« 2015年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月29日 (日)

伊賀上野和菓子祭り

 5月28日(土)・29日(日)の2日間、伊賀上野の19和菓子店によるイベントが、ハイトピア伊賀で開催されたので、行ってきました。

 このイベントは、2017年春(4月21日から5月14日まで)の「お伊勢さん菓子博2017(第27回全国菓子大博覧会・三重)」のプレイベントという位置づけです。

 今日買ってきた次の和菓子は、いずれも甘さ控えめで、上品な味でした。

 イベントでなくても、日常的に各店舗で販売されているものですので、伊賀上野の街歩きと合わせて、味わってみるとよいでのではないでしょうか。お菓子の食べ歩きが出来る『城下町お菓子街道』というクーポン券付きのシートが650円で販売されています。

Dsc_0152_1280x1026

Dsc_0162_1280x1021

湖月堂きんつば 180円(税込)〕

Dsc_0157_1280x604_2

Dsc_0163_1280x1021

紅梅屋かりんとうまんじゅう 110円(税込)〕

Dsc_0154_1280x1023

くらさか風月堂かしわ餅 150円(税込)〕


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ

2016年5月28日 (土)

酒どころ伊賀の日本酒「半蔵」がG7伊勢志摩サミット2016で乾杯酒に

 伊賀の名産と言えば、伊賀牛 、伊賀酒、伊賀米(コシヒカリが5年連続 A )などがあって、この3つがいずれもサミットの首脳や配偶者の食事 に提供されました。

 とりわけ伊賀市上之庄にある大田酒造「半蔵 純米大吟醸」が夕食会の乾杯酒という栄誉に輝きました。すごいことですね。5/28付け中日新聞によると全国から注文が殺到しているとのことです。

 このお酒を飲んでみたいと思ったのですが、1.8L 10,000円(税抜)という高価なものでしたので、あきらめて「半蔵 大吟醸」300ml 950円(税込)を買って飲んでみました。今回の付加価値があるので特に美味しく感じますね。

Dsc_0152_855x1280

Dsc_0163_1280x857

Dsc_01521_1280x857
    〔半蔵 大吟醸〕

 この他にも、サミットで伊賀地域(伊賀市、名張市)の日本酒が次のとおり何種類も提供されたようです。

 而今(じこん)純米吟醸 山田錦〔木屋正酒造:名張市〕

 瀧自慢(たきじまん)辛口純米 滝水流(はやせ)純米酒〔瀧自慢酒造:名張市〕…夕食会 食中酒

 瀧自慢 純米大吟醸〔瀧自慢酒造:名張市〕…昼食会 乾杯酒

 純米大吟醸 三重錦(みえにしき)〔中井酒造場:伊賀市〕

 純米酒 天下錦(てんかにしき)〔福持酒造場:名張市〕

 MORIMOTO Vintage SAKE 1998〔森本仙右衛門商店:伊賀市〕

 育酛 純米吟醸 真秀(まほ)など〔若戎酒造:伊賀市〕

 知り合いには、最後に挙げた真秀 1.8L 3,000円(税抜)を、サミットで使われた日本酒として お送りしておきました。

 これをきっかけに日本酒の人気が高まっていけばいいなと思います。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2016年5月27日 (金)

平井堅さん「TIME」(伊勢志摩サミット2016応援ソング)

 三重県志摩市の志摩観光ホテルで開催されたG7伊勢志摩サミット2016は、無事あっという間に閉幕となりました。何も事故がなく本当に良かったと思います。

 このサミットを応援するために、平井堅さんが制作し一昨日(2016525日)発売されたTIMEという曲はずっと聴き継がれるのではないでしょうか。このCDを買うのに何軒かショップを回りましたが売り切れていたので、Amazonで購入しました。

 Cci20160527

 平井堅さんは三重県名張市で2歳から18歳まで過ごし、三重県立上野高校の卒業生ということもあって、三重県のためにとても思いのこもった曲を作っていただいたと思います。

 先日NEWS ZEROで、「平井さんが子どもの頃に家族で訪れた志摩市志摩町の御座白浜海水浴場を再訪し、曲のイメージづくりをした」ことが取り上げられていて、伊勢志摩の雰囲気にぴったりあった曲になったのも当然だなと感じました。

 残念ながら、サビの部分の音がとても高いので、私がカラオケで歌うのはすぐ断念、鑑賞にとどめることになりそうです。

 曲の一部分はYouTubeここで聴くことができます。鈴木英敬 三重県知事が絶賛していました。

 因みに、平井さんが18歳まで住んでおられた地名そのものを曲名にした「桔梗が丘」という曲があって、これも素晴らしいですよ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ

2016年5月22日 (日)

