旅行・地域

2017年8月19日 (土)

熊野大花火大会など紀伊半島周遊

 817日の熊野大花火大会を観覧するために次の行動をとったので、来年以降訪れることがあるかどうかわかりませんが、参考として その後の行程も含めて書き残しておきたいと思います。

 

【熊野大花火 大迫力の直径600m海上自爆花火など↓】

2_2 1

Dsc_0105_1280x718

  

【ツアーで沖に停泊する4隻のクルーズ船↓】

Dsc_0019

 

  

812日(土)17時の解禁に合わせて場所取りに会場を訪問、伊賀市から車で2時間程度)

 

817日(木)当日

6:30 伊賀市の自宅を車で出発、名阪国道(自動車専用道路)、伊勢自動車道、紀勢自動車道経由で尾鷲へ。

8:15 紀勢自動車道 尾鷲北インターチェンジ手前2kmぐらいの地点で渋滞。

8:35 JR尾鷲駅到着。熊野市までの往復乗車券購入1,160円/一人。7時から発売されている帰りのJR臨時特急指定席の空き状況を聞いたところ、熊野市発23時は席が離れる、2347分なら並びで取れるとのことだったので、指定席特急券を購入1,470円/一人。

9:02 (尾鷲市内のビジネスホテルで車を置き宿泊料金を支払った後)尾鷲駅から新宮行きの列車に乗車。2両編成でしたが、乗車した全員が座った後もまだ空いている席がありました。

 

9:50 熊野市駅着、駅前の熊野市文化交流センターが休憩場所になっており、まだ十分スペースがあったので、ここに待機場所を確保。食料などは500600m離れたオークワやイオンで調達。公共の場ですので、さすがにアルコール類は自粛しました。オークワ内の書店や100円ショップ、ローソンなどでの時間消費も入れながら、16時半ぐらいまでこのセンターで休憩。冷房も入っていて快適でした。

 

19:1021:15 大花火大会。終了後、22時半ぐらいまでその場で待機。

 

22:45 熊野市駅の特急専用改札口へ移動。2347分発の上り特急列車は2334分に入線することを確認し、待っていたところ、下りの列車が鹿と接触し遅れるとのアナウンス。JR紀勢本線は単線のため、下りが遅れると当然のように上り列車も遅延が発生します。

0:05 下り列車の遅れに伴い、2347分発の列車が遅れて出発。

0:40 尾鷲駅着。ビジネスホテルへ。

 

こういうふうなことで、概ね計画通り花火見物を行うことができました。

熊野市内での駐車場の確保、確保できたとしても終了後の混雑を考えると、今回、鹿との接触という突発的な事故の影響は受けましたが、やはりアクセスにはJRを利用するのがよいと思います。

 

(翌日818日の行程)

翌日は、モーニングセットが目的で尾鷲のコメダ珈琲へ立ち寄った後、天日干し西野商店で自宅向けに干物を送り、和歌山県へ。目的地は白浜のアドベンチャーワールドです。

 

そこへ着く前の昼食はうなぎと決めていて、以前朝日放送のココイロで取り上げられていた新宮の鹿六が第一候補だったのですが、時間的に新宮では昼食に早すぎ、上富田町の川よしを目指して行くことに。途中 新宮市内で渋滞という交通情報があったので、国道311号で熊野市紀和町を経由して国道169号、168号へ入り、再び熊野古道中辺路と並走する国道311号を通って行ったところ、尾鷲から「川よし」まで概ね3時間半かかり、12時半に到着しました。

 

 この店の大中小の違いはうなぎの量。うな重(大)[2,400円+消費税]は、うなぎ1匹分がご飯の上に重ねてのせられていてすごい量です。うな重(中)[1,900円+消費税]でも ほぼご飯は見えません。紀州備長炭で香ばしく焼き上げられて全く生臭さなく、さすがプロの調理は違うなと感心しました。とてもコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。

 

【うな重(大)は、うなぎ1匹分↓】

Dsc_0133_1280x1025

 

午後からはアドベンチャーワールド。ここでは、パンダが5頭も飼育されていて、この日は良浜(らうひん)と結浜(ゆいひん)の母子が公開されていました。

 

【良浜と結浜↓】

Dsc_0140_1122x903

 

他にも様々な動物のパフォーマンスやイルカのショー、サファリワールドを巡るケニア号、カピバラに餌やりのできる ふれあい広場など多彩なアトラクションがあって家族やカップルが一日遊べるところ。

その中でも、カワウソくんが健気にプール内を泳ぐ姿が可愛くて、最も印象に残りました。

 

