« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

肩掛け(保温衣類)

 知らなかったのは私だけみたいです。

 寝るときに羽織るような こんな衣類があるとは、全く考えが及びませんでした。

 近頃、寝ているときに首筋や肩のあたりがかなり寒いので、何かよいものはないかと嫁さんに聞いていたら、こんなのがあるとのことで、早速ジョイシティオークワ伊賀上野店で買ってきました。2割引のセールをしていたので、2,300円ぐらい。

 これをパジャマの上に着て寝てみると、とても暖かい。もっと早く気がついていたら、この寒い冬をもっと快適に過ごせたかもしれないです。

130

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月30日 (日)

元祖 伊賀肉 金谷(かなや)

 金谷と言えば、食通の作家 池波正太郎が愛した伊賀牛の名店として知られていますが、何年ぶりかで すき焼を食べに行ってきました。「伊賀牛」と書きましたが、伊賀では「伊賀肉」と言います。肉と言えば牛肉を指しますので。

 いつ行ってもこれほど旨い牛肉は他にないように感じますね。池波正太郎をうならせ、エッセイ集「食卓の情景」で金谷を取り上げさせたのももっともなことでしょう。

 おはしで切れる柔らかさもともかく、この深い味わい。言葉に表せない美味しさです。こんな旨いものをこの値段で食べられるのは伊賀に住む人、伊賀を訪れる人の特権ですね。おそらく東京でこんなハイレベルな牛肉を同じ量だけ食べようとすれば、この3倍ぐらいの値段になるでしょう。

 それに伊賀肉はすべて履歴がとても明確になっていて、これも他のブランド牛肉と差別化できるところです。

 今回注文したのはシンプルにすき焼6,930円×3人分。最初は牛肉だけ、その後は春菊、ねぎ、白菜、しらたき、豆腐、椎茸、にんじんとともに煮て食べます。味付けは砂糖と醤油のみ。この砂糖が粉雪のようにさらさらして、どうも普通の砂糖とは違うようです。これとコクのある醤油とで、素晴らしい味に仕上がります。火の加減がむずかしいそうで、調節は全部 係の方にお任せすることになります。

 牛肉が美味しいのは言うまでもないことですが、一緒に煮た野菜類も味がしみ込んで、とてもいい味になっていました。

 

 今回飲み物として選んだのは、伊賀乃國 赤ワイン フルボトル2,887円。これは、金谷の近く、歩いて数分のところにあるヴァインケラー・ハシモト オリジナルのフランス赤ワインです。これがまた、牛肉によく合います。二人で飲んで、気持ちよく酔えました。

 そして、おひつで出されるブランド米 伊賀米のごはんにひのな漬、味噌汁、いずれもやさしい味。これだけ食べれば、おなかいっぱいです。

 また、ここの食器や調度類には、国の伝統的工芸品「伊賀焼」が使われていて、これがまたしぶい。この店の趣と料理に、すごくマッチしています。

 部屋から外を見れば、芭蕉街通りをはさんで前には、煉羊羹で有名な和菓子の田山屋【閉店】、これも国の伝統工芸品である伊賀くみひもを扱う藤岡組紐店上野天神祭本祭(1025日)のとき2時間だけ屏風を公開する藤岡鳳雲堂、イタリア料理リストランテ チッタなど町家が並んでいて、それぞれの軒先に出された行燈が幻想的な雰囲気を醸し出しています。

 こういう伊賀の魅力を凝縮したような地域にある名店で、芳醇な赤ワインを飲みながら美味しい伊賀肉を食べるなんて、最高の贅沢だなと思いました。

 いくらお値打ちとは言っても値段が値段だけに、なかなか行けませんけどね。

 

【金谷 すき焼】

120

 

120_2

 

【伊賀乃國 フランス赤ワイン】

220

 

【伊賀米ごはん、ひのな漬、味噌汁】

120_3

 

【部屋から見える幻想的な芭蕉街通り】

120_4

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

リエゾンのパン

 先日、伊賀市小田町にあるブーランジェリー エ カフェ リエゾンへ行ったら、これまでは見なかったパンがいくつかあったので、買ってきました。

 今回の天然酵母パンは、りんごを入れたものでしたが、りんごの甘みたっぷりで、天然酵母でありながら柔らかいというこの店の特長が出ていて、美味しかったです。

 お好み焼きパンは、中にチーズクリームが入った珍しいものでした。

【お好み焼きパン】

120

【小倉デニッシュ】

120_2

220

【天然酵母りんごパン】

120_3

220_2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月29日 (土)

