« 伊賀鉄道860系電車さよなら運転 | トップページ | 岐阜市柳ケ瀬のゆるキャラ「やなな」が2013年3月末に引退 »

2012年7月 5日 (木)

伊賀鉄道の利用促進策

 地域の鉄道やバスは、利用者の減少などで苦戦している路線がほとんどなのですが、京都府京丹後市では、試験的に市内バス料金を200円均一にしたところ、運賃収入が22%増加したということです。それで今度はその手法を第三セクター 北近畿タンゴ鉄道(KTR)にも応用するそうです。


 翻って、伊賀鉄道ですが、伊賀タウン情報YOUの記事によると、2011年度の収支は赤字幅が前年度より5,000万円縮小したものの、通学者の減少が大きかったために乗客数は前年度比で105,000人の減となっています。
 少子高齢化が進む中で、今後も学生・生徒の減少は続くでしょうから、増加する高齢者をターゲットとして利用してもらう策を考える必要があります。
 そのため、京丹後市の例にならって、たとえば65歳以上の高齢者を対象に通常運賃(200円~400円)を一律100円とかにするとともに、高齢者の方が訪れることの多い沿線の病院などの施設情報を提供するといったことにも取り組んではどうかと思います。

 私も極力伊賀鉄道に乗ろうと考えています。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

« 伊賀鉄道860系電車さよなら運転 | トップページ | 岐阜市柳ケ瀬のゆるキャラ「やなな」が2013年3月末に引退 »

公共交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊賀鉄道の利用促進策:

» ケノーベルからリンクのご案内(2012/07/05 08:52) [ケノーベル エージェント]
京丹後市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 伊賀鉄道860系電車さよなら運転 | トップページ | 岐阜市柳ケ瀬のゆるキャラ「やなな」が2013年3月末に引退 »

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30