« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

うなぎ栄玉亭(えいぎょくてい)

 先日(2018.2.23)急に思いついて、うなぎを食べに。

 

伊賀でうなぎと言えば、ここ。伊賀市上野相生(あいおい)町にある栄玉亭です。何しろ明治40年(1907年)創業という老舗ですから、趣きがちがいます。

 

伊賀上野銀座通り(東之立町通り)から東に少し入ったところにあるので、街中の喧騒を忘れさせてくれるところ。その静かな和室でいただくうなぎの味は絶品です。部屋から鑑賞できる中庭も風情があります。

 

 シンプルな うな丼(うなぎ2切れ、肝吸い、漬物)が税込2,400円となっています。
 
【うな丼↓】
Dsc_0001_11_1280x857  Dsc_0001_12_1280x857
 
【メニュー↓】
Dsc_0001_6_1280x1024
 
【中庭↓】
Dsc_0001_5_1280x857
 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2018年2月26日 (月)

最近の「たま」

 まだまだ寒い日が続いているので、うちの「たま」はふとんにくるまって寝ていることが多いです。
 活動期に入るのは、ずっと先のような感じがします。
 
Dsc_0114_960x1280  Dsc_0115_960x1280
 
 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2018年2月24日 (土)

伊賀焼VS信楽焼 冬のあったか忍者めし対決!

 明日(2018.2.25)、伊賀市川合(旧 阿山町)にある「すぱーく阿山」で、伊賀焼VS信楽焼 冬のあったか忍者めし対決!が開催されるということです。

 

ちょうど同日の16時から国道422号三田坂(みたざか)バイパスが全線開通する予定ですので、この忍者イベントと合わせて初通行してこようと思っています。

 

【伊賀焼VS信楽焼 冬のあったか忍者めし対決!のチラシ↓】

Photo  Photo_2

  

【国道422号三田坂バイパス位置図↓】

Photo_3

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2018年2月16日 (金)

尾鷲牛乳

 先日イオンモール和歌山へ行ったとき、産直市場で見つけたので、買ってみました。

 

三重県尾鷲(おわせ)市には牛乳を作っているようなところはないのに変だなと思って確認してみると、尾鷲牛乳の「尾鷲」は製造者の方の姓で、「おわし」と読むようです。

 串本町の牧場で作られるこの牛乳は、濃厚な味でとても美味しい。また機会があれば、ここのソフトクリームも食べてみたいものです。
 
Dscn0066_1280x1021  Dscn0068_1280x1024
 
 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2018年2月11日 (日)

アドベンチャーワールド(白浜町)

 今回の紀伊半島周遊、一番の目的は熊野本宮大社で厄祓のご祈祷を受けることでした。拝殿で受ける厳かなご祈祷は、格別のものがあります。

 

その前に訪れたのは、白浜町にあるアドベンチャーワールド。何度も行っていますが、常に新鮮な驚きがあるところです。

5頭もパンダが飼育されているセンター、動物園、マーラやカピバラなど小動物への餌やりスペース、サファリワールド、迫力あるイルカなどのパフォーマンス、水族館、遊園地といろいろなアトラクションが揃っていて、首都圏近辺でいうなら、上野動物園+富士サファリパーク+鴨川シーワールド+浅草花やしきぐらいの感じですね。それぐらいの施設が1か所に集まっているのは大変なことです。

 

20178月に郡山~和歌山間の京奈和自動車道が概成したことで、伊賀市から白浜まで車で3時間弱と時間的にかなり近くなったので、今後も行くことがあると思っています。

 