 アドベンチャーワールドを18時頃に出て、阪和自動車道(湯浅御坊道路)、西名阪自動車道、名阪国道経由で帰りましたが、途中みなべ から海南ぐらいまで渋滞があり、結局伊賀市の自宅に着いたのは22時過ぎだったので、4時間以上かかったことになります。この渋滞は予定外でした。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2017年4月 6日 (木)

伊賀流忍者博物館、甲賀流忍術屋敷などをめぐる京都定期観光バス

 京阪バスが、京都駅烏丸口から出発する忍者がメインの定期観光バスを設定しています。

 ~ちょこっとプレミアム~伊賀・甲賀の忍者の里、信楽焼めぐりと伊賀牛の昼食~という観光コース名で、今年(2017年)510日(水)~31日(水)の水・日曜と98日(金)~24日(日)の金・土・休日に運行されるということです。

 

伊賀流忍者博物館↓】

Photo

 

 こうした定期観光バスが設定されるようになった背景には、昨今の忍者人気新名神高速道路の開通があるのかなと思います。

 新名神高速道路のおかげで、名神高速 京都東インターから新名神高速 甲南インターまで23分程度、甲南インターから伊賀流忍者博物館までは25分程度ということで、しかもほぼ渋滞がない区間で一定の定時性も確保されるようになったのが好影響を及ぼしたのでしょう。

 この定期観光バスにより、京都からも多くの方が来訪されるのを期待したいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ

2017年1月 8日 (日)

なばなの里イルミネーション(桑名市長島町)

 昨日(2017.1.7)三重県桑名市長島町にあるなばなの里へ行ってきました。多彩なアトラクションで著名なナガシマスパーランド 三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島とともにナガシマリゾート(長島温泉)を構成する施設です。

 

名古屋市の中心部から高速道路で30分程度の位置にあるため、長島温泉が名古屋市(愛知県)にあると誤解されることもあるようですが、三重県内の最も集客数が多いテーマパークです。(The Top 50 Theme Parks in the World において、Nagashima Spa Land2014年の入場者数が563万人で、世界第19位となっています)

 

なばなの里の名称は、長島町特産の野菜なばなにちなむもので、ここでは四季折々の花々に加え、近年では秋から翌年春にかけて設置されるイルミネーションが全国級のイベントとなっています。

 

車利用の場合、大阪からだと松原ジャンクション(自動車専用道路 名阪国道経由)からでも、吹田ジャンクション(新名神高速道路経由)からでも2時間程度なので、日帰りも可能なところです。また、東京用賀インターチェンジ(東名・新東名高速道路経由)からであれば4時間程度ですので1泊旅行にちょうどの距離ではないでしょうか。

 

今回撮ってきた写真は以下のとおりです。日のあるうちと日没後にイルミネーションが始まってからとでは、雰囲気が一変するものですね。

 

 (夕暮れ前の様子)↓

Dsc_0012_1280x857

 

Dsc_0015_1280x857

 

Dsc_0020_1280x1021

 

Dsc_0019_1280x857

 

(イルミネーションの様子)↓

Dsc_0058_1280x857

 

Dsc_0067_1280x857

 

Dsc_0083_1280x857

 

Dsc_0089_1280x857

 

(イルミネーションマップ)↓

Cci20170108_800x564

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2016年11月12日 (土)

東京で伊賀上野忍者フェスタ開催

平成281118日(金)~20日(日)の3日間、伊賀上野と縁の深い東京上野で「伊賀上野忍者フェスタin上野恩賜公園」が開催されるということです。

01

このホームページによると、2013年から年1回催されてきたようです。

 

忍者関係の体験で私のおすすめは、手裏剣投げです。(手裏剣の大会では手裏剣打ちと言っていますが、ゲーム感覚ですから手裏剣投げのほうが相応しいと思います)どのイベントでも子どもさんにとても人気があります。的に当たると気持ちがよいものですからね。

 

このほか、同会場で伊賀の物産展として、次のような伊賀が誇る産品が販売されますので、首都圏の皆さんをはじめ多くの方に訪れていただくと大変嬉しいです。

 

・今 映画「君の名は。」のヒットで注目される国指定伝統的工芸品伊賀くみひも(映画のモデルの地は岐阜県飛騨市ですが、伊賀のくみひもセンター(平成29年4月1日から伊賀伝統伝承館 伊賀くみひも 組匠(くみ)の里として場所も移転して再開しています)では主人公が丸台でくみひもを組んでいたのと同じ体験ができます)

 

・同じく国指定伝統的工芸品で五島美術館の破袋(やぶれぶくろ)でも知られる伊賀焼

 

