« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

島ヶ原 西念寺のカヤノキ

 季刊紙 観光三重に掲載されていたので、見に行ってきました。伊賀市島ヶ原の西念寺にあるカヤノキ。樹高16m、胸高(太さ)周囲6.16mの大きな木で、みえの樹木百選に選ばれています。

 西念寺の由緒には、樹齢五百年といわれると書かれていて、たいそう歴史のある樹木ということです。近づいてみると、荘厳な感じを受けますね。

 近くには、東大寺二月堂の御水取に先駆けて修正会(しゅしょうえ)が行われる観菩提寺(正月堂)や、はさめず醤油を製造する福岡醤油店があるので、合わせて訪れてみるのもよいのではないでしょうか。

【西念寺カヤノキ】

120

220

【西念寺 由緒】

120_2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年3月28日 (月)

海洋深層水が認知症の予防や改善に効果

 先日の読売新聞で、名古屋市立大学の大学院医学系において「海洋深層水は脳の海馬の機能を高め、認知症やうつ症状の予防や改善に寄与する」という研究結果がまとめられたことが報道されていました。

 ミネラルの影響を取り除いた蒸留海洋深層水を飲んだマウスは、普通の水を飲んだマウスよりも学習能力が明らかに高まっていたということです。

 認知症の予防に効くものとして様々な研究がありますが、近頃 海洋深層水はかなりお手頃価格になってきているので、これなら継続しやすいかもしれません。

 

 三重県でも、尾鷲海洋深層水というのがあって、スーパー マックスバリュでは500mlのペットボトルが199円で販売されていました。

【尾鷲海洋深層水】

120

220_2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年3月27日 (日)

酒粕(かす)が大人気

 3月1日付けの日経新聞近畿版に書かれてましたが、家庭向けの酒粕の消費が活発になっているということです。

 きっかけは、おそらく2010年11年24日に放送されたNHKのためしてガッテン」という番組 かと思われます。その番組では、酒粕に、悪玉のLDLコレステロールの値を下げたり、お通じを改善したりという効能があって、しかも、ビタミンB群やアミノ酸など、栄養やうまみの宝庫でもあるというように、とても価値あるものとして取り上げられたようですね。そのキャッチコピーは「ビン底メガネをとったら超美人!」

 これなら、みんなが注目するのは当然でしょう。

 それで、この近畿版の記事では、既に兵庫県や京都府の酒造会社が、鍋エキスや乳酸菌を使った酒粕飲料を商品化したことが報告されていました。

 伊賀地域(伊賀市、名張市)にも日本酒蔵元があるので、そこから生まれてくる酒粕を活用して、売れる商品が開発されるといいですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2011年3月24日 (木)

三重県指定有形文化財 旧小田小学校本館

 旧小田小学校本館は、明治14(1881)年に建てられたもので、現存する小学校校舎としては三重県内最古の建物ということです。

 木造洋風二階建てで寄せ棟造り。中央部に膨らみをもたせた洋風の円柱に特徴があります。

 展示室には、明治初期~昭和40年頃までの教科書などが展示されているようです。

 先日、久しぶりに通りがかったら、前に数台とめられそうな駐車場が設けられていました。これまでは裏のほうに1台か2台分しかなかったので、かなり行きやすくなりましたね。

 伊賀上野というと、上野公園内の伊賀上野城とか、芭蕉の旅姿をかたどった俳聖殿伊賀流忍者博物館が来訪目的のメインになりますが、わかやの豆腐田楽と合わせて、上野公園の北西の方向にある この建物を見学したり、美しい竹林に癒される小六坂を散策したりするのもお勧めしたいです。

130

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2011年3月11日 (金)

少年マガジン大全集

 20年ぐらい前に「復刻版 少年マガジン大全集1~3」という本が発行されて、3巻とも持っていたのですが、いつの間にか第1巻だけなくなってしまい、そのままになっていました。

 それで、Amazonなどで中古本はないかと探してみたところ、1,000円で売っていたので、それを購入し、何年ぶりかで3巻揃いました。

 この第1巻はトップに「あしたのジョー」の最終回分が掲載されています。「あしたのジョー」は、ちばてつや画、高森朝雄(梶原一騎)原作のマンガで、ラストシーンで矢吹丈が灰のように真っ白に燃え尽きる姿は、今でもよく取り上げられるところですね。

 他に「墓場の鬼太郎(当初は「ゲゲゲの鬼太郎」ではなかったようです)」とか「悪魔くん」なども掲載されていて、昔を思い出させてくれました。

130_2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年3月 9日 (水)

トールペイント春バージョン

 ひな祭りが過ぎて、うちの玄関のトールペイントは、春をイメージしたものになりました。

130

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年3月 8日 (火)

赤ワイン カッシェロ・デル・ディアブロ

 これはチリの赤ワインで、あまりに美味しいので盗んで飲まれないように、「悪魔の蔵」と名づけて人が寄らないようにしたと言われるもの。

 以前cocoさんという方に教えてもらったもので、近頃フランスワインもいろいろ飲んでいるのですが、このワインに勝るものは なかなか ないように思います。

 価格はフルボトルで1,398円(オークワ ジョイシティ伊賀上野店)とお手頃です。

 赤ワインが好みの方には、お勧めしたい逸品です。

120_5

220

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年3月 7日 (月)

書籍「公共事業が日本を救う」

 この書籍は、閉塞感に満ちた現状を打開する提案という意味で、心から賛同できる内容であると思いました。

そういう人が多くて、よく売れているのでしょう。ネットでも在庫切れでなかなか入手できなかったのですが、ようやく購入することができました。

 全編にわたって、私が思っていることと全く同じなのですが、その中でも特に重要と思ったのは次の2点です。

 一つは、今の日本にとって公共事業の推進は欠かせないということ。たとえば、よく報道で取り上げられる八ッ場(やんば)ダムは首都圏の洪水対策に大きな役割を果たすのであり、2005年のニューオーリンズのような14兆円もの壊滅的な被害を防ぐためにも同ダム建設が不可欠であることが示されています。

