_874x1280

 

【「移住したい都道府県」ランキング(愛読者向けアンケート調査結果)↓】

 Cci20180107_0002_852x1280

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2018年1月 5日 (金)

移住先としての伊賀市

 伊賀市移住交流ポータルサイトの記事によると、(株)宝島社『田舎暮らしの本』2月号(平成3014日発売)の2018年版全国12エリア別「住みたい田舎」ベストランキングで、伊賀市は若者世代が住みたい田舎部門において東海エリア(静岡・愛知・岐阜・三重)の第5位に入ったということです。

 

 伊賀市は、AERA2015914日号)特集「移住しやすい街110でも最高ランクの三つ星を獲得しており、移住先としての評価がけっこう確立してきているようです。

 

 この伊賀市への移住者の中にイラストレーターの方がおられて、伊賀市のホームページにマンガで描写した移住後の生活を掲載されていますので、以下に紹介させていただきます。ほのぼのとした感じがとてもいいですね。

Photo_2  2

3  Photo_3

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2017年12月27日 (水)

トルタロッソ製パンのサンドイッチ

 先日 伊賀上野ケーブルテレビの「ナナちゃんの お店紹介」でトルタロッソ製パンのサンドイッチが紹介されていたのを見て、ぜひ一度食べてみたいと思い、買いに行ってきました。

 

 玉子サンドは挟まれている玉子の量がとても多くて、ずっしりとした重みがあります。トマトきゅうりサンドは正統派の美味しさ。この2種類の三角サンドの組合せが180円(税別)、ハムポテトサラダのサンドイッチが160円(税別)というお値打ち価格ですから、家から近い位置にあれば、より頻繁に訪れたいところです。
 
20171217dsc_0001_16_1280x1021
 
 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2017年12月24日 (日)

モクモクのクリスマスケーキ2017

 今年も、クリスマスケーキは伊賀の里モクモク手づくりファームのもの。

 

昨年初めて食べたのですが、しっかりしたイチゴと濃厚な生クリームに対する家族の評価が高く、同じものを注文することになりました。直径18cm6号)で価格は税込3,900円。

 6人ぐらいで分けるのが ちょうどよいような感じです。
 
20171224dsc_0001_9_1280x1022  20171224dsc_0001_13_1280x1024
 
20171224dsc_0001_5_1280x1023  20171224dsc_0001_6_1280x1023
 
 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2017年12月18日 (月)

柿の葉すしセット(伊賀ドライブイン)

 うちの軽自動車は市街地を走ることがほとんどでエンジンの回転を上げることがないので、たまには自動車専用道路を走らせてみようと思い、先週の土曜日(2017.12.16)、名阪国道(国道25号自動車専用道路)で伊賀インターチェンジまで行ってきました。

 

 このインターチェンジのすぐ横にあるのが、赤い建物が特長的な伊賀ドライブイン。すぐ近くにある道の駅いがではないほうのドライブインで、柿の葉すし製造の株式会社あじみ屋が運営する民間の施設です。

 

  伊賀ドライブインの位置

 

 この日は食事抜きで家を出てきたので、ここのうどん・丼コーナーの柿の葉すしセットを朝食にしました。写真にあるように、うどんに柿の葉すしが3個ついて税込650円と すごくお値打ちです。うどんの出汁もきいていて、大阪でうどんを食べているような雰囲気を味わうことができます。

 

 税込5560円(賞味期限前で3割引き、通常は5800円)になった柿の葉すしを買って帰りましたが、これもとても美味しかったです。

 

【柿の葉すしセット↓】

Dsc_0154_1280x819  Dsc_0155_1280x864

 

【柿の葉すし(持ち帰り用)↓】

20171217dsc_0001_5_1280x864  20171217dsc_0001_11_1280x862

20171217dsc_0001_3_1280x925

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2017年12月10日 (日)

伊賀市の新しいパン屋さん

 お店の名前は「パン工房 マームベランダ」。今年(2017年)10月に大阪府枚方市から移転オープンしたそうで、先日訪れてみました。

 

いろいろなパンを買ってみましたが、いずれのパンも外側は香ばしく焼き上げられて、内側は もちもちしていて、レベルが高いです。

 

その中でも、私の好みはクルミの入ったパンオノア(税込260円)。新宿小田急百貨店内にあるトロワグロのパンオノアが好きだったので、それに勝るほどのパンオノアがうちの近くで買えるようになって嬉しいです。