・量が少ないので伊賀地域外で出ることがほとんどない肉の横綱 伊賀牛 (三重県では松阪肉に勝るとも劣らないブランド牛という位置づけです)

 

5年連続「特A」評価の伊賀米 (このごはんとひのな漬の組合せは最高)

 

G7伊勢志摩サミット2016夕食会の乾杯酒に選ばれた「半蔵」 を生み出した伊賀酒

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2016年11月 5日 (土)

伊賀上野の外国人観光客向けサービス

 近ごろ、伊賀忍者を目的に、忍者電車の走る伊賀鉄道伊賀流忍者博物館を訪れる外国人の方が増えているようで、それに対応して、伊賀鉄道 上野市駅に次のチラシが置かれていました。
 
 英語、中国語、韓国語の3パターンがあって、ポータブルWiFiを1日1,000円(税別)でレンタルできることや、このチラシをSNSに載せると記念品がもらえることが掲載されています。
 
 伊賀上野観光の外国人対応はまだまだこれからかと思いますが、こうしたチラシをとっかかりにして、外国人の方々のご意見をお聴きし、サービスが向上すればいいなと思います。
 
Cci20161105_902x1280
Cci20161105_0001_902x1280
Cci20161105_0002_902x1280
Cci20161105_0003_902x1280
Cci20161105_0004_902x1280
Cci20161105_0005_902x1280
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ

2016年9月22日 (木)

賢島エスパーニャクルーズ

 伊勢志摩サミットが開催された志摩観光ホテルのすぐ近くの賢島港から運航されている賢島エスパーニャクルーズ。所要時間は約50分、料金は大人1,600円(コンビニ前売りだと100円引き)です。

 平日の13:30の便だったので、空いていると思ってましたが、船内の大方の席が埋まるぐらいの賑わい。伊勢志摩サミット効果が継続しているようです。

 内湾である英虞湾を巡るクルーズなので、波が立つこともなく、とても穏やか。

 途中で10分程度 真珠の工場でアコヤ貝への核入れ作業を見学するという行程も入っています。この作業を見るのは子どもの頃のミキモト真珠島(しんじゅしま)以来だと思うので、懐かしく感じました。

 こうした志摩スペイン村と連動するようなスペイン帆船型の船によるクルージングも、志摩地方の雰囲気を味わうのによいのではないでしょうか。

Dscn3776_1280x1024

Dscn3769_1280x960

Dscn3772_1280x960

(スペイン帆船型「エスペランサ」)

Dscn3767_1280x960

(真珠核入れの様子)

 

 船からは、次の写真の景色を見ることができました。

Dscn3758_1280x720_2

(ミキモト真珠養殖場)

Dscn3762_1280x1027

(真珠養殖ゾーン)

Dscn3763_1280x1027

(三井不動産運営の合歓の郷ホテル&リゾート

Dscn3757_1024x768_2

赤福関連の濱田総業が運営する志摩地中海村

Dscn3764_1280x720

(志摩観光ホテル ベイスイート)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ

2016年9月19日 (月)

伊勢志摩へ1泊旅行

 伊勢志摩は同じ三重県内であって、伊賀地域(伊賀市、名張市)から見ると、観光のために宿泊するのも自然なところです。時間的には大阪や名古屋へ行くのと同じぐらいか それよりちょっと遠いという感じの位置にあります。

ということで、先週平日に1日休んで鳥羽市1泊で伊勢志摩観光に行ってきました。

きっかけは鈴木英敬三重県知事がリツイートしていたじゃらん夏スポットベスト50・三重県のトップページ掲載写真の場所がわからなかったこと。

職場他で聞いてみたところ、志摩市にある「天の岩戸」ではないかということでしたので、その確認の意味合いと、そして女の人の願いを必ずひとつ叶えてくれるという神明神社(通称:石神さん)を訪れること、この二つが主な目的でした。

 先に行ったのが鳥羽市相差町(おうさつちょう)にある石神さんのほうで、女の人のための神様であることから、私は単なる奥さんの随行です。参道にはカフェや売店などもできていて、その人気の高さが窺われます。石神さんは、神社本殿へ行くまでの右側にあって、願いごとのある女性はここの願い箱へピンクの祈願用紙を出すようになっています。

Dsc_0736_2

(神明神社(石神さん)参道)

次に、志摩市磯部町恵利原にある「天の岩戸」へ行ってみると、まさしく じゃらんで紹介された写真の景観が駐車場から徒歩で5分程度の神社入口にありました。写真に写っている滝で修行ができるようです。ここから天の岩戸(恵利原の水穴(えりはらのすいけつ))と目される水穴まではさらに徒歩で10分程度ですから、駐車場から往復30分程度はみておいたほうがよいという感じです。

