« ぎゅーとら カツ丼 | トップページ | 9月30日 上野城薪能開催 »

2017年9月20日 (水)

ドイツ人と日本人の違い

 今日(2017.9.20)の朝日新聞に、「ドイツ 安定の理由」という特集記事が掲載されていました。

 

この中で私が注目したのは、タレント サッシャさんのドイツ人と日本人の違いについての意見です。

 

サッシャさんによると、

 

・ドイツ人と日本人はどちらも勤勉でルールを守る。似ているところが多いだけに違うところがはっきり見える。

・「なぜ」「どうして」を意味するドイツ語のwarumwiesoは、ドイツ人が一番好きな単語ではないか。

・ドイツでは、理由を求めて、理解して、だからどうすると言えないとダメ。

・教育もナチスの反省の上に立っている。抑圧的ではいけないということ。理由もわからずにみんなと同じことをすれば個性がなくなるし、全体主義につながる。

・ドイツ人はまじめだから、右向け右で良い方向に進めばいいけれども、間違った方向に行くと大変なことになると、ドイツ人自身が分かっている。

・従順で扇動される子どもにしないという考えが教育に出ている。

・いちいちなぜを問い、それを尊重する。これがドイツ社会の常識、行動の基盤である。

 

ということです。

 

 空気を読まないといけない日本人には、なかなか受け入れがたい部分ですが、何のために勉強するのか、仕事をするのかなど、目的・理由を明確に理解しないままに何となく周囲に合わせるのは望ましいことではないように思うので、日本人と異なるドイツ人のこうした考え方を少し取り入れるのもありかもしれません。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« ぎゅーとら カツ丼 | トップページ | 9月30日 上野城薪能開催 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563056/65817012

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ人と日本人の違い:

« ぎゅーとら カツ丼 | トップページ | 9月30日 上野城薪能開催 »

フォト
無料ブログはココログ