« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

白鳳梨を買ってきました

 伊賀市羽根地区では、60年以上も前に梨の栽培が始められ、「白鳳梨」というブランドで販売されています。

 8月上旬から出ているのは、幸水という種類の梨。白鳳梨・農村市場で買ってきました。5個で500円とお値打ちなもの。冷やして食べると、甘くてとても美味しかったです。

 この農村市場では、地元でとれた野菜とか、島ヶ原の醤油はさめずなど、地域の産品もいろいろ売られています。

120

220 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2010年8月30日 (月)

中国古典から学ぶ必要性

 少し前の日経ビジネスに、中国文学者の守屋洋さんが中国古典を学ぶのが重要であると書かれていました。

 推薦されているのは、次の3冊です。

(1)   論語

 信頼される社会人、説得力あるリーダーに何が必要かを学ぶことができる。

(2)   孫子

 戦の駆け引き、戦略、戦術のエッセンスをまとめたもの。

 駆け引きには、仕事を成し遂げるための駆け引きと、人を騙したり陥れたりするための駆け引きがある。後者についても、相手が使ってくる可能性があるので、心得ておく必要はあるということ。

(3)   韓非子

    性善説だけでは脇が甘くなるので、人間は信じられない生き物ということを前提としてリーダーとはどうあるべきか考えるのも重要であるということ。

 これらの書物を読んで知識を蓄え、それを実行に移していくと、だんだん磨かれていって、たくましさが身に付くと主張されています。

 以前、守屋洋さんの講演を聴いた折には、さっそく影響を受け「中国古典の名言録」というのを買って、必要なときに参照しているのですが、今度は、孫子の兵法というのを読んでみようかなと思っています。

20

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2010年8月29日 (日)

旬彩「さまざま」でランチ

 今日(8月29日)は、伊賀市上野西町にある「伊賀もん町家 西膳【閉館】」で夏市があるということをくの一さんのブログで知ったので、その中にある旬彩さまざま【閉店】へランチを食べに行ってきました。

 限定メニューで、伊賀牛の牛丼と宮崎産ウナギのうな丼の2種類。いずれも1,000円でした。牛丼のほうは大盛で、あまり甘くない、いい味だったようです。

 私はうなぎの味がピュアでない場合は山椒を使うのですが、このうな丼はその必要がなくて、よかったです。

【伊賀牛の牛丼】

10

【宮崎産ウナギのうな丼】

10_2

 こういう手頃な値段のメニューを、普通の日にも出してもらうと、もっと利用しやすいだろうなと思います。

 今日はついでに二階以上も見せてもらいましたが、6人定員の個室とか、イベントに使える和室もあって、いろいろな使い方ができそうです。

【伊賀もん町家 西膳 二階より上の様子】

110

210

310

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2010年8月28日 (土)

つぐみMカフェ【閉店】が伊賀焼の里に誕生

伊賀焼は、五島美術館所蔵の重要文化財「古伊賀水差  破袋」に象徴される伝統ある焼き物ですが、その産地、三重県伊賀市丸柱にすごく趣のあるカフェができました。名張市下小波田にあるつぐみカフェの姉妹店「つぐみMカフェ」。名称の真ん中のMは、「丸柱」と「皆」の頭文字Mを意味するものだそうです。

場所は長谷製陶のすぐ近く、車だと名阪国道(国道25号:自動車専用道路)壬生野ICから10分程度、新名神高速道路甲南ICから15分程度です。

820日(金)のオープン当初は混み合うだろうと思ったので、1週間ずらして828日(土)午後のコーヒータイムに行ってきました。1430分頃着いたのですが、その時間でも満席に近いという状態。

 注文したのは、和風ワッフルと紅茶のセット(550円+200円)と、チーズケーキとコーヒーのセット(420円+200円)。ワッフルはカリッと焼きあがっていて、抹茶アイスと生クリームにマッチした味でとても美味しい。チーズケーキを食べた嫁さんも満足できる味だったようです。