Dscn3736_1280x960

(天の岩戸神社入口)

Dscn3742_1280x960

(天の岩戸(恵利原の水穴))

 このほか、鳥羽展望台賢島エスパーニャクルーズでの観光を経て、鳥羽市にある湯快リゾート鳥羽彩朝楽(さいちょうらく)で宿泊。翌日通常どおり出勤するため、640分にここを出て津へ向かいました。55歳以上の早割シニアプランというのがあって、二人一部屋で一人6,950円(一泊二食)と とてもお値打ちでした。

駆け足でしたが、しっかり伊勢志摩観光を楽しめたと思います。

平日にもかかわらず、どのスポットでも観光客の方がおられて、今年6月に開催された伊勢志摩サミット効果が持続しているなと感じました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ

2016年7月29日 (金)

上野東照宮と寛永寺

 先日テレビ朝日系列のぶっちゃけ寺で取り上げられていたので、藤堂高虎の関係で上野公園一帯が伊賀上野と縁が深いこともあって訪れてみました。

 このあたりの地が「上野」と呼ばれるようになったのは、再校江戸砂子温故名蹟誌(さいこう えどすなご おんこ めいせきし)や十方庵歴雑記(じっぽうあん ゆうれきざっき)の記述によると、藤堂家が城主であった伊賀國上野の土地と似ているためであるということです。→詳細は末尾に記載

 

 上野東照宮 は京成上野駅から北へ坂を上っていけば迷うことはないでしょうが、寛永寺 は入り口がわかりにくいので、同寺に併設されている寛永寺幼稚園を目指していくのがよいと思われます。

 

【上野東照宮 写真】

Dsc_0723

Dsc_0728

Dsc_0727

Dsc_0717

Dsc_0716

【寛永寺 写真】

Dsc_0730_1280x960

Dsc_0735

 

(上野の地名について)

再校江戸砂子温故名蹟誌6 忍ケ岡(しのぶがおか→現在の上野公園一帯の古名)の項での記述意訳

「この地のおこりは藤堂和泉守屋敷の屋敷であって、伊賀國上野にある藤堂家の城は三方から上る小高い山にあり、その土地が似ていることから、この地を上野と呼ぶことになった。」

Photo

Photo_2

Photo_3
・再校江戸砂子温故名蹟誌6.[3] 全文はこちら(国立国会図書館デジタルコレクション)

  江戸市中の旧跡や地名を図解入りで説明した地誌である当時のベストセラー「江戸砂子」を校正、誤字訂正したもの。1772(明和9)年刊。

 

十方庵歴雑記第二編 巻の中 第三十七での記述

「寛永寺の境内を上野といふ事は、此地元來藤堂和泉守屋敷にして、藤堂家は伊賀の國上野の城主なりし故也。車坂などいふ名も、伊賀の上野の城内の樣子を摸せし舊名也。」

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7
・十方庵歴雑記 第二編 全文はこちら (国立国会図書館デジタルコレクション)

  江戸の小石川小日向水道町にある生西寺(しょうさいじ)の住職、十方庵敬順が1814(文化11)年に刊行した地誌。江戸名所図会新編武蔵風土記稿などとともに、町人文化が盛んになった時期の江戸のガイドブックとして知られる。           

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ

2012年8月28日 (火)

明治神宮

 先日(8月6日)、明治神宮へお参りするのに、原宿から代々木まで2km以上歩きました。

 その日は午前中かなりの雨が降って、午後からは晴れてきたのですが、ちょうど明治神宮の境内を歩いていたのが雨のピークで、うちの子は雨の中を歩くのが相当嫌だったみたいです。

 私としては、かつての武蔵野の森に降る雨はこういうものだったのだろうと感慨深く歩いていたのですけどね。

【明治神宮】
120_6

220

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2012年8月18日 (土)

お台場合衆国

 この前、お台場合衆国を訪れた際は、かんかん照りの中、暑くて大変でした。

ここでのうちの子のねらいは、VS嵐デュアルカーリングパーク。参加しようと思えば新橋から「ゆりかもめ」の始発6:00に乗らないといけないということなので、とても無理でしたが、見学だけでも面白かったです。

 その他にもお台場合衆国には
 いろいろな参加型の催しがあって、一日楽しめそうなところ。開催期間は9月2日(日)までだそうです。

フジテレビ球体展望室「はちたま」からの眺望】
120_5

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

フォト
無料ブログはココログ