書籍・雑誌

2017年9月10日 (日)

「破天荒」の意味

 「破天荒(はてんこう)」というと、今、日常的に使う用語の意味としては、「とてつもなく変わったこと」「他の人が思いつきもしない斬新なこと」「常識から外れていて今まで全く考えもしなかったこと」「前代未聞のとっぴな発想をすること」のような感じで、私としては、かつて経営戦略の研修などで聞いたアメリカのLCC(格安航空会社)サウスウエスト航空の話を思い出します。

 

 サウスウエスト航空でよく知られる逸話は、航空機の機体の遊休時間が長いのを何とか無駄なく効率的に使う方法はないかと考えたときに、全く関係のない業界である自動車レース・インディ500のピットクルーの動きを研究して、それを航空機の運用に生かしたというもの。新しいことを創造するには、自らの業界でなく別の業界のやり方を研究することが大切だと教えられる話です。その他にも、サウスウエスト航空は、人目を引く奇抜な制服、コミカルな機内放送、ハーレーダビッドソンで登場するCEOなど様々な異色の取組みを展開していて、そのあたりのことは「破天荒!サウスウエスト航空―驚愕の経営」という書籍で詳述されています。

 

 このサウスウエスト航空のようなことが、今「破天荒」と表現されるわけですが、その語源はもう少し深い意味があるようで、本日(2017.9.10)付けの日経新聞「遊遊 漢字学」というコラムで解説されていました。

 

 それによると、「中国で草木一本も生えない土地を「天荒」と呼び、そのことばは優れた人材が出現しない土地のたとえとしても使われていた。敦煌を含む今の甘粛省(かんしゅくしょう)一帯はかつてそうした「天荒」の地とされていたところ、ある年、その地出身の劉蛻(りゅうぜい)という男が科挙の本試験に優秀な成績で合格した。人々は彼の快挙を「天荒」の地からもついにそれを破る男が現れたとの驚きをもって「破天荒」と呼んだ。」「破天荒とは、慢性的に低劣あるいは粗悪だった状態をうちやぶり、画期的なまでに高尚あるいは優秀な状態を出現させることをいう成語である。」ということです。

 

 こうした深い意味があることを知らず、簡単に破天荒と言ってしまっていますが、この解説を読んだときに、今 全国的に疲弊している地方にとって、まさに求められているのがこの「破天荒」であると思いました。そのためのヒントは、異なる分野における様々な変わった取組みであり、それらを組み合わせていくことかなと勝手に考えています。
 
Cci20170910
 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2017年5月12日 (金)

アジアとヨーロッパの境界線は?

 このテーマは、2017年4月発行のHRI(百五経済研究所)レポートに掲載されていたもの。
 作家の守屋淳さん執筆の「経営に活かす中国古典の教え 名経営者の共通点」の中で、取り上げられています。

 アジアとヨーロッパの境界は何となくイメージできるものの、実際の境界はけっこう複雑です。
 たとえば、ブリタニカ国際大百科事典 小項目電子辞書版2009では、アジアについて次のように解説され、一本の線でアジアとヨーロッパを分けられることが示されています。

ユーラシア大陸の東過半分と付属島から成り、南緯10°から北は北極海にまで広がる地域。東は太平洋、南はインド洋にのぞみ、西はウラル山脈ウラル川カスピ海大カフカズ山脈黒海イスタンブール海峡(ボスポラス海峡)チャナッカレ海峡を結ぶ線でヨーロッパに接し…」

 ここで、守屋さんが特に主張されているのは、言葉の意味を大事にせよということです。アジアと言っても、上記の広いアジアではなく、旧ソ連部分を除いたり、東アジア・東南アジアぐらいに限定したりする人もいて、自ら考える範囲と他の人が考える範囲が同じとは限りません。

 したがって、難しい言葉は辞書で確認するからよいわけですが、わかっているつもりで実はわかっていないような言葉(たとえば、マーケティング、コンプライアンス、コミットメントみたいなもの。カタカナ語が多いのでしょうか)には十分注意を払い、話し合う前にその意味をきちんと共有しておく必要があるということです。
 名経営者の方々は、言葉の遣い方を厳格にされているそうです。