それに、コーヒーや紅茶の伊賀焼のカップがどれもすごくかっこいい。伊賀焼の新たな息吹を感じ取ることができます。こんな素晴らしい伊賀焼の食器だと、より美味しくなりますね。

【伊賀焼カップの紅茶、コーヒー】

M_10

M_10_2

【和風ワッフル、チーズケーキ】

M_210

10

 建物は、大正から昭和初期にかけて作られたものらしく、店内は照明によって落ち着いた雰囲気が醸し出され、ダイヤル式電話など随所にレトロな調度品が置かれています。

支払い伝票が手書きというのも、好印象でした。

【店の外観】

M_110_2

 このあたりは伊賀焼の窯元が集中する地域なので、芸術的な伊賀焼の作品を鑑賞するのと合わせて、このカフェで読書するとなれば、すごく優雅だなあと思います。

 近くには、Café noka+ギャラリーやまほんというよく知られたスポットもあって、そことの相乗効果でお客さんがたくさんこの地域に来てもらえればいいですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

冷やして食べるクリームパン

 近頃、冷やして食べるように作られたクリームパンが流行っているのでしょうか。

 いろいろなメーカーのが発売されていて、2種類を買って食べてみましたが、デザート感覚で美味しいですね。暑いときには、より好まれるのかもしれません。

【フジパン やわらかくりーむぱん】

110

210

【Yamazaki あんこクリームパン】

310

210_2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2010年8月27日 (金)

ふりかけ錦松梅(きんしょうばい)

 このふりかけは美味しいのに加えて、その容器の種類がいろいろあって、その面でも楽しませてくれます。

 一度食べるとファンになってしまう味ですね。 

 ちなみに、この錦松梅は「創業者の旭翁が独自に作ったふりかけで、もともと商売にする気はなく、自慢しながら知人に提供していたものだが、請われて結婚式の引出物として提供したところ、評判となり商品化することになった」ということです。

120

220

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2010年8月26日 (木)

能と伊賀地域との関係

 くの一さんのブログによると、今年(平成22年)は925日(土)に上野城薪能が開催されるとのことです。

 伊賀地域は、観阿弥が伊賀で生まれ、その創座の地が名張の小波多であるということで、能との関わりはとても深いものがあります。

 そこで、紹介したいのは、以前のブログでも書いた梅原猛氏の「うつぼ舟Ⅱ 観阿弥と正成」という書籍のこと。

20

 これは伊賀地域にとって非常に重要な書物です。地元の私としては、上記の観阿弥と伊賀地域との関係を全く疑っていなかったのですが、学会では、香西精と表章という二人の学者が誤った推論を徹底して、観阿弥伊賀出生説を抹殺し、また観阿弥が最初に座を立てたのも伊賀ではないとの説を強く主張したために、従来の定説が転換されたということです。

 この二人に対して梅原猛氏が「観阿弥・世阿弥の故郷を奪い、彼らを骸骨にしてしまったことに両氏は責任を免れない」として猛反論し、能の大成者である観阿弥の出生地は大和ではなく断じて伊賀である、観阿弥は伊賀に縁の深い上島家、永冨家、南朝の功労者楠正成の親類縁者として当地に生まれ能の一座を立ち上げたのちに初めて大和に進出したと熱く主張するのがこの書物です。まるで観阿弥・世阿弥の霊が乗り移ったかのようと梅原氏自身が記述されるほど熱意のこもったものです。

 その中で非常に重く取り上げられているのが、郷土史家の久保文雄(故 久保文武)氏が、伊賀で発見された「上嶋家文書」に関して書かれた論文であり、また相愛大学講師で名張市在住の尾本頼彦氏による同文書に関する論文です。この上嶋家文書から「観阿弥が楠正成の甥として伊賀で生まれた」ことが導き出されるというのがこれらの論文の真髄であり、それに梅原氏は強く惹きつけられたようです。

 ということで、伊賀地域にとって、梅原猛氏という大変強力な支援者が現れたわけで、これを契機として再び伊賀説が定説に返り咲くことを大いに期待したいものです。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2010年8月25日 (水)

ジレって何?

