« 吉野・今西誠進堂の よもぎ餅と焼餅 | トップページ | 伊賀市出身の池ノ内投手(広島東洋カープ) »

2012年1月29日 (日)

奈良・天平庵の和菓子「和銅三年」

 天平庵は、平成18年に創業したフレッシュな和菓子会社ですが、ここで作られる和菓子はそれぞれこだわりがあって、レベルが高いと思います。天理店などでは、店内でお茶やコーヒーのセルフサービスがあるのも嬉しいところ。

 写真は「和銅三年」という平城京遷都の年を名前にした和菓子で、小豆の餡を桃山生地で包んだもの。上品な味わいで、とても美味しかったです。

 昨年、東京へ行ったとき東京駅構内に出店されているのを見て、全国展開を目指しているのだろうなと感じました。

130

220_4

320_2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

« 吉野・今西誠進堂の よもぎ餅と焼餅 | トップページ | 伊賀市出身の池ノ内投手(広島東洋カープ) »

和菓子・洋菓子」カテゴリの記事

コメント

こ、これは、ぜひとも食べてみたい逸品ですわ^^

ちゃちゃわんわん さん、コメントありがとうございます。

 奈良は饅頭の発祥地(14世紀中頃)なので、美味しい和菓子があって当然なのですが、この天平庵の和菓子はその歴史にふさわしいものと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良・天平庵の和菓子「和銅三年」:

« 吉野・今西誠進堂の よもぎ餅と焼餅 | トップページ | 伊賀市出身の池ノ内投手(広島東洋カープ) »

フォト
無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31