« 玄関のトールペイント(2011年1月) | トップページ | めはり寿司マップ »

2011年1月18日 (火)

宮崎屋の養肝漬(萩本欽一さんのオススメ)

 朝日新聞で「私のオススメ」という特集記事が掲載されるのですが、先日、三重県の観光大使でもある萩本欽一さんの一押しとして、伊賀市上野中町にある宮崎屋の養肝漬(ようかんづけ)が取り上げられていました。100年以上変わらぬ、しっかりした味を守っていて、お茶漬けで食べると美味しいとの評価です。

 養肝漬とは、芯を抜いた白瓜の中にしそ、生姜、大根、胡瓜等を刻んで詰め、たまり醤油で熟成させた漬物のことですが、こうした地元の味を発信していただけるのは嬉しいことです。

 同様の漬物として、伊賀越伊賀越漬というのもあって、こちらは醤油と玉もろみで漬け込むのが特長のようです。

 どちらの漬物かはよくわからないのですが、私が最もこの種の漬物が旨いと思うのは、伊賀市上野西大手町にある田楽座わかやで豆腐田楽を食べた後に、この刻んだ漬物を食べるときです。豆腐田楽の甘い味噌の味と美味しい伊賀米のごはんに加えて、最後にこの漬物でしめるのが最高だと思いますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

« 玄関のトールペイント(2011年1月) | トップページ | めはり寿司マップ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎屋の養肝漬(萩本欽一さんのオススメ):

« 玄関のトールペイント(2011年1月) | トップページ | めはり寿司マップ »

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30