 先日、ビッグコミック・スピリッツを読んでいたら、ホイチョイ・プロダクションズの気まぐれコンセプトに、言葉の変遷が書かれてました。

たとえば、タイツ→スパッツ→レギンスと名前を変えるたびに、脚光を浴びたというようなことです。

そこで次に例として出てきたのがジレ。何のことか全然わからなかったのですが、遡るとベスト、チョッキのことでした。チョッキはともかく、普通はベストというものとばかり思い込んでいましたが、近頃はジレgiletとフランス語で呼ぶことがあるそうです。

私の場合はどう考えてもベストですね。ジレなんて言っても合わないですから。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2010年8月24日 (火)

タジン鍋の料理

 私は魚があまり好きでないので、家で魚が中心の献立になるときは別メニューになります。

 そんなときに便利なのが、このタジン鍋。今年1月に伊賀市上野西町にある伊賀もん町家 西膳内の旬彩さまざま【閉店】でタジン鍋料理を食べてから、タジン鍋を三つ買いました。それを使うと、すごく簡単に美味しい料理ができます。

 今回のは、玉ねぎを底に敷いて、そのうえに、もやし、水菜、ブロッコリー、にらといった野菜と、豚肉をのせました。これを弱火にかけておけばいいだけです。しばらくすると豚肉がとても美味しそうな色合いになって食べごろに。たれはポン酢でも何でもよさそうですが、ごまだれもいいですね。

 このタジン鍋を活用するために、その料理本も買ったようですが、応用はこれからです。

120

220

320

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2010年8月23日 (月)

蔵元 若戎サイダー

 他のブログで既に何人かの方が書かれていますが、これは若戎(わかえびす)や義左衛門、真秀(まほ)などの日本酒で著名な若戎(重藤)酒造が発売している若戎サイダー。伊賀市西明寺にあるナガタヤさんへワインを買いに行ったときに、併せて購入したものです。

 銘酒醸造に使う伊賀市青山のクリアな仕込水を使って、桑名の鈴木鉱泉とのコラボでできあがった製品。お酒を飲む人には少し甘く感じるかもしれないので、その場合には炭酸水を加えるといいかと思います。

120

320

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2010年8月22日 (日)

肝臓によい?ビール風味飲料

 日経プラス1の何でもランキングで、ビール通が選んだビール風味飲料というのが出てました。ビール風味飲料とはアルコール度数1%未満で酒税法上は酒として分類されず、清涼飲料水として扱われるものらしいです。

 ランキングの1位はレーベンブロイ アルコールフリー(ドイツ)、2位はバクラー(オランダ)、3位はサントリー オールフリー、4位クラウスターラー(ドイツ)という順ですが、私が気になったのは5位の「キリン休む日のAlc.0.00%」というもの。

 肝臓の働きを助けるアミノ酸、オルニチンを配合しているということで、休肝日にこれを飲んでいれば、ダブルで肝臓にいい効果が出るのではと期待してしまいます。

 実際に飲んでみると、ビールとほとんど同じ。エールビールのような味わいでした。これで、アルコールなし、肝臓によい成分配合というのは嬉しいことです。

Alc000120

Alc000220

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

いが☆グリオの花火

 8月21日(土)の夜は、伊賀市の市民打ち上げ花火大会があったので、見に行ってきました。

 ここのオリジナルは、社団法人伊賀青年会議所が考案した伊賀市のキャラクター いが☆グリオの花火。ちょっと細長くなって、ねずみ男のようになったのもありましたが。

【いが☆グリオの花火】

120

220

【いが☆グリオ】

20

 

 短時間に集中して打ち上げられたので、けっこう見ごたえがありました。

3020

2220

 どこも同じようですが、この花火大会も資金を確保するのが大変ということで、地元の伊賀市立崇廣中学校の生徒さんが募金活動。

 嫁さんが500円寄付して、花火の絵の入ったティッシュをもらっていました。何とかみんなで盛り上げたいものです。

410

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2010年8月20日 (金)