三色饅頭(こゆるぎ屋)

 うちのは、正月の蒲鉾類を小田原の鈴廣で買うのですが、そのときに合わせて、鈴廣が「こゆるぎ屋」という店名で発売している和菓子も注文します。

 今回買ったのは三色饅頭。よもぎの風味が生きた緑色のものがとりわけ美味しかったですね。

120

220

320

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月27日 (木)

パワースポット(すぽっと)三重ポケットガイド

 三重県観光連盟のホームページ「かんこうみえ」を閲覧していたら、「パワーすぽっと三重」というのを見つけました。三重県内のパワースポットを紹介するポケットガイドということです。

 Web上で閲覧する場合はこちらへ。

※パソコンやスマホの種類によっては、うまく表示されない場合があるようですので、末尾にマンガ部分をアップしておきます。

 

 最近かなり知れ渡ってきた鳥羽市相差(おうさつ)町の「石神さん」も特集で取り上げられています。ここは、女性の願い事なら必ずひとつは叶えてくれる女神さまが祀られているらしいですよ。

 

 また、伊賀地域のパワースポットとしては、敢國(あえくに)神社赤目四十八滝伊賀の里モクモク手づくりファームが紹介されていました。みえちゃんとゆかりちゃんによる赤目四十八滝編のマンガがとても面白いので、ぜひ見てほしいです。

 

 このガイドブックを手がかりに、いろいろなパワースポットを巡っていくと、運気が上昇したり元気が出てきたりするかもしれませんね。

 

120_5

【敢國神社】

120_2

 

【赤目四十八滝】

120_3

【伊賀の里モクモク手づくりファーム】

120_4

【マンガ部分の抜粋↓】

P16 P15

P28 P27

P34 P33

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

伊賀牛コロッケバーガー

 「道の駅いが」は、名阪国道(国道25号 自動車専用道路)下り(大阪向き)伊賀ICを通り過ぎてすぐのところにあって、自動車専用道路から直接利用できる全国初の道の駅。24時間営業のコンビニも設置されています。

 他の方が、ブログでこの道の駅の伊賀牛コロッケバーガーのことを書いておられたので、一度食べてみようと思い、買ってきました。
 販売しているのは、コンビニと一体的に設置された売店です。

 1個280円で、家に帰って電子レンジにかけて食べてみたら、とても美味しかったです。伊賀牛をうりにするだけあって、牛肉の臭みが全くなくクリアな味に仕上がっていて、私の好みでした。

 このほかにも、それぞれB級グルメで売り出している 津ぎょうざが同じ売店で販売され、亀山みそ焼きうどんがレストランのメニューにあるというように、ほぼ大阪と名古屋の中間という位置を生かして、特長的なものがあります。

 名阪国道を利用されるときは、この道の駅へも寄ってみられてはいかがでしょう。

130

320

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月25日 (火)

2011都道府県対抗男子駅伝で三重県は5位

 一昨日の日曜日、テレビで都道府県対抗男子駅伝を見ていたのですが、三重県代表アンカーの高林祐介選手(小俣町出身、上野工業高校卒業)の走りは素晴らしかったですね。21位から5位まで順位を上げて区間賞を獲得するという快走。しかも、「全国駅伝で入賞することが三重県内の中高生の励みになる」との発言がまたかっこよかったです。

 町野監督の「結果を見れば高林一人の力に見えるが、中高生ら全員が設定タイムでつないだからこそ」というコメントもほんとにそのとおりで、5位まで躍進できるタイム差で高林選手に委ねられたことが大きかったのでしょう。

この勢いにのって三重県内の中高生など後進がどんどん育ってきて、来年以降、さらに順位が上がっていくことを期待したいと思います。

それと、いが☆グリオ(伊賀JCによる伊賀市キャラクター)やあら竹モー太郎も、ふるさとキャラクター応援団として参加していたようです。

ゴール前で応援するいが☆グリオの姿がテレビの映像に写ったのがよかったですね。公式ホームページ応援掲示板の写真でも、奈良のせんとくんより目立ってました。開催地に因んだ広島東洋カープの赤いキャップが評価されたのかな。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

