« うさぎハッピーのアップ写真 | トップページ | 生ティモシー(牧草)を食べるハッピー »

2012年6月16日 (土)

伊賀肉 金谷のすき焼き

 今日(2012年6月16日)は、お客さんを案内して、伊賀市上野農人町にある金谷(かなや)へすき焼きを食べに行ってきました。写真はちょっと憚られたので、撮れなかったです。

 相変わらず ここの伊賀肉(牛)は柔らかくて こくがあって 口に入れるととろけるような感じ。おはしですっと切れてしまう柔らかさです。
 それに、卵も野菜もとても新鮮で味に濁りがありません。伊賀米のごはんに伊賀の野菜の漬物、伊賀の玉みその味噌汁、どれをとっても満足できるもの。

 ふつう すき焼きを食べると少し胃が重くなるようなものですが、ここのすき焼きはそんな感じが全くしない、素材がいいからなのでしょうね。

【金谷のパンフレット】
_0003
_0002
_0001

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« うさぎハッピーのアップ写真 | トップページ | 生ティモシー(牧草)を食べるハッピー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おいしそーですねー。いいなぁ。
すき焼きは、私の米国生活の中でTOP3に入る程、
食べたいなぁ、恋しいなぁと思うものです。
こちらではお肉は薄いものがないし、何より生卵は危険で、
すき焼きにありつけません。
だから、ものすっごいうらやましいなー
しかも素敵な伊賀づくしですもんね、すごい特別だわ。

tomomioさん、コメントありがとうございます。

 ここの伊賀肉は柔らかいので、小さな子でもぱくぱく食べられるのが特長なんですよ。

 たしかにアメリカでは薄い牛肉というのが考えにくいのでしょうね。でも、そのかわりステーキがあるのですから、それはそれで とてもうらやましいことです。

 生卵が危険というのは知りませんでしたが、殻も無菌の卵ができれば売れるのかもしれないですね。それとも食習慣の違いが大きいのでしょうか。アメリカの方にも卵かけごはんを食べてもらいたいような気もしますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊賀肉 金谷のすき焼き:

« うさぎハッピーのアップ写真 | トップページ | 生ティモシー(牧草)を食べるハッピー »

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30