パクとモグ(東京ばな奈などオンラインショップ)

 先日、東京へ行ったとき、お土産に東京ばな奈の「アイとサチ」と「パイ」を買ってきたのですが、その後でパクとモグというオンラインショップでもいろいろ注文できることがわかり、いくつか取り寄せました。

 和菓子になった東京ばな奈、東京ばな奈キッズバッグ、東京ばな奈 焼とうもろこしなどです。

120_2

320

120_3 

20_2

 いずれも美味しかったですが、銀のぶどうグループで私の一番のお気に入りは「秀くりーむ」。シューの部分はうすくて中にクリームがたっぷり。これがほんとに美味しい。こればかりは取り寄せができないので、東京へ行ったときだけ。それだけに価値があります。

【秀くりーむ】

20_3

【アイとサチ】

20_4

【パイ】

20_5

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

ラバーブラシが気に入った「たま」

 うちのネコ「たま」は、最初は嫌がっていたのですが、今はこのラバーブラシのブラッシングを喜んでいます。

 前のブログでも書いたように、きっかけはアニメの「チーズスイートホーム」です。主人公のチーというネコがこういうタイプのラバーブラシでブラッシングされるのをすごく喜ぶというので、うちでもやってみようと買ったもの。

 この頃はなじんで、ブラッシングをしても逃げ出さなくなりました。頭とか耳の後ろあたりはまだダメみたいですが。

【箱の中で落ち着く「たま」】

20

犬猫用ラバーブラシ(Petioヤマヒサ)】

120

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2010年8月19日 (木)

ホテルのショートステイで節約

 近頃、ホテルのショートステイというのがあって、それを利用すると、かなり宿泊費が節約できるそうです。先日の日経新聞に出てました。

 ショートステイプランだと、チェックインが夕方から夜、チェックアウトが午前中の早い時間になるようですが、かなりお値打ちになるということです。たとえば、近畿日本ツーリストのホームページではこういうプランがあります。

 そのほかにも、JTBで 期間限定 見たモン勝ちツアーが売り出されていたり、探せばいろいろ安くなるのがあるようですね。

 旅行に行くときは、こうしたプランも一度あたってみようかなと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2010年8月17日 (火)

甘酒は夏のもの?

 三重県伊賀地域(特に旧上野市)では、甘酒と言えば10月12日の芭蕉祭から、10月23日~25日の上野天神祭にかけて、こたつの中で甘酒のもとを熟成させ、それで甘酒を作るのが慣習になっていたので、寒い時期のものと当然のように思っていました。

(ここでいう甘酒は、炊いたごはんに米麹とお湯を加え保温してできる甘酒のもとを水に溶かし、沸かして飲むものです。)

 ところが、発酵学者の小泉武夫氏が、江戸時代には甘酒は主に夏に飲まれていたと新聞に書かれていたのを読んで、びっくり。甘酒にはブドウ糖、ビタミン類、アミノ酸が含まれていて、夏の厳しい暑さに弱った体に活力に取り戻すのに、ぴったりの飲み物であったからということです。

 俳句でも、甘酒は夏の季語だそうで、ちょっと作るのは大変ですが、夏に甘酒をつくって冷やして飲んでみたいなと思いますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2010年8月16日 (月)

豆大福(大津 餅兵)

 弟一家が、お土産に持ってきてくれました。滋賀県大津市にある餅兵(もちひょう)の豆大福。

 表面に浮き上がっている黒豆と中のつぶ餡、それと餅の皮とのバランスが絶妙で、ほんとに美味しい。

 創業二百五十年ぐらいの歴史あるお店らしいので、一度訪れていろいろな和菓子を味わってみたいですね。

120

220

 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2010年8月15日 (日)

ナガタヤさんの赤ワイン2本目

 先月、伊賀市西明寺にあるナガタヤさんで買った赤ワイン。1本840円のところ3本なら2,100円というお値打ちワインの2本目、シャトー・カップ・ド・マニェ(2006)を開けてみました。