ロッテリアのチョコバーガー

 ロッテリアで、こういうのが売ってました。6個セットで1,000円です。

 メリーチョコレートとのコラボレーションでできたものということで、バンズにチョコレートが挟まれています。

 私は食べてないので味のほうはわかりませんが、このカラフルさがうちの子の関心を引いたようですね

220_3

120_4

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月23日 (日)

近頃の たま

 秋冬になると、うちの たまは、よく食べることもあって、ぐっとボリューム感がアップします。

 座っているのを後ろから見ると、トトロのような丸い格好です。

 陽のあたる部屋で、気持ち良さそうに寝ていることが多いですね。

201101120

201101220

201101420

201101520

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月22日 (土)

夜明けの風景(垂園森)

 一度、夜明け前後の写真を撮ってみようと思い、今朝6時頃、伊賀鉄道市部(いちべ)駅の前にある広場へ行ってみました。

 ここからは、平安時代に後鳥羽院、紀貫之、藤原行家、西行など多くの歌人が和歌に詠んだ名所「垂園森(たれそのもり)」を望むことができます。

 朝焼けと この森をねらって撮ったのが次の写真です。また、天気の良い日にトライしてみたいと思っています。

【夜明け前の東の空】

120_4

【朝焼けを背景とした垂園森】

120_6 

【日の出を迎える垂園森】

120_7

※「垂園森」は、 国道422号や伊賀鉄道で通りかかっても、つい見過ごしてしまうのですが、

 平安時代には、上述のように多くの歌人の和歌に詠まれた名所で、この森の中に、紀貫之や行家の歌碑、江戸期の俳人服部土芳の句碑などがあります。

 夕焼けと紺碧の空を背景とした森はとても幻想的です。

(紀貫之の和歌)

 「われならで たれ其の森の玉桜 たまさかにもや 色にそむべき」

(西行法師の和歌)

 「小夜更けて たれその杜の ほととぎす 名のりかけても 過ぎぬなるか奈」

P2280106

 ↑2006年2月28日撮影

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

七(な)の花せんべい

 先月、伊賀産の最高級生しぼり菜種油を使った七の花せんべいが作られたと新聞に出ていたので、取り寄せてもらいました。

 伊賀市西明寺にある「杵松(2013年4月~金沢兼六製菓三重工場)」の販売部門が発売したもので、伊賀市、三重大学、企業が連携した資源循環モデルプロジェクトで生産した最高級菜種エクストラバージンオイル(伊賀菜の花オイルファクトリー 菜の舎が100g1,000円で売っているらしいです)を100%使用しているのがアピールポイント。

 食べてみると、コクがあって、塩味とマッチした味に仕上がっていて、とても美味しい。量産は困難でしょうが、発売を継続してほしいものです。

120_3

220

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2011年1月21日 (金)

赤ワイン シャトー・カントメルル2006

 先日飲んだ赤ワインはこれ。

 メドック区グラン・クリュの格付け第5級に位置づけられるもの。

 飲み始めは、けっこう渋みを感じましたが、開栓して1時間ぐらい置くとまろやかになって、香りも広がってきて、美味しかったです。

2006_150

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月20日 (木)

不二家のミルキークリームプリン

 この前、不二家の店へ行ったとき買ってきました。

 ミルキークリームとプリンの組合せで美味しかったようです。

120_2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月19日 (水)

めはり寿司マップ

 以前、三重県東紀州地域(尾鷲市、熊野市あたりの地域)のさんま寿司マップというのを紹介したことがありますが、今回upするのは同地域の めはり寿司マップというもの。めはり寿司を提供する17軒の店が掲載されています。

 めはり寿司というのは、寿司ごはんでない普通のごはんに具を入れて、たかなの葉で包んだものが一般的ですが、店によって様々な工夫もされているようです。

 その名称には、いろいろ説があって、一説には、その大きさや美味しさから「目を見張るほど、美味しい、口を開けて食べる」ことに由来するとされています。

 東紀州地域というと、魚が美味しいことで知られていますが、この めはり寿司も特長的な郷土料理ですので、同地域を訪れるときには、併せて味わってみられてはいかがでしょう。

