« カップ麺「和ラー 三重 伊勢海老汁風」 | トップページ | カップヌードル謎肉祭 »

2017年10月22日 (日)

TOEIC 800点級の通訳端末

 先週金曜日(2017.10.20)の日経新聞夕刊1面に見出しの記事が掲載されていて、驚きました。

 

NECと富士通が、高性能翻訳エンジン(AI導入により英語能力テストTOIEC800点以上の能力を有する)を搭載した機器などを提供するというのです。

 

NECは、20181月に日英中韓の4か国語に対応した小型の通訳端末を発売予定。端末に話しかけるだけで、文章と音声で通訳するもの。

 

富士通は、電話の会話を通訳(日本語と英語に対応)するシステムを開発。固定電話につないだパソコンの画面上に翻訳された文字が表示されるもの。

 

TOIECは満点が990点で、20179月実施のテストの平均スコアは577.1点ということですから、両社の機器・システムの800点という水準は非常に高いものだと思います。

 

NECの端末は、価格が5万円で、月額利用料が3,000円という比較的手頃な料金であることを考えると、たとえば伊賀地域では 外国人観光客が多く訪れる伊賀流忍者博物館※に早期に導入されることを期待したいものです。

 2015年度の外国人入館者数は、前年度より4割ほど多い25,000人(中日新聞記事
 
Nec
 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« カップ麺「和ラー 三重 伊勢海老汁風」 | トップページ | カップヌードル謎肉祭 »

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TOEIC 800点級の通訳端末:

« カップ麺「和ラー 三重 伊勢海老汁風」 | トップページ | カップヌードル謎肉祭 »

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30