 フランス ボルドーのもので、カベルネソーヴィニヨン種 60%、メルロ種 40%という私の好みの割合です。

 香りよく、とがったところのない、いいワインだと思います。

 名張パンロードのくるみとレーズンのパンや、coopのパニーニをおつまみに美味しくいただきました。

【シャトー・カップ・ド・マニェ(2006)】

2006220

2006420_2 

2006320_3   

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

広岡達朗 元ヤクルト・西武監督の「私の履歴書」

 今、日経新聞で広岡元監督の「私の履歴書」が連載されているのですが、その内容には心引かれるものがあります。

 前面に出ているのは、巨人時代以後、川上哲治元監督に様々ないじわるをされて、それがその後の人生のバネになったというところです。一方の話のみを聞いて判断するのはどうかとは思いますが、その当時の球界では特に足の引っ張り合いが激しくて、新人いじめというのがあったのかなと想像されます。競争社会ですから今も同じなのかもしれませんが。

 それと、8月14日付けの記事では、新聞の文章の書き方について触れられています。広岡元監督はサンケイスポーツの記事を書いていた際に、その時の運動部長から「原稿にポイントが5つあれば散漫になるので、一番大事なもの一つに絞ることが必要(一点絞りというらしいです)。その一番大事なものを一生懸命書いていくと後の四つは枝葉としてすーっとまとまる」と指摘されたことをエピソードとして取り上げ、そのことは野球の指導者として方針をつくるときにも役立ったと述懐されています。

 というふうなことで、連載は続いていきますが、広岡元監督をモデルにした巨人への復讐の物語というべき海老沢泰久氏の小説「監督」と重ね合わせながら、興味深く拝読しています。 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2010年8月13日 (金)

名張パンロードのパン

 名張市安部田、奈良県境に近いところにあるパンロードは食べログでかなり評価されているので、一度食べてみようと思い、お盆休みとなった昨日(8月12日(木))買いに行ってきました。アピールポイントは天然酵母、自家栽培小麦使用といったところ。

 週に3日(火・木・土)のみの営業でもありますし、旧上野市街地からだと車で片道35分ぐらいはかかるので、なかなか行くのはむずかしいです。

 11時過ぎに訪れたとき多くの種類のパンがあって、迷った結果、7種類10個を購入。全部で1,510円でした。

 それぞれの値段は次のとおりで、130円が基本みたいです。

   じゃがいものピザパン     230円
   くるみとレーズンのパン(小)  210円(大になると420円)
   チョコクリームのパン      150円
   メロンパン             140円
   あんパン、小豆のパン、クリームパン 各130円

【パンロードのいろいろなパン】

20_6

【くるみとレーズンのパン】

120_3 220_3

【じゃがいものピザパン】

20_7

 このうち私が食べたのは、じゃがいものピザパンと、くるみとレーズンのパンですが、ここのパンは総じて固めでしっかりしたパン。噛むとすごく味わいがあります。そして薄めの味付け。
 一番美味しいのは作りたてのときで、帰りの車の中はパンの美味しい香りで充満していました。
 翌日以降になるときは、焼きたてに近くなるよう10秒ぐらい電子レンジするのがよいように思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

白桃とダージリンチーズケーキのパフェ(Thyme Cafeさん)

 今日は、ぱんさんThyme Cafeへ、嫁さんと二人で行ってきました。目的は、季節限定の「ダージリンチーズケーキと白桃のパフェ」です。

【ダージリンチーズケーキと白桃のパフェ 700円

120_2

220

 お盆で帰省中の方の来訪が多いのか、お客さんがいっぱいで、その後も次から次へと来られてましたが、幸いカウンターの席に座れてよかったです。

 その白桃
のパフェは嫁さんが食べてましたが、最初に甘い桃を味わって、その後アイスクリームやチーズケーキを食べるうちに桃の味が変化してきて、トータルで美味しかったと言ってました。
 私も少しだけチーズケーキを
食べて、その美味しさを感じ取ることができました。

