« 真宗髙田派本山 専修寺の「御影堂、如来堂」が国宝に | トップページ | 赤福 十一月の朔日餅(ついたちもち) »

2017年10月30日 (月)

香落渓(伊賀地域の絶景)

 名張市の香落渓(こうちだに)の紅葉は、絶景というのに相応しい景観です。突き抜けるような青い空をバックにした深紅から黄色までさまざまに色づいた渓谷は、息をのむ美しさ。11月中旬から下旬にかけてが見頃です。

 

この絶景スポットのことが百五銀行発行の「すばらしき“みえ”」で取り上げられていました。

 

Cci20171026_0002_1280x902

左上写真の景色が本当に素晴らしいものです。

 

なお、この記事でも ふれられている「遊香落澗記(江戸時代の名張の儒学者 鎌田梁洲が香落渓について記したもの)」は「ゆうこうらくかんき」と読まれていることもあり、香落渓の読みは、やはり「かおちだに」でなく、「こうちだに」が望ましいと思います。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« 真宗髙田派本山 専修寺の「御影堂、如来堂」が国宝に | トップページ | 赤福 十一月の朔日餅(ついたちもち) »

伊賀地域のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香落渓(伊賀地域の絶景):

« 真宗髙田派本山 専修寺の「御影堂、如来堂」が国宝に | トップページ | 赤福 十一月の朔日餅(ついたちもち) »

フォト
無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31