« 奈良県立美術館「書の源流企画展 榊莫山と紫舟のシンフォニー(交響)」 | トップページ | マンガ「テツぼん」単行本の表紙に忍者電車 »

2017年6月24日 (土)

映画「忍びの国」 2017年7月1日公開

 三重県伊賀地域(伊賀市、名張市)を舞台とした映画「忍びの国」は、和田竜(りょう)の原作を映画化したもので、主演は嵐の大野智(さとし)氏。

 

 この物語は、伊賀勢と織田軍が戦った天正伊賀の乱のうち、織田信長の次男 信雄(のぶかつ)を伊賀勢が撃退した第1次の乱(157879年)を描いたもの。

この後、第2次天正伊賀の乱(1581年)で織田軍による伊賀地域住民の大量殺戮が行われ、伊賀は焦土化。そして、翌1582年に本能寺において織田信長が成敗されるという歴史が展開されます。

 

この映画を特集した伊賀上野観光情報誌「いがぐり」第62が、特に嵐の大野さんのファンの方々に人気があり、品薄になっているそうです。末尾にその一部をアップしておきます。

 

【映画「忍びの国」のポスター↓】

Photo

  

【伊賀上野観光情報誌「いがぐり」第62号(一部)↓】

Cci20170624_902x1280 Cci20170624_0001_902x1280

Cci20170624_0002_902x1280 Cci20170624_0003_902x1280

Cci20170624_0004_902x1280 Cci20170624_0005_902x1280

Cci20170624_0006_902x1280 Cci20170624_0007_902x1280

Cci20170624_0008_902x1280

 

Cci20170624_0009_902x1280

 

※上のアクセス図ではJR関西本線がジグザグに描かれていますが、大阪からお越しいただく場合、大阪駅から京都府の加茂駅まで乗換なしの「大和路快速」(所要1時間10分程度)が運行されており、加茂駅から伊賀上野駅までは気動車で35分程度とけっこう便利です。大和川や木津川沿いの景色を望みながらの鉄道の旅もお勧めしたいです。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« 奈良県立美術館「書の源流企画展 榊莫山と紫舟のシンフォニー(交響)」 | トップページ | マンガ「テツぼん」単行本の表紙に忍者電車 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

伊賀地域のこと」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
初コメさせていただきます。 ポッキーままです。
伊賀市ではありませんが 
伊賀にゆかりのあるところに住んでいます。

伊賀市が大好きで ときどき、伊賀に遊びにいきます。
「いがぐり 第62号」 じっくり読ませていただきました。
行ってみたいと思うところ満載ですね。
紹介していただき ありがとうございました。

映画 「忍びの国」 楽しみです。
早く見たいですね。

ポッキーまま さん、コメントをいただき、ありがとうございます。

伊賀にお越しいただいているということで、とても嬉しいです。
近ごろは忍者人気で伊賀忍者も取り上げられることが多いですが、それ以外にも食(伊賀牛、豆腐田楽、和菓子)や文化(芭蕉、観阿弥)などいろいろありますので、ぜひお出かけください。

またワンコのブログを拝見させていただきます。
今後もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「忍びの国」 2017年7月1日公開:

« 奈良県立美術館「書の源流企画展 榊莫山と紫舟のシンフォニー(交響)」 | トップページ | マンガ「テツぼん」単行本の表紙に忍者電車 »

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30