20_5

 もうひとつ、私が注文したのは、ウメ酢ソーダ
。別にシロップも用意してもらってありましたが、それがあまり必要でない、ちょうどよい甘さだったと思います。ウメの実が丸ごと1個入っていて、とても健康によい飲み物ですね。

【ウメ酢ソーダ 500円

220_2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

うちのネコ「たま」

 たまは、この頃ちょっとメタボぎみになってきました。

 いつもの年は、春から夏にかけて別ネコのようにスマートになって、俊敏に動き回っているのですが、今年は暑すぎるためか日陰で寝てばかり。

 それと、最近食べているキャットフード「モンプチドライ フィッシュブレンド」が気に入って、よく食べているせいもあるかもしれません。他のキャットフードには見向きもしない感じ。前のを捨てるわけにはいかないので、新しいのと混ぜて何とか食べさせるようにしていますが。

 今日は外から帰ってきて、私が読む新聞の上で、どてっと寝ています。

2010720

20_3

2010820

20_4

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

書籍「ホスピタリティ」

 以前のブログにも書いたことですが、この「ホスピタリティ サービスの原点(力石寛夫著)」という本は、サービス業に従事する方には、必読のものと思います。(ホスピタリティhospitalityとは、心のこもったもてなしのことで、病院hospitalも語源は同じらしいです。)

【書籍「ホスピタリティ」】

20

 とても読みやすくて、わかりやすい。あっという間に読めてしまいますが、内容は非常に充実しています。

 たとえば、著者がアメリカのホテル・レストラン経営系大学の実習で経験したこととして、

 「レストランでウエイターが水の注ぎ足しをするとき、動作、形は完璧でも”どうぞおいしい水をお召し上がりください”という気持ちがこもっていなければ、寂しいものになってしまう。サービスという仕事は、心、気持ちを込めてやることが大切だ」

といったことが、丁寧に書かれています。

 私がかつて宿泊した新潟の あるホテルでは、新入社員の必読書として感想文の提出を求めていると聞きました。

 

 対人関係の仕事をされる方に、ぜひおススメしたい書籍です。

 また、この本には

続ホスピタリティ」という続編があります。

 ここで特に強調されているのは、「お客さまが上で働く人が下という捉え方は誤りで、横の関係であることが大切である。サービス業に従事する人たちは、お客さまへサービスすることが自分自身の喜びと感じられなければならない。サービス業の原点は、サービスする側がお客さまと喜びや楽しさ、感動を共有することにあるから。」ということです。

 このあたりは、ザ・リッツ・カールトン ホテルのゴールドスタンダードに記載されているWe are Ladies and Gentlemen serving Ladies and Gentlemen(紳士・淑女をもてなす私達従業員もまた紳士・淑女である)に通じるものがありますね。

 日本では、よく「お客さまは神様」と言われますが、そうではなくて、お客と従業員が同じ立場で一緒になって満足度を高めていくことが理想的なのでしょう。お客の側もあまりわがままばかり言わず、節度をもってサービスを受けることが大事なのだろうと思います。

【書籍「続ホスピタリティ」】

20_2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2010年8月12日 (木)

欧風せんべい サラバンド

 ぱんさんが一番好きなお菓子と紹介されていたので、販売店として書いてもらっていた八百〆(伊賀市上野恵美須町)へ行って買ってきました。ここの場所は、みたらし団子やいちご大福がよく取り上げられている朝日餅の道を挟んで西側です。

 他にも何か変わったお菓子がないか探そうと思ったのですが、あまり長く駐車するわけにもいかず、目指すサラバンドだけを探し出しました。

 

220

 

320

 

120

 持って帰って食べてみると、これが美味しい。香ばしくて、あまりしつこくなくて、どんどん食べてしまいますね。さすが、ぱんさんのおススメです。

 価格は、15本入りで280円。観光地のお土産で似たのもありますが、ここまで味のいいのはないし、こんな良心的な値付けはないだろうなと思いました。

 ちなみに、サラバンドの名前は、16世紀にスペインに起こった舞踊または舞曲であるサラバンドに由来するようです。三拍子の荘重なリズムのゆったりした曲というのに着目して、このお菓子が、味とか素材とか価格とかの三拍子が揃ったものであるという意味を込めたのではないかと勝手に想像しています。ほんとはもっと深い意味があるのかもしれませんけどね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
にほんブログ村

