« 新大仏寺の重要文化財 如来坐像が、奈良国立博物館へ出張 | トップページ | 伊賀上野 忍者フェスタ2017始まります »

2017年3月29日 (水)

JR名松線と三重交通臨時バスによる周遊+三多気の桜見物

 昨年5月に「1日1便の三重交通路線バスと全線復旧のJR名松線(めいしょうせん)を利用した周遊」という一風変わった小旅行を紹介しましたが、今年(2017年)4月8日(土)と9日(日)の2日間に限って、津市美杉町にある名所「三多気(みたけ)の桜」見物のための三重交通臨時バスが運行されますので、これを活用すれば、比較的容易に周遊することができると思います。
 
 三多気の桜は、名張駅西口からバスに乗った場合、終点の奥津(おきつ)駅前の少し手前「杉平」というバス停から徒歩5分の位置にあります。
 
【三多気桜 臨時バス(三重交通)↓】
Photo
 
JR名松線時刻表 平成28年4月(津市観光協会サイトから)
 
 たとえば、次のような行程が考えられます。(誤りがあるといけないので、念のためえきから時刻表など他の時刻表もご確認ください。また、三重交通臨時バスはおそらく1台でしょうから、早目に行って待つほうがよいと思います)
 
〔名張駅→松阪駅の行程例〕
 (三重交通臨時バス) 名張駅西口10時10分発→杉平11時09分着
   〔三多気の桜 見物 3時間弱〕 
 (三重交通臨時バス) 杉平14時15分発→奥津駅前14時25分着
 (JR名松線)      伊勢奥津15時08分発→松阪16時34分着
 
〔松阪駅→名張駅の行程例〕
 (JR名松線)      松阪9時38分発→伊勢奥津11時02分着
 (三重交通臨時バス) 奥津駅前 11時10分発→杉平11時20分着
   〔三多気の桜 見物 4時間弱〕 
 (三重交通臨時バス) 杉平15時20分発→名張駅西口16時19分着
 
 これなら、三重交通バスもJR名松線列車も乗りつつ、日本さくら名所100選に認定されている三多気の桜も観賞できるということで、価値ある周遊になるのではないでしょうか。
 
【三多気の桜チラシ↓】
Cci20170331_722x1024 Cci20170331_0001_722x1024
 

« 新大仏寺の重要文化財 如来坐像が、奈良国立博物館へ出張 | トップページ | 伊賀上野 忍者フェスタ2017始まります »

伊賀地域近辺のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR名松線と三重交通臨時バスによる周遊+三多気の桜見物:

« 新大仏寺の重要文化財 如来坐像が、奈良国立博物館へ出張 | トップページ | 伊賀上野 忍者フェスタ2017始まります »

フォト
無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31