 ダム建設反対派は昭和22年のカスリーン台風のケースは八ッ場ダムに治水効果がないということをもって、同ダム不要論を主張しているのですが、このときに大雨が降ったのは八ッ場ダムの下流地域であるから当然ダムの効果は出ないわけで、それ以外の31のケースのうち29はダムが治水効果を発揮するとされることから、司法判断もそれにしたがってダムの有効性を認めているということです。このことは初めて知りました。

 また、「コンクリートから人へ」のスローガンのもとに、小中学校など耐震化の予算が大幅に削減され、巨大地震発生時で危険にさらされる人の数が増加しているということです。これが本当に「人」のためになるのか大いに疑問とするところ。コンクリートで人命を守ることも非常に重要なことではないのかと感じますね。

 それと二つ目は、デフレ期には、景気をよくするのに政府が公共事業支出を拡大しなければならないということ。財政再建は景気がよくなってからでよいという主張がなされています。たしかに今の資金需要が少ない状況では、政府が市場からどれだけ資金を吸い上げようと金利が上昇することはないというのも納得できる話でした。

民間が投資しないときは政府が支出しなければ経済が縮小するのは当たり前のことで、それをこれまであまり主張する人がいなかったのは不思議なことです。そして、政府支出も、貯蓄に回ることが多い手当類よりも、モノが動いて様々な産業に波及効果が及ぶ公共事業のほうが、より多くの雇用を創出するのは自明のことかと思いますね。

 どうも、今はかつてのアメリカのニューディール政策のようなケインジアン政策を否定する風潮が強いのですが、その根拠はルーカスの合理的期待形成仮説「人々は将来を合理的に捉えるので、政府が支出を増やして景気刺激策をとっても、人々はそれによる財政赤字の増大が将来増税をもたらすと予想するため現在の支出を減少させる。そのため、政府による景気刺激策は有効に機能しない」にあるようです。しかし、現実にはこのような完全に合理的な行動をとる人は稀であり、一般にはたとえ政府が借金で支出を増やしたとしても、自分の仕事が確保され収入が増加するのであれば、家を建てたり車を買ったりいろいろなものを消費したりするのではないでしょうか。そして、社会全体としてモノが動くことで景気拡大につながっていくのでしょう。

 私は、こういう感じでこの書籍を読みましたが、いろいろと考えさせるとても重要なことが書かれていますので、ぜひ多くの方に読んでいただきたいなと思いました。

Photo

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年3月 5日 (土)

春めいてきましたね

 家の入口に置いてある花々も、春の訪れを知らせるかのように、華やいできました。

130

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

月ヶ瀬夜曲(八代亜紀)

 月ヶ瀬の梅は、そろそろ満開が近づいているかと思いますが、ずいぶん昔に月ヶ瀬へ行ったとき、このレコードを見つけて買ったのを思い出しました。

 梅林の中で、この曲が流れていて、とても雰囲気があるなと感じ入ったものです。

 今は、レコードプレーヤーを片付けてしまってあるので、すぐには聴けないのですが、この八代亜紀の名曲をまた鑑賞してみたいです。

_000120

_000220

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年3月 3日 (木)

ひなまつりの飾り

 今日はひなまつりなので、ひなケーキとか、ひなちらし、ひなあられなど、いろいろ飾ってみました。

130

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

ドミニク・ドゥーセのカヌレ(JAPAN NINJA ローカルアンテナショップ)

 JAPAN NINJA ローカルアンテナショップ(既に閉店)へ日替定食を食べに行ったとき、買ってきたのがこれです。三重県鈴鹿市にあるパンやケーキで有名な店ドミニク・ドゥーセのカヌレ。

 バニラ、生チョコの2種類があって、どちらも220円です。小さいけれども重みがあり、コクがあって旨い。これが本物のカヌレなんでしょうね。

 代表者のドミニク・ドゥーセ氏は、鈴鹿サーキットのF1開催時に招聘された方で、フランスではカヌレの皇帝と呼ばれているそうです。

 なぜここでそのカヌレを販売しているのかと思って訊いてみたら、この店はドミニク・ドゥーセの系列店ということでした。こうしたつながりがあるのですね。

 

220_3

420

220_4

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年3月 2日 (水)

ピアッキーのカレーうどん・カレーラーメン

 この前、アピタ伊賀上野店で買いました。

 ユニーの中型・小型スーパー「ピアゴ」のキャラクターがピアッキーというらしいのですが、そのキャラクター名をつけたカレーうどん・カレーラーメン(日清食品)。

 あまり濃いカレーの味はしなくて、あっさりした美味しいものでした。

 アピタ伊賀上野店のキャラクター、おしのびちゃん、くれないちゃんのこういう商品もぜひ発売してほしいものです。三重県だから、おやつカンパニーとのコラボレーションを期待したいですね。

120_2

220

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年3月 1日 (火)

「あおげば尊し」の原曲

 卒業式の季節になりましたが、先日の中日新聞に、「あおげば尊し」はアメリカの「ソング・フォー・ザ・クローズ・オブ・スクール」という曲が原曲であるという記事が掲載されていました。

 こんな日本的な曲がアメリカ生まれとは全く思い及ばなかったですけど、詩はアメリカのほうも友人や教室との別れを綴ったものということで、「あおげば尊し」に通じるものがあるようです。

 どこの国かにかかわらず、名曲はやはり名曲ですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30