2010年8月10日 (火)

伊賀のフィルムコミッション

 平成22年8月8日付け朝日新聞三重版に掲載されていましたが、このフィルムコミッション設立の背景には、伊賀市出身の次の方々の地元への強い思いがあるということです。

 俳優 椎名桔平さん、4本のNHK大河ドラマを演出した吉村芳之さん、映画監督 呉美保(オ ミポ)さん

 伊賀地域には、旧上野市街地の町家が連なる街並みとか、日本一の高さを誇る上野城石垣とか、赤目四十八滝など、映画の撮影に使えそうな風景がたくさんあるので、これを契機に撮影場所に選定されて、伊賀地域のPRにつながればいいなと思いますね。

 ちなみに、吉村芳之さんは以前、伊賀市内で開催されたシンポジウムにパネリストとして出席され、大河ドラマへの採用にあたっての次の3つのポイントを指摘されていました。

 1 面白い原作があること

 2 エピソードが豊富で50回分の話が構成できること

 3 時代の先読み、時代の要請への合致があって、わかりやすく新鮮なキャッチコピーを打ち出せること

 こうした点を考えると、藤堂高虎を主人公とした火坂雅志作の「虎の城」は、原作として申し分ないのではないでしょうか。

 環境変化に柔軟に対応してきた高虎の生き方、組織におけるトップの苦悩のようなところが描かれていて、「生き残るための変化への適応」あるいは「景気変動が激しい中での経営者のリーダーシップ」という面で、これからの時代に向けて訴えかけるものもあると思います。

 それに、正室の「お久」、高虎の子を産んだ「綾羽」という女性も鮮やかに描かれていて、十分ヒロインになりうるでしょう。
 
 こうしたところをアピールして、伊賀にゆかりの深い「藤堂高虎」がNHK大河ドラマの主人公に取り上げられるといいなと思っています。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

2010年8月 9日 (月)

玄関のトールペイント

 今、うちの玄関に飾ってあるトールペイントは、ひまわりと、くまと、みつばちの調和がテーマです。

 夏にふさわしいのかどうか、ちょっと疑問もありますが。

Photo

2010年8月 8日 (日)

伊賀もん町家「西膳」旬彩さまざまの甘味処タイム

 今日(8月8日)は、三重県伊賀市にある町家を活用した伊賀もん町家「西膳」【閉館】内にある地産地消レストラン旬彩さまざま【閉店】へ、甘いものを味わうために行ってきました。

 注文したのは、季節の生菓子セット(グリーンティ付き)800円とケーキセット(伊賀ロール・熊野のマルチ栽培みかんジュース)700円。

【季節の生菓子セット】

Photo

【ケーキセット(伊賀ロール)】

Photo_2

 季節の生菓子セットの和菓子は、朝顔をイメージしたういろう。ケーキセットの熊野のマルチ栽培みかんジュースは、他の飲み物より100円アップです。

【熊野マルチ栽培みかんジュース】

Photo_3

 どちらのセットにも、ブルーベリーソースをのせたカスピ海ヨーグルトが付いていて、これもほどよい甘さで美味しかったです。

 この旬彩さまざまでは、ジャズが流れる静かな空間の中で、とてもゆったりとした時間を過ごすことができました。

2010年8月 7日 (土)

赤ワイン シャトー・ルクーニュ

 これはボルドーの赤ワインで、香りがよくて、けっこう重いワインです。

 私の感じでは、サントリーがフランスで醸造しているシャトー・ラグランジュ(グラン クリュ級)に似ているように思います。これはかなりの価格になるのに対して、シャトー・ルクーニュはアピタ伊賀上野店で1,780円と、かなりお得です。なので、シャトー・ラグランジュのような味をお好みの方におススメしたいですね。