 私がよく見かけるこうした例として「地域」という言葉があります。「地域振興」「地域活性化」「地域づくり」「地域社会」「地域福祉」「過疎地域」「地域開発」など様々な場面で「地域」という用語が遣われますが、その「地域」というのが集落単位なのか、市町村・都道府県単位なのか、一国レベルなのか、過疎地域のように同質の性格をもつ範囲を集合したものを指すのか、人によって、その場によって解釈がばらばらのおそれがあります。安易に「地域」という言葉を使用するのは避けたほうががよいかもしれません。

 私も熟慮せずに、意味が曖昧な語句や定義が不明確なカタカナ語を遣ってしまっていることがあるので、反省しないといけないなと思っています。
 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2016年9月18日 (日)

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の完結

 40年も続いた この漫画が週刊少年ジャンプの最終話、単行本の最終巻発行を迎えると聞き、どちらも購入しました。

Dsc_0002_1280x994

今日(9/18)フジテレビ系で放映されたアニメ「THE FINAL 両津勘吉最後の日も、過去の特長あるキャラクター総出演でとても面白かったです。

オープニング曲「葛飾ラプソディー」も、エンディング曲「おいでよ亀有」も、葛飾にぴったりの名曲で、聴き入ってしまいました。

私がこの漫画に出会ったのは、まさに40年前のこと。今回の少年ジャンプ42号に40年前の197629号に初掲載された作品が再掲載されていて、そのときの鮮烈な印象がよみがえりました。

そのときは、たしか「山たつひこ」というペンネームで発表されていて、その当時 たつひこさんが「がきデカ」というギャク漫画を連載されていたので大丈夫かなと思っていたら、そのうち現在の「秋本治」さんに変わっていたという記憶があります。

これほどあらゆる年齢層に強く支持された漫画はなく、また私としても近年 週刊少年ジャンプで読むのは この漫画しかなかったので、それがなくなるのはとても寂しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2013年1月 2日 (水)

年末年始の読書

 年末年始の休暇は、ぼやっとしていると何もせずにむなしく終わってしまうので、いくつか雑誌や本を読むようにしているのですが、今回印象に残ったのは日経ビジネス2012年12月10日号に掲載されていた「経営の巨人の教えを生かす4―野中郁次郎」という記事です。

 その内容は、医薬品製造販売のエーザイ株式会社が知識創造理論の世界的権威である野中郁次郎氏の理論を経営に取り入れて、実践しているというもの。

 同社の社長が考えるポイントは二つあって、ひとつは「顧客の喜怒哀楽とは、暗黙知※である」ということと、もうひとつは「企業は顧客満足の維持のために存在しており、それを満たせば結果として売り上げや利益がもたらされる」ということです。

※暗黙知とは、言葉や文章で表現することが難しい主観的な知識であり、個人が経験に基づいて暗黙のうちに持つもの。

 実際、エーザイの定款には「会社の使命は患者満足の増大で、その結果として売り上げ、利益がもたらされ、この使命と結果の順序が重要」と記載されているそうです。

 会社の第一の目的は利益を上げることではないとするこうした姿勢に卓越性を感じますし、途上国での将来の顧客増を期待してのこととはいえ、40億円ものコストがかかる「リンパ性フィラリア症の薬を価格ゼロで提供するプロジェクト」を進めていることも夢があっていいなと思いました。

 なお、余談になりますが、三十数年前 私が学生のころ、野中先生の夏季集中講義を受けたことがあって、分厚い英文の資料をもとに短期間でレポートを提出せよとの課題に苦労した憶えがあります。最も印象的な講義のひとつです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2012年4月 4日 (水)

剣法番付ナンバーワンは荒木又右衛門(またえもん)

 鍵屋の辻での伊賀越仇討ちで著名な 伊賀が誇る剣豪 荒木又右衛門は、丸谷才一氏の「食通知ったかぶり」でも取り上げられています。

 『剣法名与侠客倚人鑑』という番付によると、宮本武蔵が西の大関であるのに対し、荒木又右衛門は東の大関とされ、最上位に位置づけられていたということです。江戸時代における荒木又右衛門の人気がうかがわれますね。