〔めはり寿司マップ〕 ダウンロードする場合はこちらのページへ。

120

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月18日 (火)

宮崎屋の養肝漬(萩本欽一さんのオススメ)

 朝日新聞で「私のオススメ」という特集記事が掲載されるのですが、先日、三重県の観光大使でもある萩本欽一さんの一押しとして、伊賀市上野中町にある宮崎屋の養肝漬(ようかんづけ)が取り上げられていました。100年以上変わらぬ、しっかりした味を守っていて、お茶漬けで食べると美味しいとの評価です。

 養肝漬とは、芯を抜いた白瓜の中にしそ、生姜、大根、胡瓜等を刻んで詰め、たまり醤油で熟成させた漬物のことですが、こうした地元の味を発信していただけるのは嬉しいことです。

 同様の漬物として、伊賀越伊賀越漬というのもあって、こちらは醤油と玉もろみで漬け込むのが特長のようです。

 どちらの漬物かはよくわからないのですが、私が最もこの種の漬物が旨いと思うのは、伊賀市上野西大手町にある田楽座わかやで豆腐田楽を食べた後に、この刻んだ漬物を食べるときです。豆腐田楽の甘い味噌の味と美味しい伊賀米のごはんに加えて、最後にこの漬物でしめるのが最高だと思いますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2011年1月16日 (日)

玄関のトールペイント(2011年1月)

 正月気分も消えてきたところで、うちの玄関のトールペイントは、雪をイメージしたものに変わりました。

 この2~3日、雪もちらついているので、気候に合ってるかな。

20101120

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

津市の江姫キャラクター「ゴーちゃん」の あられ

 昨日(1月15日)は津の職場へ行く用事があったので、その帰りにあられを買おうと、津市大里睦合町にある野田米菓へ寄りました。

 そこで見つけたのが、NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」のヒロイン江(ごう)のキャラクター「ゴーちゃん」のラベルをつけたもの。いろいろ種類がありましたが、私が好きなマヨネーズ味のを買ってきました。

 江は、幼少期に伊勢上野城(津市河芸町上野に城跡がある)や津城で暮らしていたということで、津としても力を入れているようですね。

120

220

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月15日 (土)

イタリア料理メルカートロッソ

 都祁(つげ)温泉フィットネスバードへ温浴と温泉に行った帰り、同じく道の駅 針テラス内にあるメルカートロッソで遅いランチタイムにしました。

 注文したのは、3種のソーセージ ピザ、ペスカトーレ大盛、自家製パン×2、バニラアイス盛合せで、3人分としては少し多めという感じです。味は、うちの子がピザもパスタもぱくぱく食べていたぐらいで、とても美味しかったです。合計金額は3,500円超ですが、バニラアイス盛合せはアイスが4つあって500円というように、とてもお値打ち。

 また機会があれば、行ってみたいところです。

3_120

120_2

120_3

120_4

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月14日 (金)

都祁(つげ)温泉フィットネスバード

 この前の日曜日、温水プールへ行こうということで、当初、滋賀県湖南市にある十二坊温泉ゆららにしようとホームページを調べていたら、3月18日まで温泉プールは閉鎖中とのことでしたので、急遽、奈良市(といっても旧都祁村というところですが)の針ICすぐのところにある都祁温泉フィットネスバードへ行くことに。

 伊賀市街地からは名阪国道(国道25号 自動車専用道路)を使って、車で25分ぐらいの位置にあり、行きやすいところです。

 この施設の利用料金は、プールと温泉の両方の場合、大人1,400円、子ども(4歳~小学生まで)800円となっています。

 ここの特長は、何といっても20メートル3コースの温水プールとか、様々なジャグジー、屋外温浴設備のあるクアハウス部分でしょう。エントランスや更衣室も十分なスペースが取られていて余裕があります。

 温泉の浴場が少し狭い感じがしますが、露天風呂もあって、泳いだ後、温泉にゆったりつかることのできる癒しの場として、お勧めしたいところですね。

120

【エントランス】

Photo

【温水プール】

Photo_2

【パンフレット】

320

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月12日 (水)