 この赤ワインを飲むのに、おつまみはタイムカフェさんの天然酵母シンプル長細パンにクリームチーズをのせたもの。とても相性がよく相乗的に美味しくなります。

【シャトー・ルクーニュ】

1

7

【Thyme Cafe 天然酵母シンプル長細パン】

Photo

2010年8月 5日 (木)

農ブランド 津駅から撤退

 農ブランドロールケーキ(黄金ロール)が好きで、時々買って帰っていたのですが、この津駅構内店が8月8日(日)で閉店するということで、とても残念です。

 最後に買ってきましたが、これからは食べたいと思えば名古屋市天白区の本店まで行かないといけないので、ちょっと難しいですね。

【黄金ロール】

1

2

3

2010年8月 4日 (水)

Thyme Cafe(三重県伊賀市)さんの水曜パン

 タイムカフェさんでは、毎週水曜日にパンを焼いて販売されています。最近は天然酵母のパンで、いずれもすごく香りがよくて食べ応えのあるもの。

 今週のは、セサミベーグル、シンプル長細パン、うぐいす豆のパン、レーズンと胡桃のパンの4種類で、写真にあるのは前の3つです。

 今日はこのうち、ごまの香りが食欲をそそるセサミパンと、スライスした長細パンにクリームチーズをのせたのをおつまみに、家で赤ワイン。うぐいす豆のパンもデザート感覚でとても美味しくいただきました。

 ここのセールス・ポイントは、タルトタタンに代表されるデザート、ポットで出される紅茶、新鮮な野菜や魚介類をふんだんに使ったディナーなどいっぱいあるのですが、天然酵母の水曜パンも食べてみる価値ありです。パンが好みの方におススメしたいです。

Photo

Photo_2

Photo_3

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ

2010年8月 3日 (火)

おしのびちゃん(アピタ伊賀上野店キャラクター)

 近頃、人気があるんですよ、このアピタ伊賀上野店の忍者ゆるキャラ、おしのびちゃん(ブログはここ)。

 にほんブログ村ゆるキャラ人気ランキングで常に1位、2位を争っています。

 で、そのかたやき(伊賀忍者の携行食とも言われる)まで売り出されました。伊賀市上野万町の徳本製菓がつくっているもので、青海苔とごまがトッピングされていて、香ばしくて美味しい。割るための木槌も付いています。

 このキャラクターを通じて、伊賀地域や伊賀忍者がアピタの本拠地である愛知県近辺にも知られていくといいですね。

1

2

2010年8月 2日 (月)

伊賀鉄道など公共交通機関の利用

 今日(82日)は家へ車を置いていかないといけなかったので、上野市~伊賀神戸間で伊賀鉄道を利用しました。

 学生が夏休みに入っていることもあって伊賀神戸行きの電車は50%程度の乗車率、冷房もきいて快適です。学校が始まると特に伊賀神戸発の電車は大変な混雑ですし詰め状態になりますが、今の時期なら座っていくことができます。


 こうしたこともあって、伊賀市では
8月の1か月間、ノーマイカーキャンペーン(三重県伊賀県民センターと連携)を実施するようで、今日乗った電車にそれを知らせる中吊り広告が掲出されていました。

 詳しくは、伊賀市のホームページをごらんいただければと思いますが、通常、通勤等で自家用車(バイクを含む)を利用している人が伊賀市内の公共交通機関(伊賀鉄道、JR、近鉄、三重交通など)利用に切り替えた場合に様々な賞品が当たったり、以前から8月を含む定期券をもつ人なども含めて伊賀鉄道の駅に近い文化・観光施設の入場料金が割引になったりするというもの。

 公共交通機関の利用は、車の使用を抑えるという点で環境にやさしいと言えますし、利用者にとっては少しでも歩く距離が増えるので健康によいものです。それに公共交通機関は一度なくなってしまうと復活はほとんどありえないことですから、何とか持続していくためにも利用者数を維持・増加させることが求められています。


 こういう状況なので、私も極力伊賀鉄道JR関西本線などの利用を心がけていきたいと思っています。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊賀情報へ
にほんブログ村

フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30