 その荒木又右衛門の伊賀越仇討ちなどを描いた永井豪氏のコミックがBOOKOFFで販売されていたので即購入。これには大名と旗本の対立といった時代背景なども丁寧に取り上げられていて、この仇討ちの意味合いを理解するのにとても役に立つものでした。

_0001

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2012年1月19日 (木)

妖怪人間ベム コミック版

 昨年末の実写版TVドラマが好評だったということで、妖怪人間ベムに対する根強い人気がよくわかりました。

私も小学生の頃、1968年から1969年にかけて放映されたTVアニメ番組を再放送も含めて何度も相当熱心に見ていたと思いますが、せっかく人間のために悪い妖怪を退治しても認められるわけでもなく、最終回では火をつけられた館の中でベム、ベラ、ベロの3人がどうなったか明らかでないままにエンディングとなり、残念な感じでした。

その後、コミック版はどうだったのだろうと気になって、10年ぐらい前に復刻版のコミック(20025 講談社発行)を買って読んであったはずなのですが、その内容をすっかり忘れてしまい、改めてそのコミックを本箱から探してきて確認してみました。

これによると、最後に妖怪人間の活躍が人間にも理解される形で結末を迎えていて、救いのあるものになっていたのが嬉しかったです。とてもいい作品ですね。

20025140

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年9月30日 (金)

書籍「のぼうの城」

 これは数年前に刊行された和田竜氏作の時代小説です。

 戦国時代が過ぎ去った1590年頃の武蔵国 忍城(おしじょう)が舞台となっていて、これまでにない新しいリーダー像が示されているところに、新鮮さを感じます。

 この本を読むまで、「のぼう」というのが「でくのぼう」の略とは知りませんでした。

 来年(2012年)秋には、映画も公開されるようですね。

120_2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年8月30日 (火)

ニッポン社名クイズ「サラヤ」

 ビッグコミックオリジナルに、ニッポン社名クイズというページがあって、毎回読んでいるのですが、ちょっと前にサラヤ(株)が取り上げられていました。

 ここの社名は三重県熊野市出身の創業者の姓にちなむもので、また伊賀市安場に工場があるというように、三重県にゆかりのある企業。伊賀鉄道の花いっぱい運動(ワフ30037伊賀)にも協力いただいているようです。

 洗面所の緑色の石鹸液や、その押下式容器を日本で最初に開発し、今は自然にやさしい商品開発に取り組んでいることなどから、環境関係の様々な賞を受賞しているということです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年8月23日 (火)

異論を受け入れるマインド

 先日の日経ビジネスで、日本コカ・コーラの会長の方による「真のグローバル化には異質を許容する度量を」というテーマの談話が掲載されていました。

 海外戦略のために外国人を受け入れるにあたり、トップに必要なのは「異論を受け入れるマインド」ですが、それは海外戦略にとどまらず、一般論としても重要だということです。

 商品開発においても、スタート時点で反対意見が多かった商品こそ成功するケーズが多いもの。人は誰しも自分に近い意見を受け入れがちだが、反対の意見に対して「違う視点を与えてもらってよかった」と思える懐の深さが大切という指摘は、本当にそのとおりだなと思いました。

 現実には、反対意見が出されると反論してしまいがちなので、反省しないといけないのでしょうね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年8月20日 (土)

書籍「危機管理・記者会見のノウハウ」

 著者の佐々淳行(さっさ あつゆき)氏は、東大安田講堂事件連合赤軍あさま山荘事件で現場の指揮を執り、「危機管理」という言葉を考え出した人でもあるので、記述内容に評論家では書けない重みがあります。

 その中で、私が着目したのは「危機管理において大事なことは少数で決めるもの」という部分です。数を増やせば知恵が増え能力が上がるというものではないという指摘は、まさしくそのとおりだと思いました。

 日ごろの会議でも、人数が多くなれば、それぞれが自分のセクションに関わる(有利になる)主張をし合うために、肝心なことが見えなくなるのは往々にしてあることです。十分注意しなければならないことだと感じました。

140

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

フォト
無料ブログはココログ