今日の水曜パン

 仕事の帰りにThyme cafeさんへ水曜パンを買いに行ったところ、残っていたのは食パンだけでしたので、その半分を購入。半分だと300円です。

 そして、ふと見ると、前に食べてとても美味しかった「シナモンロール」、のラスクがあったので、これはぜひと思って買いました。こちらのほうは120円でした。

 帰宅して赤ワインとともに食べてみましたが、食パンのほうは外側はカリッと焼かれていて中はもちもち柔らかくなっていて、そのまま何もつけなくてもとても旨かったです。

 それに、シナモンロールのラスクも期待どおり。シナモンロールそのものもいいですが、ラスクにすると、香ばしさが加わって、とても味わい深いものになっています。

 また、こちらの店のいろいろなパンを食べてみたいですね。

120

120_2

220

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

おしのびちゃんの どらやき

 先日、おしのびちゃん(アピタ伊賀上野店のキャラクター)のブログを見ていたら、妹の くれないちゃんが「おしのびちゃん どらやき」を紹介していたので、買ってきました。

 お菓子包みの裏には、おしのびちゃんの「好きな食べ物は伊賀牛、伊賀米」といったプロフィールも書かれています。

 作っているのは、明治34年創業の老舗で、いちご大福で著名な町野欣栄堂ですから、味もばっちりです。

 くれないちゃんのお菓子も、発売されたら、ぜひ買いたいと思います。

120_3

220_3

320

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月11日 (火)

リトルマーメイドのパン

 うちの近くでは、オークワジョイシティ伊賀上野店内にある「リトルマーメイド」【閉店】。

 ここのパンの中で、私の一番の好みはパニーニですが、そのほかのパンも美味しいです。

 甘いものでは、シュクレドフランス、デニッシュバー、調理パン系では三角ピザパンがいいですね。

【シュクレドフランス】

120_2

【デニッシュバー】

Photo

【三角ピザパン】

Photo_2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月10日 (月)

伊賀の雑煮は、味噌仕立ての丸餅入り

 伊賀地域の雑煮は、概ね味噌仕立てのおつゆに丸餅を入れるものです。

 先日の朝日新聞の記事には、奈良県在住の伝承料理研究家の方の調査結果として、角餅・丸餅分岐ライン(金沢から新宮あたりを結ぶ線)というのが掲載されていましたが、伊賀地域はちょうどその西側の丸餅文化圏に属しています。

 この記事で新たにわかったことがあります。それは、伊賀地域、奈良、京都、大阪、神戸いずれも雑煮の丸餅文化圏であることは同じなのですが、伊賀地域、奈良が丸餅を焼いて入れるのに対して、京都、大阪、神戸は丸餅を焼かずに入れるということです。

 同じ丸餅でも、雑煮への入れ方は微妙に違うわけで、地域によって他にもいろいろな違いがあるのかもしれませんね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月 9日 (日)

1月7日放送の探偵!ナイトスクープ

 大阪朝日放送で、毎週金曜日夜に放送されている探偵!ナイトスクープ

 1月7日放送の3つのテーマのうち、「レイテ島からの葉書」(→あらましは末尾に記載)が特に感動的でしたね。

 出征した父からの葉書を何とか判読したいという内容で、つい見入ってしまいました。

 戦時中に出された葉書ですから、読みにくくなっていた肝心なところを、ほんとに判読できるのかというのがポイントでしたが、奈良文化財研究所はさすがだと思いました。

 こういう感動ものを見出してくるのが、この番組のすごいところです。

(朝日放送「探偵!ナイトスクープ」のホームページから)

『レイテ島からの葉書』探偵/田村裕

大阪府の男性(65)から。私の父は新婚5ヵ月で召集され、フィリピンのレイテ島に出征し、私が生まれた昭和20年1月には、すでに戦死していたようだ。女手一つで私を育てた母の苦労は並大抵ではなかったが、その母も5年前に他界した。母の遺品を整理していて、出征した父からの葉書を2枚見つけた。それは鉛筆書きで、母が何度も読み返したためか、かなり磨り減っている。1枚は何とか読めたが、もう1枚はほとんど読めない。しかしその中に「身重であるお前」と読める箇所を発見した。父は母が私を身ごもっていたことを知っていたのか。それとも、知らずに逝ってしまったのか。父の葉書をなんとか判読してもらえないか、というもの。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