〔今回の白浜までのルート〕

上野IC―(名阪国道(自動車専用道路))→天理IC

―(西名阪自動車道)→郡山下ッ道JCT

―(京奈和自動車道(自動車専用道路))→橿原北IC

―(国道24号)→橿原高田IC

―(京奈和自動車道(自動車専用道路))→和歌山JCT

―(阪和自動車道)→南紀田辺IC

 ―(国道42号田辺バイパス、県道)→白浜
 
Dscn0116_1280x960  Dscn0205_2_1280x865
 
Dscn0137_1280x1029  Dscn0162_2_1280x1024
 
Dscn0173_2_1280x1023

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

串本海中公園(水族館、海中展望塔)

 紀伊半島周遊の際に立ち寄ったのが串本町にある串本海中公園

 水族館海中展望塔を回ってきました。

 

水族館では、1130分からトンネル大水槽で解説付きの餌やりを見学できますし、ウミガメへの餌やり体験、小さいエビが手の掃除をしてくれるタッチングプールなど、豊富なメニューが揃っています。

 

海中展望塔のほうは、そこへ行き着くまでの橋を渡るのに結構スリルがあり、展望塔内からは自然に集まる熱帯魚を見ることができるユニークな施設です。

 

トータルでとてもバラエティに富んだ面白い海中公園なので、串本方面に行かれるときにはお寄りいただいてはいかがでしょう。

 

【トンネル大水槽↓】

Dscn0259_1280x960

 

【ウミガメに餌やり↓】

Dscn0241_1280x1025

 

【手を掃除する小さいエビ↓】

Dscn0291_1129x909

  

【海中展望塔↓】

Dscn0243_1280x960

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2018年2月 9日 (金)

和歌山県の2つの施設で宿泊

 201824日から6日の23日で紀伊半島を周遊してきました。

 

宿泊したのは白浜の少し北 田辺市にある「ホテルハーヴェスト南紀田辺と那智勝浦町の「湯快リゾート 南紀勝浦温泉 越之湯」。前に泊まったとき よかったので、リピートとなりました。

 

どちらの施設も温泉のお湯や食事に出される魚介類の質が高くて、しかもベランダや窓から見える海の景観が素晴らしく、とても満足できるところです。

 

【ホテルハーヴェスト南紀田辺 ベランダから↓】

Dscn0084_1280x960  Dsc_0172_1280x724

 

【南紀勝浦温泉 越之湯 客室の窓から↓】

Dsc_0176_1280x724  Dsc_0177_1280x724

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2018年2月 3日 (土)

コミック「紀伊半島 海町ごはん」

 以前、三重県南部の紀北町(きほくちょう)に住んでおられた元町夏央さん(現在は奈良県東吉野村に在住らしいです)がコミックの新刊「紀伊半島 海町ごはん」を出版されました。伊賀市平野西町にある岡森書店 白鳳店でサイン色紙展示の横に平積みされていたのを買ってきました。

 

  Cci20180203_1280x861

 

このコミックの元になった「南紀の台所14巻)」は紀北町での生活を生き生きと描かれたものでしたが、今回のも紀北町の新鮮な魚などを中心に地元の食材を生かした料理を、リアルに そしてとても美味しそうに表現されています。表紙にある串に刺した魚は隣町 尾鷲市梶賀(かじか)のあぶり、小魚の燻製のようです。

 

 紀伊半島東部にある紀北町や尾鷲市へは、近畿自動車道紀勢線(紀勢自動車道の開通により車で名古屋から2時間程度、大阪から2時間30分程度の時間距離になっているので、このコミックをきっかけとして都市地域から魚介類を食べに来ていただいたり、移住を検討していただいたりとなればいいなと思います。
 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2018年2月 1日 (木)

赤福 二月の朔日餅(ついたちもち)

 今月の朔日餅は「立春大吉餅(りっしゅんだいきちもち)」。

 

 節分の豆まきにちなんだ黒大豆と大豆の豆大福です。安定した美味しさだと思います。
 
20180201dsc_0001_7_1280x897
20180201dsc_0001_3_1280x895  20180201dsc_0001_1_1280x897
Cci20180201_1280x845   Cci20180201_0001_1280x813
 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30