女子サッカー伊賀FCくの一がINAC神戸レオネッサに逆転勝ち

 本日(2016年5月22日)ノエビアスタジアム神戸で行われたINAC神戸レオネッサ戦で、伊賀フットボールくノ一は2対1で快勝。

 那須麻衣子選手の得点の後、試合終了間際の杉田亜未選手の得点で、価値ある1勝をもぎ取ったという形です。

 この試合はBSフジでLIVE中継があったのに、それが終わってから気づき、見逃して残念でした。

 ずっと勝てなかったINAC神戸レオネッサに勝てたということで、今後の上位進出を大いに期待したいものです。

公式記録

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ

2016年5月 1日 (日)

1日1便の三重交通路線バスと全線復旧のJR名松線(めいしょうせん)を利用した周遊はいかが

 今年(2016年)326日、台風により6年半も不通区間のあったJR名松線が全線復旧しました。不通であった鉄道がこれほど長い期間を経て復旧するのは記録だそうです。

 ちなみに、名松線というのは三重県の名張市と松阪市を結ぶ計画であったことから、それぞれの頭の文字をとって名付けられたものですが、残念ながら松阪から伊勢奥津(いせおきつ)まで進んだところで終わり、名張へはつながっていません。

 この終着駅である伊勢奥津は、ノーベル賞受賞物理学者R.P.ファインマン氏が京都滞在の後どうしても行ってみたいと希望して訪れた地で、宿泊した旅館での興味深いエピソードが「困ります、ファインマンさん(岩波現代文庫)」に収録されています。

 今回、全線復旧したのを機に名松線に乗ってみようと思い、行ってきました。その際、車を使うと、名松線の伊勢奥津~松阪を往復しなければならず、同じルートを行ったり来たりしたくはないので、三重交通の路線バスで名張駅前から奥津駅前へ、そこから名松線で松阪まで行き、松阪から名張までは近鉄電車で帰るという周遊ルートをとることにしました。

 ところが大変なことに、名張駅前から奥津駅前へ行く路線バスは1日1本、しかも名張駅前17:15発→奥津駅前18:24着で、名松線の伊勢奥津18:58発松阪行最終列車に何とか間に合うというものでした。(逆に奥津駅前から名張駅前へ行くバスは朝7:11発のみで、名松線の始発列車が伊勢奥津に到着する8:59の前に出発してしまっているので、逆回りの周遊は宿泊しない限り無理です)

 この方法で周遊してみた感想は、とてものどかで自然いっぱいで、路線バスやローカル鉄道の情緒を満喫できるということです。バスの車窓から眺める景色は、夏見廃寺跡名張中央公園展望台比奈知ダム湖大洞山姫石の湯など、変化に富んでいます。途中、奈良県宇陀郡御杖村を通るのがこの路線の特徴です。三重交通バスの中でおやつに食べた賛急屋の「なばり饅頭」もとても美味しかった。

冬ならすぐ暗くなるのでこの遅い時間帯は景色も見えないでしょうが、春から秋にかけては車窓からの風景も楽しめると思いますので、こうしたちょっとユニークな旅に関心のある方におすすめです。

 名松線 伊勢奥津18:58発の最終列車は松阪20:23着ですから、大阪へも名古屋へも十分帰ることができる時間です。こうした形で大阪や名古屋からローカル鉄道・路線バスによる日帰りの周遊を楽しまれてはいかがでしょう。

 より鉄道が好きな方なら、大阪、名古屋からの往路は、JR関西本線で伊賀上野へ来て、伊賀鉄道の忍者電車(東急車両を再生)で伊賀神戸へ、伊賀神戸から近鉄電車で名張へというのも面白いと思います。

 

(今回のルート)

名張駅前17:15発―(三重交通路線バス)→奥津駅前18:24

伊勢奥津18:58発―(JR名松線)→松阪20:23

松阪20:47発―(近鉄特急)→名張21:24

(写真)

2_select_dsc_0157_640x428

〔三重交通 奥津駅前行き路線バス〕

3_select_dsc_0164_2_640x511

〔奥津駅前行きバス 経路表示〕

1_select_dsc_0159_640x361

〔近鉄名張駅〕

4_select_dsc_0193_640x514

〔名張駅前 賛急屋「なばり饅頭」〕

5_select_dsc_0167_2_640x406

〔夏見廃寺跡〕

6_select_dsc_0168_2_640x511

〔名張中央公園展望台〕

7_select_dsc_0171_2_640x428

〔比奈知ダム〕

8_select_dsc_0172_2_640x428

〔比奈知ダム湖〕

9_select_dsc_0186_640x360

〔大洞山〕

10_dsc_0188_2_640x360

〔姫石の湯(奈良県宇陀郡御杖村)〕

12_select_dsc_0202_2_640x428

かわせみ庵(伊勢奥津駅から徒歩1分の休憩施設)〕

13_select_dsc_0197_2_640x428

〔伊勢奥津駅と三重交通路線バス〕

14_select_dsc_0215_2_428x640_2

〔蒸気機関車の頃の給水塔と名松線列車〕

15_select_dsc_0218_2_640x428

〔伊勢奥津駅〕

16_select_dsc_0220_2_478x640

〔松阪行き名松線列車〕

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30