赤ワイン ラ・シレーヌ・ド・ジスクール2001

 正月に飲んだワインはこれです。

 フランス マルゴー村のLa Sirene de Giscoursラ・シレーヌ・ド・ジスクール2001。

 フルーティで適度な渋みもあって、美味しかったです。ナガタヤさんで3,000円で買ってきました。

120

220_2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月 8日 (土)

フルーツロールケーキ(メルヴェイユ)

 伊賀市平野城北町にあるメルヴェイユには何度か行って、いろいろなケーキを買って食べていますが、いずれもやさしい味で美味しいです。

 今回のは、フルーツロールケーキ。生地がもちもちしていて、生クリームと中に入っているフルーツ(いちご、みかん、キウイ、パイナップル)とのバランスがよく、満足できる味でした。

 このフルーツロールケーキは、卵、牛乳なども使っていると思いますが、丸之内店ではアレルギーに配慮したケーキを作っているのが最大の特長ですね。こういった心づかいもあるところに好感がもてます。

130

220

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月 6日 (木)

ヒガシマルの淡口(うすくち)醤油

 伊賀地域では、他の関西の地域と同様に、料理にヒガシマルの淡口(うすくち)醤油を使うのは当然なのですが、関東ではそもそも淡口醤油を使うことが少なく、ヒガシマルの淡口醤油はあまり販売されていないようですね。

 かなり前のことになりますが、日経新聞の「200年企業」でヒガシマル醤油が取り上げられていました。しょうゆは濃口と淡口に大別され、キッコーマンが濃口なら、ヒガシマルは淡口でシェアがトップ。この淡口醤油を、京都の料理人が精進料理や懐石料理に取り入れ、素材の持ち味を生かした美しい料理に高めていったということです。

 ちなみに、社名のヒガシマルは、ヒガシマル醤油の源流のひとつである龍野藩の直営醸造所「物産蔵」が「東の丸」と呼ばれていたことに由来するそうです。

Photo

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月 5日 (水)

うちのトールペイント

 今のうちの玄関のトールペイントは、写真のように、正月をイメージしたものになっています。

231

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月 4日 (火)

三重県の方言

 先日の読売新聞で取り上げられていましたが、皇學館大学の学生がよく使ったり、知っていたりする三重県内の方言をアンケートで調査したところ、次のような結果になったということです。

 一番多かったのは、「机をつる(机を持ち上げて運ぶ)」「とごる(底に残る、たまる)」で、続いて「電車がつむ(混雑する)」「あばばい(まぶしい)」というもの。

 伊賀地域でも、「机をつる」「とごる」「電車がつむ」というのは使うので、やはり伊賀地域も三重県なんだなと思います。「あばばい」は使わないようですけどね。

 このほか、三重県だけの方言とされる「カエルのカンピンタン(カエルが干からびている様子)」というのも面白いです。

 私も、学生のときに「電車がつむ」と言っていたら、大阪の人にそれは「電車が混むやろ、つむと言うと乗客が積み重なるように電車に乗るみたいでおかしい」と笑われた憶えがあります。

 伊賀の言葉はほぼ大阪や京都の言葉と同じと思っていましたが、こういう例もあるので、一概に伊賀弁≒関西弁とは言えないのかもしれません。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月 3日 (月)

正月の遊び

 親戚の家族が来て、みんなで遊ぶのに何がいいのかなと思っていたのですが、人数が多いとunoがけっこう盛り上がりますね。それぞれの地域のローカルルールもあるようで、やっているうちに自然とルールも統一されてくるのが面白いところです。こういうアナログ的ゲームはずっと受け継がれていくのでしょう。

 それから、うちの子がこれまであまりほしいと言わなかったWiiのマリオカート。いとこがしているのを見ていて興味をもったらしく、早速古本市場でソフトを買ってくることになりました。大人がやっても楽しめるし、見ている人も引き込まれていくので、とても有効なツールですね。昔のTVゲームとの違いを改めて思い知らされました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2011年1月 1日 (土)

上野遊水地の小田陸閘

 今回、紹介させていただくのは、上野遊水地に設置された小田陸閘(りっこう)です。陸閘とは、堤防を横切る道路につけられたゲートのことで、木津川の流量が増大して住宅地に洪水被害が及びそうなときに、このゲートを閉めて水害を防止するという、とても重要な役割を担っています。

 周辺の景観にも配慮して、伊賀上野城の大手門をイメージしたデザインとなっています。

120

220

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30