« 大粒の赤いぶどう「伊賀乙女」 | トップページ | 道の駅あやま が面白い »

2010年9月19日 (日)

丸亀製麺 名張店

 先日、lovetearoseさんがブログで紹介されていたのと、日経ビジネスに「コシの強さで危機に勝つ」という丸亀製麺の記事が掲載されていたこともあり、一度この店のうどんを食べてみようと思い、家族3人で名張店へ行ってみました。ここのうりは、チェーン店でありながら、オープンキッチンにして調理する現場を見せて、手づくり感やできたて感を訴えかけるところにあるということです。

 まず、店に入ると、そこでうどんを打っている姿が目にとまります。どこかのセントラルキッチンで作ったものを運んできてというものではありません。そして、天ぷらもできるだけ揚げたてにすることを心がけているようで、記事のとおりほんとにできたて。

行った時間が1230分という連休のランチタイム・ピーク時間だったので、次から次へとお客さんが入ってきて、活気に満ちていました。これだけ入ってきても、すぐにはけてしまうという回転率の高さに驚きです。

 注文したのは、とろ玉うどん(並)380円、ざるうどん(並)280円、おろし醤油うどん(大)430円、海老天130円×2、ちくわ天100円×2、かしわ(鳥)天100円、いなり100円で、合計1,750円。

 今日は温かいうどんを食べなかったので、つゆの味はわからないですが、うどん自体がすごくコシがあって、いかにも讃岐うどんという感じで美味しい。それに、並んでいるときに麺を打ったり天ぷらを揚げるたりする姿を見ているとすぐに順番が回ってきて、並ぶことが苦にならないので、たくさんの人が食べに行くというのもよくわかりました。

210_2

110

310

【いなり ちくわ天】

410

【国道163号沿いにある店の外観】

510

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

« 大粒の赤いぶどう「伊賀乙女」 | トップページ | 道の駅あやま が面白い »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丸亀製麺 名張店:

« 大粒の赤いぶどう「伊賀乙女」 | トップページ | 道の駅あやま が面白い »

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30