 

シュークリーム(税込170円)も皮の部分と中のクリームとのバランスがよくて、とても美味しかったです。純粋な味がするクリームが特におすすめ。

 

【パンオノア↓】

201712dsc_0001_15_1280x925 201712dsc_0001_18_1280x927

 

【ソフトカンパーニュ(税込380円)↓】

201712dsc_0001_9_1280x924 201712dsc_0001_12_1280x924

 

【その他いろいろなパン↓】

201712dsc_0001_1_1280x925 201712dsc_0001_5_1280x924

 

【シュークリーム↓】

201712dsc_0001_21_1280x925

 

【ショップカード↓】

Cci20171210 Cci20171210_0001

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2017年11月20日 (月)

カルビー ポテトチップス伊賀の國忍者流干し肉と梅味

 カルビー株式会社では、ポテトチップス47都道府県の味というキャンペーンを実施していて、三重県の味は「伊賀の國忍者流干し肉と梅味」となっています。

 

 伊勢志摩は2016年のG7サミットで世界的に有名になったので、今回は伊賀に着目したということです。

 

 この忍者流干し肉と梅味のポテトチップスは、滋賀県「鮒ずし味」のインパクトまでは至りませんが、肉と梅の味がはっきりしていて、三重県の鈴木知事も「最初はビーフジャーキーのうま味が来るが、かんでいくと、梅の酸味がきて、何枚でも食べたくなる」と絶賛されていますので、ぜひ多くの方に食べていただきたいものです。
 
20171117dsc_0001_1_1280x1025  20171117dsc_0001_5_1280x1026
 
20171117dsc_0001_8_1280x1026
 
 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2017年11月19日 (日)

伊賀上野NINJAフェスタin上野恩賜公園

 今年(2017年)も「伊賀上野NINJAフェスタin上野恩賜公園」が開催されます。
 場所は東京都台東区の上野恩賜公園で、開催期間は11月23日(木・祝)~26日(日)。2013年から数えて5回目になるようです。
 
 今年のアピールポイントは、私の感覚では、元SKE48 竹内舞さん(三重県志摩市出身)による伊賀流忍者萌えキャラクター「伊賀嵐マイ」と三重県観光大使 柴犬まるのように思えます。(出演日・時間は上記ウェブサイトでご確認ください)
 
 多くの方に訪れてもらうといいですね。
 
Ninja
 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2017年11月18日 (土)

東急カラーの伊賀鉄道車両

 次のラッピング・スポンサーが見つかるまでの一時的な措置として、今 伊賀鉄道車両の1編成が東急カラーに戻っています。

 

伊賀鉄道を走っている5編成すべてが元は東急の車両でありながら、忍者電車などのラッピングをしていたので、あまり東急色は目立っていませんでしたが、このラッピングを外したシルバーと赤い帯の車両はまさに東急の電車です。

 

東急と三重県の関係というと、三重交通関連企業が桑名や名古屋で東急ハンズをフランチャイズ運営している程度で、鉄道絡みでは、この伊賀鉄道を走る車両だけではないでしょうか。

 

伊賀鉄道は1ローカル線ではありますが、『逆境を「アイデア」に変える企画術』を著した博報堂の河西智彦氏によると「山手線にこだわって そこのルールに縛られ面白いものでなくなるより、ローカル線でメチャクチャやったほうが広まる」ということですので、この東急カラーの車両を使って奇想天外な企画を生み出すスポンサーを見つけ、伊賀鉄道の利用客増にもつなげてほしいものです。

 

Photo

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2017年11月12日 (日)

メルヴェイユのケーキ

 近々うちの奥さんの誕生日ということで、今日は伊賀市平野城北町にあるメルヴェイユで、2種類のケーキを買ってきました。

 

 キャラメル・ノアというのと、栗のスフレというもの。どちらも税別400円という価格です。

 

 私が食べたのは生クリームで覆われたキャラメル・ノアのほうで、中に詰められている部分はクルミの香ばしい味が際立っていました。パン・オ・ノアをケーキ版にすると、こんな感じになるのかなと思います。ひとつのケーキでいくつもの味が重なり合う独特なケーキなので、ぜひおすすめしたい逸品です。

 

【キャラメル・ノア↓】
20171112dsc_0001_17_1280x1022
 
【栗のスフレ↓】
20171112dsc_0001_19_1280x1025
 
 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